森山良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森山 良子
出生名 森山 良子
生誕 (1948-01-18) 1948年1月18日(70歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 成城学園高等学校 卒業
ジャンル ポップス
フォークソング
ジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1967年 -
レーベル ドリーミュージック
事務所 エンジェルソング
共同作業者 やもり
公式サイト Ryoko Moriyama
ジョーン・バエズ

森山 良子(もりやま りょうこ、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本歌手タレント。本名同じ。

東京都出身。平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成20年秋紫綬褒章受章。長女は元ミュージシャンの森山奈歩。長男はシンガーソングライターの森山直太朗

来歴[編集]

サンフランシスコ生まれの日系2世ジャズ・トランペッターの森山久を父として、元ジャズシンガーの浅田陽子を母として誕生。兄がいた(故人)。 かまやつひろしは従兄(母の甥)、その長男かまやつ太郎は従甥にあたる。

成城学園高等学校に入学、1年間の留年を経て卒業(同級生に小宮山洋子がいる)。高校時代、先輩の黒澤久雄に手渡されたジョーン・バエズのレコードがきっかけで友人らとフォークグループを結成した。作品がラジオで流れたのがきっかけで、19歳になった1967年に、黒澤プロダクション所属のソロ歌手として、「この広い野原いっぱい」でレコードデビュー。黒澤プロの所属になったのは、黒澤家をたびたび訪問し歌も披露していた森山が歌手になると聞いた黒澤明の意向だった。この時期の森山はカレッジフォークに分類される[1]

デビュー当初はフォーク歌手のイメージだったが[2]、1969年の山上路夫作詞・三木たかし作曲による「まごころ」のヒットで、日本レコード大賞大衆賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場したことから、"フォークから歌謡曲の女王"になったと評された[2]。一時期、出産のため活動休止するが、1972年に「遠い遠いあの野原」で復帰。同年の『第23回NHK紅白歌合戦』に出場し、「美しい星」を歌う。1960年代後半から1970年代にかけてヒット曲を数多く生み、当時は主に村井邦彦森田公一といった作家陣による楽曲を歌った。1998年長野オリンピック開会式では、テーマソングの「明日こそ、子供たちが…」を子供達と一緒に長野オリンピックスタジアムで歌を披露、世界中に放映された。

1998~2000年頃にいくつかのアルバムで発表した「涙そうそう」(沖縄出身音楽バンドBEGINとの合作で森山は作詞、BEGINは作曲)も話題となった。「さとうきび畑」で、2002年第44回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞を受賞。同大賞では、作詞した「涙そうそう」が夏川りみの歌唱で金賞となり、森山自身もこの曲で作詩賞を受賞した。2003年には、(フォークを歌い始める前からの念願だった)初のジャズアルバム「The Jazz Singer」をリリース。ニューヨークなどのライブハウスで一連のライブ活動も行った。2006年の第48回日本レコード大賞で「涙そうそう」が特別賞を受賞した。

2007年1月、フジテレビ系ドラマ『拝啓、父上様』の主題歌「パピエ」をリリース。2009年、2月25日、4年3ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『Living』発売。2010年矢野顕子とユニット「やもり」を結成。2013年2月6日には、自身初のクラシックアルバムとして、「Ryoko Classics」を発表した。その一方で、現在も年間100公演以上のペースで、コンサートディナーショーを開催している。

女優としてTBS系『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』では、ドラマ初出演にもかかわらず奥田瑛二演じる年下の男と不倫に堕ち、その中で少しずつ自分を見つめ直し変わって行く主婦役を巧みに演じた。その後も2002年には、『おとうさん』(TBS系)で田村正和の後妻に入る「タマちゃん」を演じた。2004年には、『夫婦。』(TBS系。主題歌「あなたが好きで」も歌う)にゲスト出演。スーパーマーケットの食料品売り場で働く女性を演じた。

家族・親族[編集]

長女の奈歩は静岡県出身上智大学の学生だった最初の夫との間に生まれた子であり、長男の直太朗は再婚した夫・ジェームス滝との間に生まれた子である。その後、離婚。 2006年10月、長女の奈歩がお笑いコンビおぎやはぎ小木博明と結婚したことにより、小木博明の義母となる。2009年1月、長女の奈歩が第1子を出産、初孫ができる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森山久
 
浅田陽子
 
 
 
 
ティーブ・釜萢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初婚相手
 
森山良子
 
ジェームス滝
 
 
 
かまやつひろし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小木博明
 
森山奈歩
 
森山直太朗
 
平井真美子
 
TAROかまやつ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲 型番
1960年代
1 1967年
1月25日
この広い野原いっぱい 小薗江圭子 森山良子 服部克久 FS-1006
2 1967年
5月25日
ふたつの手の想い出 万里村ゆき子 鈴木邦彦 林一 FS-1019
3 1967年
8月25日
恋はみずいろ 漣健児 A.Popp 林一 FS-1021
4 1968年
1月25日
愛する人に歌わせないで 森田公一 林一 FS-1034
5 1968年
5月25日
小さな貝がら きくおきかおる 筒美京平 FS-1043
6 1968年
9月25日
夜明けの子守唄 山上路夫 村井邦彦 FS-1057
7 1968年
11月25日
お山の子守唄 岩谷時子 R.B.Sherman
R.M.Sherman
筒美京平 FS-1066
8 1968年
12月25日
悲しき天使 漣健児 G.Raskin 川口真 FS-1068
9 1969年
3月25日
禁じられた恋 山上路夫 三木たかし 高見弘 FS-1076
10 1969年
8月25日
まごころ 山上路夫 三木たかし 高見弘 FS-1091
11 1969年
12月20日
恋人 山上路夫 村井邦彦 J.Hall FS-1107
1970年代
12 1970年
7月5日
つぶやき 麻生ひろし 井上かつお 馬飼野俊一 FS-1143
13 1970年
10月5日
聖しこの夜 由木康 F.Gruber 川口真 FS-1163
14 1970年
11月25日
悪っぽい人だけど 小平なほみ 筒美京平 FS-1176
15 1971年
4月25日
PEOPLE 山川啓介 J.Styne 渋谷毅 FS-1202
16 1972年
7月5日
遠い遠いあの野原 松山猛 加藤和彦 FS-1715
17 1972年
10月25日
「さようなら」の世界 及川恒平 小室等 瀬尾一三 FS-1725
18 1973年
4月5日
片想い 吉田健美 杉本真人 川口真 FS-1739
19 1973年
7月25日
Bright Shines
The Light Of Love
C.Arnold
D.Martin
G.Morrow
J.Fiddy FS-1761
20 1974年
1月25日
悲しみの朝 山上路夫 すぎやまこういち FS-1772
21 1974年
4月25日
ある日の午後 安井かずみ 岩沢幸矢 東海林修 FS-1784
22 1974年
9月25日
あなたがいるから 麻田浩 深町純 FS-1799
23 1975年
4月25日
歌ってよ夕陽の歌を 岡本おさみ 吉田拓郎 萩田光雄 FS-1826
24 1975年
12月20日
恋模様 松本隆 筒美京平 林哲司 FS-1850
25 1976年
4月5日
さよならの夏[3] 万里村ゆき子 坂田晃一 FS-2001
26 1976年
7月25日
グレイの背広 松本隆 大野克夫 船山基紀 FS-2021
27 1976年
11月5日
小さな歴史 松本隆 森山良子 鈴木慶一
ムーンライダーズ
FS-2034
28 1977年
7月5日
さだまさし 惣領泰則 FS-2060
29 1978年
3月5日
愛の歴史 岩谷時子 大野雄二 FS-2081
30 1978年
5月5日
わたしの祭りうた 葉方丹
宇田川一郎
玉木宏樹 FS-2095
31 1979年
1月21日
幸せのすきま 山川啓介 森山良子 梅垣達志 06SH446
32 1979年
10月21日
くちぶえジョニー 山川啓介 森山良子 前田憲男 06SH658
1980年代
33 1980年
2月25日
アパート 山川啓介 森山良子 船山基紀 06SH719
34 1980年
9月21日
TONY-MY FRIENDS 山川啓介 森山良子 前田憲男 10EH67
35 1981年
4月21日
あなたへのラブソング 福澤もろ 萩田光雄 07SH989
36 1981年
11月1日
ホワイト・クリスマス I.Berlin 服部克久 07SH1076
37 1982年
11月1日
カフェテリア 山川啓介 森山良子 G.Jenkins 07SH1239
38 1983年
3月5日
セ フィニ
〜愛の幕ぎれ〜
片桐和子 森山良子 G.Jenkins 07SH1269
39 1984年
7月21日
わかれ 森山良子 前田憲男 07SH1535
40 1985年
4月21日
夏の恋人 田口俊 杉真理 大谷和夫 07SH1626
41 1987年
5月2日
DANCE
-男たちによろしく-
[4]
川村真澄 森山良子 大谷和夫 07SH1923
42 1988年
4月8日
風にゆられて
-My Heart Is On The Line-
L.Hennrick
森本抄夜子
O.Melo 笹路正徳 07SH3053
1990年代
43 1990年
4月21日
NAVIGATION 万里村ゆき子 都志見隆 - CSDL-3090
44 1991年
6月21日
パート・オブ・ユア・ワールド
(日本語)
山川啓介 A.Menken 笹路正徳 SRDL-3314
45 1991年
10月25日
なくしたものをあつめて 森山良子
山川啓介
森山良子 萩田光雄 SRDL-3390
46 1992年
9月21日
今、思い出してみて 倉本聰 森山良子 倉田信雄 SRDL-3535
47 1994年
2月21日
手の中に…[5] 森山良子 玉置浩二 玉置浩二
星勝
SRDL-3801
48 1994年
9月21日
たとえ毎日が 遠藤京子 玉置浩二 星勝 SRDL-3919
49 1996年
5月25日
かくれ恋人[6] 三浦徳子 筒美京平 松本晃彦 PODH-1308
50 1997年
7月2日
プロペラ 須藤晃
森山良子
森山良子 須藤晃 PODH-1365
51 1998年
2月11日
明日こそ、子供たちが… 浅利慶太 A.Webber D.Karen PODH-1396
52 1998年
11月1日
あなたが好きで 森山良子 倉田信雄 PODH-1444
2000年代
53 2000年
3月29日
夕陽の中に 森山良子 森山良子
倉田信雄
倉田信雄 PODH-1520
54 2001年
12月5日
さとうきび畑 寺島尚彦 石川鷹彦 MUCD-5003
55 2003年
3月12日
涙そうそう
〜スペシャル・ライブ・ヴァージョン〜
[7]
森山良子 BEGIN - MUCD-5034
56 2003年
5月2日
ことばは風 森山良子 星勝 MUCD-5032
57 2004年
1月1日
幸せの場所 西脇唯 森山良子 五十嵐宏治 MUCD-5050
58 2004年
11月10日
あなたが好きで
〜04年 シングル・ヴァージョン〜
[8]
森山良子 千住明 MUCD-5067
59 2005年
7月20日
マザーアース 御徒町凧 森山直太朗 渡辺俊幸 MUCD-5079
60 2006年
10月18日
30年を2時間半で…
〜06年 ヴァージョン〜
麻田浩
森山良子
麻田浩
島健
島健 MUCD-5103
61 2006年
12月13日
やさしく愛して
Love Me Tender
[9]
山川啓介
E.Presley
V.Matson
森山良子
G.R.Poulton
島健 UMCK-5159
62 2007年
1月4日
パピエ 松井五郎 森山良子 島健 MUCD-5106
63 2008年
2月6日
ねがい 森山良子 斎藤ネコ MUCD-5127
64 2008年
4月22日
candy 川江美奈子 古川初穂
藤井理央
MUCD-5151
2010年代
65 2011年
7月27日
6つの来し方行く末 鈴木慶一 岡田徹 岡田徹
鈴木慶一
MUCD-5190

アルバム[編集]

  • 編集盤は新規音源を収録のもののみ掲載
リリース タイトル 販売生産番号
1st 1967年2月10日 この広い野原いっぱい/森山良子フォークアルバムNO.1 FS-5005
TECN-18431
2nd 1968年1月25日 愛する人に歌わせないで/森山良子アルバムNO.2 FS-5024
TECN-18432
3rd 1968年9月25日 良子の子守唄 FS-8021
TECN-18406
4th 1969年4月25日 アイドルを歌う FS-8040
TECN-18407
5th 1969年6月5日 カレッジフォークアルバム FS-8044
TECN-18403
6th 1969年9月25日 カレッジフォークアルバムNo.2 FS-8054
TECN-18404
7th 1969年11月5日 良子のクリスマス FX-8001
TECN-18448
8th 1969年12月20日 イン・ナッシュビル/思い出のグリーングラス FX-8003
PHCL-8067
9th 1970年7月25日 1970 From Ryoko With Love FS-8110
10th 1971年5月15日 リサイタル'71 FS-5057-8
11th 1971年7月25日 ビートルズ、S&Gを歌う FX-8020
TECN-18433
12th 1972年7月25日 旅立ち/1972 Ryoko Now FX-8031
PHCL-8068
13th 1972年10月25日 オン・ステージ FX-8042
14th 1973年3月5日 シングス・フォー・ユー FX-8054
15th 1973/6 ベスト・アルバム(サンライズ・サンセット) FS5082-3
16th 1973年7月2日 イン・ロンドン FX-8064
TECN-18405
17th 1973年11月10日 日生リサイタル'73 FX-8078
18th 1974年1月25日 賛美歌アルバム第1集/うるわしの白百合 FX-8085
19th 1974年1月25日 賛美歌アルバム第2集/神ともにいまして FX-8086
20th 1974年5月25日 賛美歌アルバム第3集/静けき祈りのとき FX-8087
21st 1974年5月25日 賛美歌アルバム第4集/緑も深き若葉の里 FX-8088
22nd 1974年6月25日 ある日の午後/ニューオリジナルアルバム FX-8094
TECN-20936
23rd 1974年10月25日 ニューフォークアルバム FX-5002
TECN-18447
24th 1974年11月10日 賛美歌アルバム第5集/聖しこの夜-クリスマス賛美歌集Ⅰ FX-8089
25th 1974/12 “ライブ”(愛の歴史) 4FX-8102
26th 1975年4月25日 賛美歌アルバム第7集/この世のなみかぜさわぎ FX-8091
27th 1975年5月25日 やすらぎ FX-5018
TECN-20937
28th 1975年10月25日 賛美歌アルバム第6集/さやかに星はきらめき-クリスマス賛美歌集Ⅱ FX-8090
29th 1975年11月25日 リサイタル 《そして愛を》 FS-9005-6
30th 1976年7月25日 日付のないカレンダー FX-6056
TECN-20938
31st 1976年10月25日 愛…そして今/'76日生劇場リサイタル FS-9011-2
32nd 1977年8月25日 ハートの10 S-7020
PHCL-8015
33rd 1977年12月5日 ベスト・ライブ・コレクション(ダニーの歌/あなたが去る時まで) 16Y-3
34th 1978年12月20日 N響と歌う S-7030
MCD-90204
35th 1979年2月25日 幸せのすきま 25AH670
SRCL-1850
36th 1979年11月21日 輪舞 25AH882
SRCL-1851
37th 1981年6月21日 あなたへのラブソング 28AH1283
SRCL-1852
38th 1981年11月1日 THE CHRISTMAS ALBUM 28AH1369
SRCL-2204
39th 1983年3月5日 C'est Fini 28AH1467
SRCL-2064
40th 1986年5月2日 AT MY TIME 28AH-2026
32DH-432
41st 1987年6月21日 TINTE BLUE  28AH-2201
32DH-689
42nd 1987年12月2日 Recollection 28AH-2275
32DH-855
43rd 1988年7月1日 カルヴァドスの風 28AH-5076
32DH-5076
44th 1989年2月1日 ミエと良子のショー泥棒 15EH-8065
15EH-8065
45th 1989年6月21日 Dear Hearts 32DH-5266
32DH-5266
46th 1990年4月13日 "We Shall Overcome"を歌った日 CSCL-1183
CSCL-1183
47th 1991年8月27日 なくしたものをあつめて SRCL-2235
SRCL-2235
48th 1991年10月1日 My Memories SRCL-2259-60
SRCL-2259-60
49th 1992年10月21日 今、思い出してみて SRCL-2491
SRCL-2491
50th 1994年3月21日 手の中に… SRCL-2853
SRCL-2853
51st 1998年11月21日 禁じられた恋(月影で愛して) TECN-18446
TECN-18446
52nd 1998年11月26日 TIME IS LONELY POCH-1743
POCH-1743
53rd 2002年3月27日 さとうきび畑 MUCD-1054
MUCD-1054
54th 2003年3月26日 ことばは風 MUCD-1071
MUCD-1071
55th 2003年10月29日 THE JAZZ SINGER MUCD-1098
MUCD-1098
56th 2004年12月29日 あなたが好きで MUCD-1115
MUCD-1115
57th 2006年3月1日 Tears〜森山良子韓流アルバム MUCD-1135
MUCD-1135
58th 2008年3月5日 春夏秋冬 MUCD-1177
MUCD-1177
59th 2008年6月11日 森山良子 コンサートツアー 2007-2008 MUCD-1179-80
MUCD-1179-80
60th 2009年2月25日 Living MUCD-1201
MUCD-1201
61st 2013年2月6日 Ryoko Classics MUCD-1272
MUCD-1272
62nd 2014年4月9日 森山良子 グレイテスト・ヒッツ MUCD-1294
MUCD-1294

代表曲[編集]

出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1969年(昭和44年)/第20回 禁じられた恋 11/23 鶴岡雅義と東京ロマンチカ
1970年(昭和45年)/第21回 2 明日に架ける橋[注 1] 14/24 内山田洋とクール・ファイブ
1972年(昭和47年)/第23回 3 美しい星 13/23 菅原洋一
1974年(昭和49年)/第25回 4 ある日の午後 12/25 橋幸夫
1975年(昭和50年)/第26回 5 歌ってよ夕陽の歌を 17/24 三波春夫
1991年(平成3年)/第42回 6 people[注 2] 19/28 アンディ・ウィリアムス
1997年(平成9年)/第48回 7 さとうきび畑 20/25 加山雄三
2003年(平成15年)/第54回 8 涙そうそう 26/31 (対戦相手なし)[注 3] BEGIN夏川りみとのジョイント
2004年(平成16年)/第55回 9 あなたが好きで 04/28 ジョン・健・ヌッツォ
2005年(平成17年)/第56回 10 さとうきび畑(2回目) 15/30 さだまさし 息子・直太朗がギターで参加
  1. ^ サイモン&ガーファンクルのカバー
  2. ^ バーブラ・ストライサンドのカバー
  3. ^ 白組歌手のBEGINとジョイントで出場しているため対戦相手がいない。

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

著書[編集]

エピソード[編集]

  • デビュー前はジャズ歌手になりたがっていたが、事務所・レコード会社の方針によりフォークシンガーとしてデビューする。その時点では納得していたが、歌謡曲色の濃い「禁じられた恋」[11]を歌わされた際には、楽曲そのものは大ヒットしたものの、さすがに目指しているものとの乖離ぶりに悩み、一時休養することになる。しかし出産後復帰して以降、ジャズ歌手としての活動も開始し、念願を叶えている。
  • 吉田拓郎泉谷しげるが若い頃、取っ組み合いの大喧嘩をやった際、必ず制止していたのが森山である。泉谷によると、制止した直後かなり強い調子で叱責していたため、今でも「(森山良子が)世界で一番怖い」と恐れているとの事。不仲ではない。
  • 2006年11月中旬、自宅に「に手を出して失敗した」という内容の、長男の直太朗を騙った振り込め詐欺の電話がかかってきた。報道では、「声が直太朗本人に全く似ていなかったらしく、逆に詐欺だと気付いた森山は、「今どこに住んでいるの?」など、親族や関係者しか知りえない質問を聞き返すなどして犯人を撃退。」などと言われていたが、実際の森山ははっきりと判別することができず、危うい所だったようだ(直太朗が『僕らの音楽』に出演した際にも話題になった)。金銭的な被害は全くなかったため、警察には届けなかった。
  • 全日空ミュージックスカイホリデー』(ニッポン放送)で滝良子の代役を務め、その時滝良子のニックネーム『そらまめ』にちなんで『あのまめ』とリスナーから名付けられた[12]
  • 運転免許を取得する前に練習していた車がトヨタの伝説的名車2000GTである(1969年1972年)。これを含め、これまで運転した愛車は16台[13][14]
  • 涙そうそう」は、1971年に20代の若さで他界した兄を思い作詞した歌であると、NHKファミリーヒストリー」など多くのメディアで語っている。
  • 長女・奈歩とおぎやはぎの小木博明が結婚して以降は、出演するバラエティ番組などで小木が義母・森山のことを「ざわわ」と揶揄することが多くなった。また、その影響からか共演している先輩芸人(主にとんねるず)からも森山の事を「ざわわ」と呼ぶ事が多くなっている。但し両者とも決して不仲という訳ではなく、お互い一緒に食事に出かけるほど関係は良好である。

脚注[編集]

  1. ^ SONGS | 第44回 森山良子 - NHKオンライン
  2. ^ a b 「70年にかける"青春の主役たち"= 猛スパーク、今年こそ! 歌謡曲の女王へ…森山良子(21)」、『週刊ポスト』1970年1月1日号、小学館、 16頁。
  3. ^ 日本テレビ系テレビドラマ「さよならの夏」の主題歌として使用された。
  4. ^ TBS系テレビドラマ「男たちによろしく」の主題歌として使用された。
  5. ^ 玉置浩二とのデュエット。
  6. ^ TBS系ワイドショー番組「スーパーワイド」のEDテーマとして使用された。
  7. ^ 森山良子 with BEGIN夏川りみ名義。
  8. ^ TBS系テレビドラマ「夫婦。」の主題歌として使用された。
  9. ^ 布施明とのデュエット。
  10. ^ 『広島とともに80年 福屋物語 その7』
  11. ^ 山上路夫作詞・三木たかし作曲。森山自身は楽曲の制作に関与していない。
  12. ^ 番組インフォメーション”. 『滝良子のミュージックスカイホリデースペシャルフライト』(ニッポン放送)番組公式サイト. 2014年5月21日閲覧。
  13. ^ 放送エピソード『#68 森山良子(前編)』”. 『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(BS日テレ)番組公式サイト (2013年8月31日). 2014年5月21日閲覧。
  14. ^ 放送エピソード『#69 森山良子(後編)』”. 『おぎやはぎの愛車遍歴』番組公式サイト (2013年9月7日). 2014年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]