浜口茂外也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜口 茂外也(はまぐち もとや、1951年7月16日 - )は、日本のパーカッショニスト

経歴・人物[編集]

以降、スタジオミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加、現在に至る。

パーカッションの他に、ギター、フルート、ヴォーカルなど。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • TAKARA MONDE (浜口茂外也グループ、1989年、クラウンレコード。2008年にボーナストラックを追加して再発)
  • Din Don (2000年) ビクターレコード/aosisレーベル 初めての歌のCD
  • 月影の恋 (2008年) Bridge.Inc 大人のための踊れる歌謡曲

参加作品[編集]

シングル[編集]

  • トーサンズ[1]
    • パパの歌(1991年5月2日) 忌野清志郎と浜口茂外也の2人組ユニット。作詞:糸井重里、作曲:忌野清志郎。
  • 昆虫ニンジャ 作曲(2008年4月23日) NHKみんなのうた(2008年4月 - 5月)、作詞は白峰美津子、歌は戸田恵子。

アルバム[編集]

  • 「SEYCHELLS」(1976年)高中正義のファーストアルバム。パーカッショニストとして参加。
  • 千のナイフ」(1978年)坂本龍一のファーストアルバム。
  • サマー・ナーヴス」(1979年)坂本龍一&カクトウギセッションのアルバム。
  • 音楽図鑑」(1984年)坂本龍一の4枚目のアルバム。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 発売当時のクレジットは『忌野清志郎』のソロ名義で、演奏がトーサンズという扱いがされていた。

外部リンク[編集]