スネル兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
侍装束のジョン・ヘンリー・スネル

スネル兄弟は、幕末期の商人。兄はジョン・ヘンリー・スネルJohn Henry Schnell、日本名:平松武兵衛、1843年? - 1871年?)。弟はエドワルド・スネルEdward Schnell1844年? - 没年不詳)。長らくオランダ出身とされていたが、プロイセン出身であること、彼らの父の仕事の都合によりオランダの植民地であったインドネシアで育ったこと、そして開港直後に横浜に来たことが判明した[1]

生涯[編集]

エドワルド・スネル(Edward Schnell)

詳細な出身地も没年も不明と、謎の多い兄弟である。横浜開港の1859年には、兄弟はそれぞれ16歳と17歳だったが、すでに長岡藩の商人が「バケテスネル」という商会でランプを購入した記録が残っている。G・バテッケという人物とスネル兄弟が所属し、西洋雑貨を売っていたと考えられている[2]。横浜の旧居留地ではオランダ人として登録されていたが、当時ここに居住していた人間は実際はそのほとんどがプロイセン人だったと推測されている[3]。さらに兄弟は居留地のはずれに牧場を経営し、牛肉や牛乳を販売していた。ここで搾乳を学んだ上総国出身の前田留吉という男が武蔵国大田村で牧場を開き牛乳を販売したのが日本初の牛乳屋とされている[4]。しかし、1861年文久元年)にはその牧場も人手に渡っていたようだ[5]。同じころ、商人でスイス使節のルドルフ・リンダウ文久遣欧使節の通訳にスネル兄弟のいずれかを推薦している。彼によるとスネルは英・仏・日本語の心得があるということだったが、結局随行はかなわなかった[6]。その前年、1860年万延元年)にプロシアが日本と通商条約を結んでおり、1862年文久二年)11月に初代領事としてマックス・フォン・ブラントが赴任することとなり、兄・ヘンリーはその下で書記官として雇われる。着任早々、ブラントとヘンリーの二人は馬で移動中片肌脱ぎの浪人に割り込まれ、襲撃されかけるという危機を味わったという[7]。ヘンリーは誠実な職員で、1866年(慶応二年)に横浜で大火が起きた際は、自分の家が燃えているにもかかわらず領事館へと向かい公文書を避難させたという[8]。他方、弟・エドワルドは翌1863年文久三年)には十代ながら居留地の代表者に選ばれていたが、この年来日したスイス使節団の書記官として雇われた[9]1864年元治元年)、ルドルフ・リンダウがスイス領事に任命された際には、エドワルドは引き続き書記官を務めた[10]。スイスの居留地に土地問題が発生した際に、エドワルドが使者として江戸に派遣されたこともあった[11]。さらに横浜フランソワ・ペルゴジラール・ペルゴ創業者の義弟)と共にスイス時計の輸入商社シュネル&ペルゴを設立するが、武器販売を優先しようとしたことからペルゴと対立して商会は解散した[要出典]。プロイセンとスイスとの間に土地の所有権が持ち上がった際には、兄弟がそれぞれの当事者の書記官として職務を行っていたということもあった。

1867年慶応3年)7月15日、スネル兄弟が馬車で江戸に戻ってきたところ、突然、沼田藩士三橋昌が馬の前に飛び出してきた。ヘンリーは馬首を廻らせて男に触れずに通り過ぎようとしたが、馬車が斜め前に来たところで三橋は刀を抜き、ヘンリーの隣に座っていたエドワルドに一撃を浴びせようとした。ヘンリーは拳銃で反撃したが、誤って下駄商幸次郎の雇人淺次郎を傷つけてしまった。事件から2日後の17日、 沼田藩は三橋昌を拘禁したことを書面をもって幕府に報告している(ヘンリー・スネル襲撃事件)[12]大政奉還の際には、ヘンリーはエドワルドの大阪出張の先遣隊として派遣されるが、その船中で初めて長岡藩主牧野忠訓河井継之助と知り合うこととなる[13]。その直後の12月22日にヘンリーはプロイセン書記官を退職し、エドワルドも12月いっぱいでスイス書記官を退職した[14]。弟・エドワルドはオランダ総領事ポルスブロックの斡旋で、新たに開港される新潟港にオランダ・スイス・デンマーク副領事代行の肩書で赴任することとなり、ヘンリーと会津出身のその妻とともに新潟へ移住する[15]。新潟でエドワルドはエドワルド・スネル商会を設立する。会津藩家老・梶原平馬越後長岡藩家老・河井継之助を仲介にエドワルドからライフル銃780挺と2万ドル相当の弾薬を、河井も数百挺の元込め銃とガトリング砲を2挺購入している[16]

兄・ヘンリーは梶原の案内で会津にやってくる。慶応四年、北越戦争のさいに米沢藩家老千坂高雅と面会し軍事顧問となるように頼まれ、これを承諾。会津藩主・松平容保はヘンリーに平松武兵衛の名を与え、屋敷も提供した。 また、羽織袴に容保から授けられた小脇差を差したいでたちで前線を視察、自らの手で大砲を撃ち、その狙いは正確で弾はことごとく土塁の中に打ち込まれたという記述が残っている[17]

戊辰戦争が起こると上海香港から武器弾薬を運び、奥羽越列藩同盟に送り込んだ。北越戦争新潟港が陥落したとき、エドワルドはまさに武器弾薬の陸揚げ中だったが、薩長軍に捕縛されるもののすぐに釈放されている。

兄・ヘンリーは明治維新後、1869年(明治2年)にカリフォルニア州に、日本人妻のジョウを含む[18]会津若松の人々約40人と共に移住した。サンフランシスコの北東にあるゴールド・ヒルに「若松コロニー」という名の開拓地を建設した。しかし、日本から持ってきた茶や桑などが育たず、1年ほどで若松コロニーの経営は行き詰まった。1871年4月、ヘンリーは金策をしてくると言い、日本へと向かったとされるが、彼がこの地へ戻ってくることは無かった。日本で秘密裏に暗殺されたとも言われる。

弟は新潟から東京へ移り、そこで商会を開いた。1882年(明治15年)頃まで日本国内で活動していたが、それ以降の消息は不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 維新期の会津・庄内藩、外交に活路 ドイツの文書館で確認 asahi.com 2011年2月7日
  2. ^ 高橋、7-9頁
  3. ^ 高橋、10-11頁
  4. ^ 高橋、23頁
  5. ^ 高橋、24頁
  6. ^ 高橋、30-31頁
  7. ^ 高橋、38-39頁
  8. ^ 高橋、70頁
  9. ^ 高橋、43頁
  10. ^ 高橋、52頁
  11. ^ 高橋、56-59頁
  12. ^ 高橋、78-80頁
  13. ^ 高橋、88頁
  14. ^ 高橋、91-93頁
  15. ^ 高橋、93-95頁
  16. ^ 高橋、96-98頁
  17. ^ 高橋、124-127頁
  18. ^ 55名の「ジャパニーズ」 : 1870年米国人口センサスの調査票(population schedule)への接近菅(七戸)美弥、東京学芸大学紀要. 2009-01-30

参考文献[編集]

  • 高橋義夫 『怪商スネル』 大正出版、1983年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]