藤田玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじた れい
藤田 玲
本名 藤田 玲
生年月日 (1988-09-06) 1988年9月6日(29歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 179cm
血液型 O型
職業 俳優ミュージシャン
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2003年 -
活動内容 俳優、歌手、共同プロデューサー
公式サイト 藤田玲オフィシャルFC
主な作品
2003年「仮面ライダー555
2005年「牙狼<GARO>
2009年「俺たちは天使だ!NO ANGEL NO LUCK

藤田 玲(ふじた れい、1988年9月6日[1] - )は、東京都中野区出身[1]俳優ミュージシャンドルチェスター所属。リセ・フランセ・ジャポネ・ド・東京から堀越高等学校に転校し卒業大学青山学院大学文学部第二部英米文学科に通っていたが、中退している。

略歴[編集]

モデルとしてデビューした後、2003年には『仮面ライダー555』の北崎 / ドラゴンオルフェノク(声)役で俳優としてのデビューも果たす[1]なお放送開始時の藤田は14歳(北崎の設定年齢は16歳)であり、いわゆる怪人の人間態を演じる俳優としては最年少を記録することになった。また仮面ライダーデルタにも変身したため、こちらもまた仮面ライダー経験者の同番組に出演してた斉藤麻衣に次いで歴代2位の最年少記録となった。[2][独自研究?]

2013年初春公開の『牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜』への出演で第25回東京国際映画祭(TIFF)に招待され、2012年10月20日にグリーンカーペットを歩く。牙狼シリーズで共演こそしていないものの、『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』で牙狼役を演じる同い年の中山麻聖とは堀越学園高校の同級生で3年間同じクラスであった。出演者たちとはGARO Projectを結成。テレビアニメ『Over Drive』の大和武のキャラクターソング「Little wings fly high」の作曲なども手がけている。

インターナショナルスクール時代からの幼なじみとDUSTZというロックバンドを組んでいる。バンドでの名前は「Takuto」であったがメジャーデビューを期に「Ray」になった。DUSTZとしての活動については後述。

外国人のファンも多い事からブログは日本語と英語両方で書いている他、フランス語も流暢に話す。2013年7月にフランスパリで開催されたJapanExpo(ジャパンエキスポ[3]にて、現地メディアの取材に対し流暢なフランス語でインタビュー対応をこなした[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネットドラマ[編集]

  • 「TOKYO PROM QUEEN」(2008年5月) - ナオヤ 役
  • 「幼なじみ」(2008年6月) - 健治 役

舞台[編集]

  • 「ルードリッヒの鳥かご」(2003年) - 詩音 役 ※主役
  • 風魔の小次郎」(2008年3月、新宿シアターアプル) - 壬生攻介 役
  • 「毛皮のマリー」(2009年4月 - 6月、テアトル銀座 他)
  • 「俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK〜地球滅亡30分前!」(2009年8月26日 - 9月6日、池袋サンシャイン劇場) - NAVI / 弦巻剛 役
  • 「リンダリンダラバーソール」(2009年12月2日 - 6日、全労済ホール スペース・ゼロ) - レイン 役 ※準主役
  • 「黒執事〜千の魂と堕ちた死神〜」(2010年5月3日 - 23日、赤坂ACTシアター 他) - ドルイット子爵 役
  • 「真魔界転生」(2010年11月24日 - 28日、六本木俳優座) - 猿飛佐助 役 ※準主役
  • レ・ミゼラブル」(2011年4月 - 6月、帝国劇場他) - モンパルナス 役
  • 「愛が殺せとささやいた」(2011年9月16日 -25日、草月ホール) - 鶴田幸一郎 役 ※準主役
  • 「ROCK OF AGES」(2011年10月28日 - 11月19日、東京国際フォーラム・ホールC 他) - フランツ.クライマン 役
  • 裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(2012年1月25日 - 29日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 弁護士、MC、被告人 役
  • 朗読劇「ユンカース・カム・ヒア」」(2012年7月3日 - 8日、ル・テアトル銀座) - ユンカース 役 ※主役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2012年8月12日 - 22日、北海道/東北/東海/近畿/中国/九州/関東:計10公演) - ギルバート・ブライス 役
  • 「マグダラなマリア」(2012年11月21日 - 30日、池袋サンシャイン劇場/12月7日 - 9日、新神戸オリエンタル劇場) - ロドリゴ・デ・ラ・ローサ役
  • 「ダブルブッキング!」(2013年1月9日 - 20日、本多劇場/「劇」小劇場/小劇場「楽園」3劇場同キャスト同時公演) - 藤崎竜一 役
  • 「朗読劇 「カナタ(あぶな絵、あぶり声〜tribute〜)」(2013年3月30日・31日、ラフォーレミュージアム六本木) - 表裏な女 役
  • 「殺人鬼フジコの衝動」(2013年4月17日 - 21日、六本木俳優座劇場) - 裕也 役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2013年8月11日 - 21日、北海道/東北/東海/近畿/中国/九州/関東:計10公演) - ギルバート・ブライス 役
  • 「さよなら東京、さあ座って帰ろうか。」(2013年9月4日 - 8日、目白シアター風姿花伝) - 白澄 役 ※友情出演
  • Club SLAZY The 2nd invitation 〜Sapphire〜」(2013年12月6日 - 15日、全労済ホールスペース・ゼロ) - Odds 役
  • 「メサイア 白銀ノ章」(2014年1月、シアターGロッソ) - 評議会・御伯 役
  • 「5 year after」(2014年1月、アメーバスタジオ) - 25歳 役
  • 「名探偵コナン殺意の開演ベル」」(2014年6月4日 - 15日、紀伊国屋サザンシアター/6月20日- 22日、松下IMPホール) - 鶴見庸 役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2014年8月17日 - 28日、北海道/東北/東海/近畿/中国/九州/関東:計9公演) - ギルバート・ブライス 役
  • 「PERSONA3 the Weird Masquerade 〜群青の迷宮〜」(2014年9月16日 - 23日、シアター1010) - 荒垣真次郎 役
  • 戦国BASARA4」(2014年10月31日 - 11月9日、東京ドームシティホール/11月22日 - 24日、福岡キャナルシティホール/11月27日 - 30日、大阪森ノ宮ピロティホール/12月5日 - 7日、名古屋中日劇場) - 柴田勝家 役
  • 「最遊記歌劇伝 -Burial-」(2015年1月8日 - 12日、シアターGロッソ) - 健邑 役
  • 「ユメオイビトの航海日誌」(2015年2月11日 - 15日、シアターサンモール) - マカオ 役
  • 「殺人鬼フジコの衝動」(2015年4月15日 - 19日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 裕也 役
  • 南太平洋」(2015年7月9日 - 8月13日、シアタ−1010/天王洲銀河劇場/愛知/兵庫/鳥取/和歌山/熊本/大分/福岡) - ジョー・ケーブル海兵隊中尉 役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2015年8月16日 - 27日、北海道/東北/東海/近畿/中国/九州/関東:計9公演) - ギルバート・ブライス 役
  • 「女海賊ビアンカ」(2015年9月9日 - 13日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - ビセンテ 役
  • 「BOY BAND」(2015年10月15日 - 31日、よみうり大手町ホール 他) - 堀部克己 役
  • Club SLAZY The 4th invitation ~Topaz~」(2015年12月9日 - 27日、全労済ホールスペース・ゼロ 他) - Odds 役
  • 戦国BASARA4 皇」(2016年1月21日 - 2月7日、Zeepブルーシアター六本木 他) - 柴田勝家
  • 南太平洋」(2016年7月3日 - 8月4日、新国立劇場中劇場/埼玉/長野/石川/富山/栃木/秋田/岩手) - ジョー・ケーブル海兵隊中尉 役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2016年8月14日 - 25日、北海道/東北/東海/近畿/中国/九州/関東:計9公演) - ギルバート・ブライス 役
  • インフェルノ」(2016年9月3日 - 9月11日、シアターGロッソ) - サーシャ 役
  • 裁判長!ここは懲役4年でどうすか2016」(2016年10月19日 - 23日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 橘秋介 役
  • 「カフェパラダイス」(2016年11月23日 - 27日、博品館劇場) - 青木友宏 役
  • Club SLAZY The final invitation ~Garnet~」(2016年12月7日 - 13日、品川プリンスホテル クラブeX) - Odds 役
  • Club SLAZY Special LIVE 2016」(2016年12月29日 - 31日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ) - Odds 役
  • 「ミュージカル手紙2017」(2017年1月20日 - 2月12日、新国立劇場小劇場 他) - 寺尾祐輔、コロス 役
  • 「PERSONA3 the Weird Masquerade 〜碧色の彼方へ〜」(2017年4月20日 - 23日、シアターGロッソ) - 荒垣真次郎 役 ※特別出演
  • 「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜」(2017年5月19日 - 8月6日、渋谷Aiia2.5シアター/シンガポール/大阪/上海) - ヤマト隊長 役
  • 「ミュージカル赤毛のアン」(2017年8月13日 - 24日) - ギルバート・ブライス 役
  • 「スカーレット・ピンパーネル」 - フャーレイ役

声優活動[編集]

  • 「ポイッとヒーロー」(2015年、携帯ゲームアプリ) - ドレーク、カモホアリイ

CM・広告[編集]

その他のテレビ番組[編集]

音楽活動[編集]

DUSTZ[編集]

DUSTZ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2006年 - 現在
レーベル Be On Key Records(2008年
Epic Records Japan2009年 - 2012年
DOLCE STAR RECORDS(2014年 - 現在)
公式サイト DUSTZ.net
メンバー 藤田玲"Takuto→Ray"(vo)
江畑コーへー"Kohei"(g)
興絽オースティン智也"Gus"(b)
藤野雄也"Hello"(DJ)
旧メンバー 若井"NZM"望(g)
80(Etienne、g)
川野"Naoki"直輝(ds)
  • Rayの小学校時代の同級生2人(KenT、GUS)と2006年に結成されたロックバンド。殆どの作詞はRayが担当していたが三人に戻ったのと同時にメンバー全員で作詞をしている。インディーズ時には「L&P」というチャリティーライブを行っていた。
  • 2008年3月26日に「Future」でBe On Key Recordsからインディーズデビューし、2009年5月27日に「Break & Peace」でEpic Records Japanからメジャーデビューする。
  • 2009年6月21日にフランス・パリの音楽祭「Fetes de la Musique(音楽の日)」に参加し“凱旋ライブ”を行った。その時海外にも関わらず延べ3000人の集客があった。
  • 2011年発売のシングル「Criez」よりLADY GAGAのマスクを手掛けたことでも知られる小島穣二、ファッションデザイナー塩内浩二、そして自身のブランドも展開する舘鼻則孝によるクリエイティヴディレクターチームとコラボレーションしたアートワークを発表する。
  • 2011年12月14日にリリースしたファースト・フル・アルバム『TROIS』内で、DUSTZのメンバーのルーツでもあるDragon Ashの“Fantasista”をカヴァー。この楽曲にはリンプ・ビズキットのウェス・ボーランド(ギター)とジョン・オットー(ドラムス)が参加している。
  • 2014年3月8日、約2年半ぶりのシングル「S#0」でDOLCE STAR RECORDS(所属事務所運営)に移籍(事実上、インディーズへ復帰)。

メンバー[編集]

  • Ray(Vocal)/藤田玲(インディーズ時はTakuto)
  • Kohei(Guitar)/江畑こーへー
  • hello(DJ)/藤野雄也

元メンバー[編集]

  • NZM(Guitar)/若井望(EX.RUSHMORE)
  • 80(Guitar)/Etienne(エティエンヌ)
  • Naoki(Drums)/川野直輝(EX.STARS)
  • KenT(Guitar)/横山ミッシェル千裕
  • GUS(Bass)/興梠オースティン

シングル[編集]

インディーズ
  1. 「Future」(2008年3月26日) Be On Key Records
    デビューシングル。ミュージックカウントダウン最高18位。タワーレコードインディーズランキング最高2位。テレビ東京系「モヤモヤさまぁ〜ず2」EDテーマ。
  2. 「Lapis lazuli」(2009年2月14日) Be On Key Records
    2ndマキシシングル。タワーレコードインディーズランキング デイリー&ウィークリー共に1位。同総合ランキング(メジャーも含め)3位。
  3. 「S#0」(2014年03月08発売) DOLCE STAR RECORDS
    「絶狼<ZERO> BLACK BLOOD」エンディングテーマ。
メジャー
  1. 「Break & Peace」(2009年5月27日) Epic Records Japan
    1stメジャーシングル。TBS系テレビアニメ「戦国BASARA」EDテーマ。
  2. 「Brilliant Day」(2009年10月7日発売) Epic Records Japan
    テレビ東京ドラマ「俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK」挿入歌。
  3. 「Criez」(2011年04月6日発売) Epic Records Japan
  4. 「spiral」(2011年08月31日発売) Epic Records Japan
    TBS系テレビアニメ「BLOOD-C」OPテーマ。

アルバム[編集]

  1. TROIS(2011年12月14日発売) Epic Records Japan

藤田玲(俳優活動時)[編集]

  • 「牙狼(GARO)〜僕が愛を伝えてゆく〜」(2006年7月)GARO Project
  • 「赤いバラ」(2006年11月)GARO Project
  • 「Treasure」(2006年8月)姫:鎌苅健太、藤田玲、佐藤健
  • 「Raindrops」(2006年11月)四方谷裕史郎:藤田玲
  • Over Drive」(2008年)大和武のキャラクターソング「Little wings fly high」作曲。
  • 「氷葬 Hoarfrost」(2007年12月)壬生攻介:藤田玲 
  • 「CLUB Slazy2」(2014年4月)「Theme of SLAZY」「DRUG」「Peeps Gospel」「AtoZ」計4曲 Odds:藤田玲

DUSTZ参加チャリティーイベント[編集]

  • LFJT presents DUSTZ Birthlive!(Lycée+Ray主催)
  • L&P(DUSTZ主催)
  • Save Japan!(東日本大震災復興チャリティ-)
  • Stand UP↑ Japan!(西川貴教主催)
  • Show your heart!(GACKT主催)
  • Child Aid Live児童虐待防止キャンペーン(TMN木根尚登主催)

ラジオ[編集]

  • Ray Line(2008年4月 - 2008年12月、FM西東京84.2)
  • ドル☆ラジ(2014年7月 - 、RainbowtownFM79.2)

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「クランクアップ記念インタビュー 藤田玲[銀牙騎士ゼロ/涼邑零役]」、『宇宙船』vol.153(SUMMER 2016.夏)、ホビージャパン2016年7月1日、 pp.92-93、 ISBN 978-4-7986-1261-4
  2. ^ 但し、斉藤(木村沙耶)は、劇中でデルタへの変身の描写が描かれず、変身後の声すらもアフレコで当てていなかったので、実質藤田が最年少である。
  3. ^ http://www.japan-expo.com/en/invite/ray-fujita_368.htm
  4. ^ http://www.facebook.com/photo.php?fbid=397911500327631&set=a.189560481162735.40699.189537914498325&type=1&theater
  5. ^ 上杉周大「脱臭炭」CM出演!藤田玲と歌う”. 音楽ナタリー (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]