真夜中の弥次さん喜多さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真夜中の弥次さん喜多さん』(まよなかのやじさんきたさん)は、しりあがり寿による日本漫画、および同作品を原作とした小説映画舞台十返舎一九の『東海道中膝栗毛』より題材を得て、リアルと幻覚が入り混じった独特の世界を描いた作品で、続編に『弥次喜多 in DEEP』があり、第5回手塚治虫文化賞・マンガ優秀賞を受賞している。

映画は2005年に公開。脚本も手がけている俳優の宮藤官九郎初映画監督作品で、歌・ダンス・お色気・何でもありのシュールな時代劇コメディー。舞台は、天野天街の脚本・演出による2人芝居と、CLIE製作・川尻恵太演出による、歌・踊り・ヒーローショーなどが入ったエンタメ舞台の2タイプがある。

コミック[編集]

『真夜中の弥次さん喜多さん』は、マガジンハウスの『COMICアレ!』に1994年5月号から1997年3月号にて連載し、1996年にコミック1巻を発売。続編の『弥次喜多 in DEEP』がエンターブレインの『コミックビーム』にて1997年12月から2002年10月まで連載。コミック1巻は2000年に発売。『弥次喜多 in DEEP』は2001年に、第5回手塚治虫文化賞・マンガ優秀賞を受賞。

小説[編集]

漫画の原作者、しりあがり寿本人によるノベライズ。2005に発売。

  • 『小説 真夜中の弥次さん喜多さん』 河出書房新社〈河出文庫〉

映画[編集]

真夜中の弥次さん喜多さん
監督 宮藤官九郎
脚本 宮藤官九郎
原作 しりあがり寿
出演者 長瀬智也
中村七之助
音楽 ZAZEN BOYS
撮影 山中敏康
編集 上野聡一
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2005年4月2日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

ワイルドで男らしい弥次郎兵衛(弥次さん)と美貌の役者・喜多八(喜多さん)は、ディープに愛し合う恋人同士。しかし弥次さんには妻(お初)がおり、一方の喜多さんは重度のヤク中で、“リヤル”を実感することが出来ずにいた。ある時ふとした弾みでお初を死なせた弥次さんは、喜多さんを伴って薄っぺらな江戸の町を飛び出し、参拝すれば全ての困難が昇華するお伊勢様を目指して“てめぇ探しの旅”に出発する。

しかし、行く手には笑いをとらないと通れない関所、おはようからおやすみまで全ての言動を歌い踊ることで表現しなければならない町、アーサー王のとろろ汁屋など奇天烈な関門が待ち受けていた。そして、ついに名峰富士の絶景が拝める吉原にて、最大の試練が降りかかる―――。リヤルと幻想、愛と生死が交錯する二人の旅路は、果たしてどこにたどり着くのだろうか?

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

DVD[編集]

  • 真夜中の弥次さん喜多さんでおなじみ ヒゲのおいらん(DVD1枚組、2005年4月1日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・角川映画)
    • 収録映像
      • ヒゲのおいらんPV
      • ヒゲのおいらんPV(カラオケバージョン)
      • 『真夜中の弥次さん喜多さん』スペシャル映像
      • 『真夜中の弥次さん喜多さん』予告編
  • 真夜中の弥次さん喜多さん DTSスタンダード・エディション(DVD1枚組、2005年10月7日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・角川映画)
    • 映像特典
      • 特特報・特報・劇場予告編・TVスポット
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(スペシャル・リレー式 / 宮藤官九郎&長瀬智也・中村七之助、皆川猿時、古田新太、山口智充、研ナオコ)
  • 真夜中の弥次さん喜多さん DTSスペシャル・エディション【初回限定生産 おいらとおめぇの弁当箱版】(DVD2枚組、2005年10月7日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・角川映画)
    • ディスク1:本編DVD(DTSスタンダード・エディションと同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 未公開シーン集
      • 絵コンテ集
      • 舞台挨拶集(完成披露試写会、初日舞台挨拶)&「キック・ザ・カンクロー」公開収録
      • 宮藤官九郎としりあがり寿が行く 東海道1泊2日リヤル探しの旅
      • ふろくの宿 リヤル防衛隊
      • ZAZEN BOYS「TANUKI」ミュージックビデオ
      • くど監トークショー
      • 美術・衣装・小物・場面設定画ギャラリー
    • 封入特典
      • ブックレット
    • 弁当箱型アウターケース付き
  • 【TCE Blu-ray SELECTION】真夜中の弥次さん喜多さん ブルーレイ スペシャル・エディション(BD1枚組、2012年9月5日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・TCエンタテインメント
    • 映像・音声特典:「美術・衣装・小物・場面設定画ギャラリー」を除いた全映像・音声特典を収録

ドラマCD[編集]

「真夜中の弥次さん喜多さん 愛と幻覚のセレナーデ 」

  • 発売元:キャラモモ
  • 販売元:バナナジュースカンパニー
  • 発売日:2005年10月21日
  • 製品番号:BJCA-0017

キャスト

舞台[編集]

KUDAN Project 『真夜中の弥次さん喜多さん』[編集]

少年王者館の天野天街とてんぷくプロの小熊ヒデジによる演劇ユニット”KUDAN Project”によって舞台化。2002年に名古屋で初演。
その後、何度か再演している。2005年には一般市民参加による『100人芝居 真夜中の弥次さん喜多さん』も上演。

スタッフ
  • 脚本・演出:天野天街
  • 制作:KUDAN Project
キャスト
  • 弥次郎兵衛 - 寺十吾
  • 喜多八 - 小熊ヒデジ


『おん・すてーじ真夜中の弥次さん喜多さん』[編集]

演劇に歌やダンス、ヒーローショーを交えたエンターテイメントな舞台。上演劇場が普段ヒーローショーを開催しているシアターGロッソということから"Gロッソマン"というオリジナルキャラクターが登場した。

キャスト
※はオリジナルキャラクター
スタッフ
  • 演出:川尻恵太(SUGARBOY)
  • 脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
  • 音楽:あらいふとし+ミヤジマジュン
  • 振付:竹森徳芳
  • 衣装:ヨシダミホ
  • ヘア&メイク:前田亜耶
  • 美術:大津英輔
  • 照明:橋本剛
  • 音響:田上篤志
  • 映像制作:横山翼、大鹿奈穂
  • 制作:アプル(北見奈々江、松尾由紀)
  • プロデューサー:吉井敏久、渡辺詩織、山田康彦
  • 企画:CLIE
  • 製作:CLIEサンライズプロモーション大阪
公演情報
  • 2016年1月10日 - 17日 シアターGロッソ
  • 2016年1月22日 - 24日 サンケイホールブリーゼ

TV[編集]

『おん・てぃーびー 真夜中の弥次さん喜多さん』
2016年1月に舞台化された「おん・すてーじ真夜中の弥次さん喜多さん」がTVドラマ化。TOKYO MXの15分番組『ブタイモン』で隔週放送。出演、スタッフは舞台の時と同じ。現在放送中。

概要[編集]

第1話はOPが延々と続き、やっと始まったと思ったら30秒ほどでEDが始まるという、アバンギャルドな内容で、ネット上では”放送事故?”と話題になる。
第2話も、自ら自分たちの設定に自主規制をかけていくという斬新な内容。

出演[編集]

スタッフ[編集]

各話タイトル [編集]

話数 タイトル ゲスト 放送日
1話 真夜明けの弥次さん喜多さん ※OP、ED出演は下記参照 2016年5月15日
2話 自主規制の弥次さん喜多さん 2016年5月29日
3話 ヤマモクさん ヤマモクさん:大堀こういち 2016年6月19日
4話 ショートショートの弥次さん喜多さん 紅牛:西山丈也
ドMのセンターライン(声):浅井江理名
頑固おやじのセンターライン(声):田代哲哉
2016年7月3日


OP、ED[編集]

  • オープニング:『えにし』 

〈作詞〉川尻恵太 〈作曲〉あらいふとし 〈編曲〉ミヤジマジュン
〈歌〉唐橋充藤原祐規
〈映像出演〉あらいふとしミヤジマジュン/白川さと子/才藤長彦/並木裕子/堀本範子/高橋良輔

  • エンディング:『弥次喜多ダンシング』

〈作詞〉川尻恵太 〈作曲〉あらいふとし 〈編曲〉ミヤジマジュン
〈歌〉唐橋充藤原祐規
〈映像出演〉今立進エレキコミック)/高橋良輔浅井江理名田中友二カブキン三國茉莉/洪潤梨(ノーメイクス)/荒川実里(ノーメイクス)/上埜すみれ(ノーメイクス)/柳杏奈(ノーメイクス)/村上侑希


書籍[編集]

  • くど監日記 真夜中の弥次さん喜多さん(宮藤官九郎著、角川書店刊、2005年4月1日発売)

関連項目[編集]

  • タイガー&ドラゴン - 長瀬智也主演・宮藤官九郎脚本、時代劇描写が入ったテレビドラマ作品。

外部リンク[編集]