岸利至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸 利至
別名 tko
生誕 (1969-10-17) 1969年10月17日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
ジャンル J-POP
劇伴
ゲームミュージック
映画音楽
ロック
ファンク
テクノ
職業 音楽プロデューサー
ミュージシャン
作曲家
編曲家
音楽監督
担当楽器 シンセサイザー
ターンテーブル
プログラミング
ボーカル
活動期間 1991年 -
共同作業者 abingdon boys school
Juicy-Bananas
JUNK FUNK PUNK
TWO TRIBES
ever-glee
NUL.
MATA-HARI
公式サイト http://toshiyukikishi.net/

岸 利至(きし としゆき、1969年10月17日 - )は、日本音楽プロデューサーミュージシャン音楽監督作曲家編曲家千葉県出身[1]。血液型O型。

人物[編集]

abingdon boys schoolJUNK FUNK PUNKTWO TRIBES、ever-glee (ex PGP / STA )、NUL.、MATA-HARIのメンバーであり、tko、tko stream名義でソロ活動も行う[1][2]。また様々なジャンルにおいて、作曲演奏アレンジプロデュースリミックスなど幅広く活動している[1]高橋幸宏細野晴臣坂本龍一Yellow Magic Orchestra布袋寅泰今井美樹T.M.RevolutionSMAPゴスペラーズCoccoDr.StrangeLoveDAIGO☆STARDUST谷口宗一tetsuyaL'Arc〜en〜Ciel[注 1]などのサポートも行う[1]

主な仕事として、中野裕之監督の映画『RED SHADOW 赤影』の音楽監督Jリーグ公式入場曲「THE GLORY」の作・編曲・プロデュース、テレビ東京系「ガイアの夜明け」メインテーマの作・編曲などがある[1]。また布袋寅泰と共にクエンティン・タランティーノ監督の映画「キル・ビル」の音楽を制作した[1]

来歴[編集]

千葉県立東葛飾高等学校卒業後、中央大学法学部ヤマハ音楽院に入学。

1991年より坂本龍一シンセサイザーオペレーターとしてキャリアをスタートさせる[1]。以後、YMO今井美樹ORIGINAL LOVE布袋寅泰THE ALFEE高見沢俊彦(ソロ)などのライブ、レコーディングに参加するようになる。

音楽担当[編集]

他、ゲーム音楽多数

編曲[編集]

プロデュース作品[編集]

アルバムプロデュース作品[編集]

プログラミング作品[編集]

リミックス作品[編集]

アーティスト作品[編集]

  • tko 「tko」
  • abingdon boys school 「abingdon boys school」「ABINGDON ROAD」
  • JUNK FUNK PUNK 「JUNK FUNK PUNK」「BIG FISH!」「TOUR 2010 Celebration」「PNEUMA」「PUNK JUNK FUNK」
  • TWO TRIBES 「TRICK or TRUTH」「SILENT BATTLEFIELD」「TWO TRIBES」
  • UKA 「UKA」
  • Groove Syndicate「1」(松井常松、布袋寅泰、OE、tkoのユニット)
  • CINETECHNO「Love」「Yukihiro collection」
  • ever-glee「ever-glee」
  • NUL.「XStream」「ANOTHER FACE」「maboroshi」「Plastic Factory」「BLACK SWAN」「KaliMa」「nomad」「TRIBRID ARCHIVE」
  • tko stream 「tko stream」

ライブ・ツアー参加[編集]

  • 1990 PIZZICATO FIVE Live
  • 1991 坂本龍一ツアー「Heart Beat」
  • 1993 YMO再生ライブ「TECHNODON」
  • 1993 今井美樹ツアー「Flow Into Space」
  • 1995 藤井フミヤツアー「FFF」
  • 1999 今井美樹ツアー「未来」
  • 2000-2001 布袋寅泰ツアー「Rock The Future Tour」
  • 2002 布袋寅泰ツアー 「Scorpio Rising Tour」
  • 2003-2004 布袋寅泰 「Doberman Tour」
  • 2003 TETSU69
  • 2003 SmoothAce
  • 2004 今井美樹ツアー 「DREAM TOUR」
  • 2005 布袋寅泰ツアー 「Monster Drive Tour」
  • 2006 布袋寅泰ツアー 「All Time Super Best Tour」
  • 2007 abingdon boys school MATCH UP '07
  • 2008 abingdon boys school JAPAN TOUR 2008、a.b.s.MATCH UP '08
  • 2009 abingdon boys school MATCH UP '09、a.b.s. Europe Tour
  • 2009 布袋寅泰ツアー「Guitarhythm V」
  • 2010 abingdon boys school JAPAN TOUR 2010
  • 2010 TETSUYA FIRST TOUR 2010 「ルーレットを回せ!」
  • 2011 TETSUYA TOUR 2011「COME ON! FEEL THE LIGHT!」
  • 2011 布袋寅泰ツアー「 THE ANTHOLOGY "一期一会" MEMORIAL SUPER BEST TOUR」
  • 2013 布袋寅泰ツアー「Rock'n Roll Revolution Tour 2013」
  • 2014 布袋寅泰ツアー「TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014-Into the Light-」
  • 2015 森友嵐士ツアー「PEACEROCK」
  • 2016 布袋寅泰ツアー「Maximum Emotion Tour」「ASIA Tour」
  • 2017 曾我泰久ツアー「曾我 泰久 LIVE!LIVE!LIVE!-デジタル★ロック編」」
  • 2017 布袋寅泰ツアー「PARADOX Tour」
  • 2018 布袋寅泰ツアー「TONIGHT I'M YOURS」
  • 2019 布袋寅泰ツアー「GUTARHYTHM Ⅵ」
  • 2019 布袋寅泰ツアー「GUTARHYTHM Ⅵ REPRISE」
  • 2020 abingdon boys school abingdon boys school JAPAN TOUR 2020 presented by WOWOW」(配信)
  • 2021 布袋寅泰「HOTEI 40th ANNIVERSARY Live "Message from Budokan"」(配信)

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ バックバンドJuicy-Bananasのメンバー。
  2. ^ すべて鵜島との共同編曲。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Profile Toshiyuki Kishi”. JUNK FUNK PUNK オフィシャルサイト (2012年7月30日). 2019年3月12日閲覧。
  2. ^ D'espairsRayが約1年半ぶりアルバム「MONSTERS」発表”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年7月8日). 2019年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]