シアターアプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シアターアプル
Theatre Apple
シアターアプル入口
情報
完成 1982年
開館 1982年8月12日
開館公演 『JACK』
閉館 2008年12月31日
最終公演 コンドルズ『ラストワルツ』
客席数 700
設備 Dolby Digital
用途 演劇ミュージカルコンサート映画上映
運営 株式会社コマ・スタジアム
所在地 160-0021
東京都新宿区歌舞伎町一丁目19番1号
アクセス 新宿駅東口より徒歩8分

シアターアプル英語Theatre Apple)は、東京都新宿区歌舞伎町にあった劇場である。新宿コマ劇場の地下1階にあった。

概要[編集]

1982年オープン。杮落とし公演はAmerican Dance Machineによる『JACK』であった。名称のアプルはニューヨークの愛称ビッグアップルから名前を取ったという。

客席入口には、劇場の名称「Theatre Apple」由来の「リンゴ」の意匠が施されており、ホールの奥の壁には「黄金のリンゴ」が飾られている。

当初は映画館やダンスホールも使われていたが、演劇やミュージカル、ミエ良子のショー泥棒、小堺クンのおすましでSHOW加藤登紀子のほろ酔いコンサート、カンコンキンシアターを毎年開催、現在はサンシャイン劇場を使用している演劇集団キャラメルボックスが同所で公演を行ったことがあった。吉本印天然素材が連続公演で使用したことでも有名。

新宿コマ劇場の閉館とともに、2008年12月31日のコンドルズ『ラストワルツ』で閉館。最終特別公演として、持ち込み・飲食・本番中以外撮影自由となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]