吉本印天然素材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉本印天然素材(よしもとじるしてんねんそざい)は、1991年9月吉本興業所属の若手芸人たちで結成された、ダンスとお笑いをミックスしたユニット。略称「天然素材」「天素」(てんそ)。1999年に解散したが、出身芸人たちのブレイクから、2000年代、再び注目を集めている。お笑い第四世代と呼ばれた。

吉本印天然素材
出身地 日本の旗 日本
ジャンル お笑いダンスバラエティ番組舞台
活動期間 1991年 - 1999年
レーベル 吉本興業
事務所 吉本興業
共同作業者 夏まゆみ
メンバー 雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹
バッファロー五郎竹若元博木村明浩
FUJIWARA藤本敏史原西孝幸
ナインティナイン岡村隆史矢部浩之
チュパチャップス星田英利宮川大輔
へびいちご(島川学・高橋智)
旧メンバー ぜんじろう
TEAM-0山崎邦正軌保博光
石野桜子

かつてのメンバー[編集]

初期に脱退[編集]

概要[編集]

  • 何をやっても客が笑わない心斎橋筋2丁目劇場にてぜんじろうが「こんなにおもろいのに笑わない、客は死ね!」と楽屋で毒づく芸人ユニットとして「しねしね団」を結成。『怒涛のくるくるシアター』でテレビデビューし、番組内で集団コントを披露した。だが、ひたすらおもしろい事を追求したいメンバーと、アイドル芸人として売り出したい吉本興業との間に軋轢もあり、ぜんじろうは脱退させられ、ダンスもできるアイドル芸人ユニット「吉本印天然素材」として売りだされる。
    • 初期段階でTEAM-0と石野が脱退し、6組12人のグループとして活動。現在「元天然素材メンバー」として扱われるのがこの12人である。
  • しねしね団の傘下には「アパッチ予備軍」という集団も存在した[1]
  • 関西出身芸人でありながら主に東京で活動していた。日本テレビ中京テレビでは、火曜深夜に『吉本印天然素材』という同名の冠番組が放送されていた。これは1993年3月に一旦終了したが、それから半年後に日曜夕方枠で復活し、ナインティナインの冠番組『ぐるぐるナインティナイン』の前身となった。イベントで後楽園ホールを満員にするなど、若い女性を中心にアイドル的人気があった。岡村曰く、「ロンブー」「キンコン」「オリラジ」「はんにゃ」以上に女性に人気があった、と後に語っている。同時期に当時世界的にヒットしたテクノユニット・2 アンリミテッドの曲「No Limit 」がテーマ曲のように使われていた。ラップの曲調のダンスの中に『ランニングマン』を入り混ぜたのは日本のユニットでは初。「三代目J Soul Brothers」より四半世紀前に取り組まれていた。また、この番組には吉本の地方事務所所属芸人の出演コーナーもあり、現・スピードワゴン井戸田潤が当時組んでいたお笑いコンビ「マグニチュード」も名古屋吉本代表として出演していた。
  • 主に振り付けを担当していたのは、後にモーニング娘。ほかハロー!プロジェクトの楽曲の振り付けを担当して有名になった夏まゆみである。
  • ダンスでは、ブレイクダンス経験のある岡村の実力が突出していた。その次にダンスの上手かった宮迫、宮川、竹若の3人が岡村とともにセンターメンバーを務め、他のメンバーはバックダンサー扱いであった。しかし、お笑い芸人として吉本に所属するメンバーとしては、ダンスを踊るアイドルユニットの方針に抵抗を示した者も多く、岡村は私情による反抗心で夏に接しており、矢部に至ってはダンスの才能もなければやる気もなく、さらに稽古中に他のメンバーにちょっかいを出したりと、最悪の問題児であった。そんな矢部に耐えられなくなった夏は、「私のために踊ってよ!」と怒りを表すが、矢部は「お前のために踊っとるんちゃうわボケ!!」と罵倒、号泣した夏は稽古場から帰ってしまった。その後矢部は、周りのメンバーからこってり絞られた。その後、2001年の『めちゃ×2イケてるッ!』の特番において、ナインティナインと夏は和解を果たした。

『めちゃイケ赤DVDシリーズ』にも収録されている。

    • 他にも宮迫が、あまりにも自分の目指す芸人像とかけ離れていて嫌だった仕事であると示すエピソードとして、差し歯と間違えて「これぐらい嫌なんじゃ」と言いながら健康な歯を引き抜いた事を語っている[2][3]
  • 当時は、雨上がり決死隊やFUJIWARAの人気が高かった。しかし、ナインティナインが単独で仕事する機会が増えるにつれて、活動は縮小。1994年にナイナイが、1996年には雨上がりがそれぞれ脱退。雨上がりの脱退後は、ユニット名を「天然劇場」に改名するも、人気が下降したため、1999年に解散。なお、過去の活動や解散などについて紹介されるときは、「天然劇場」ではなく「天然素材」の名称が使われている。
  • 1999年の解散から年月を経ているが、コンビ解散はあるものの、引退したメンバーは軌保(元TEAM-0)のみである。
  • メンバーの中で一番真面目なのは蛍原で、メンバーの中で一番ダンス下手なのは蛍原である。

その後[編集]

  • 雨上がり決死隊
脱退後も東京で活動するが、『ミックスパイください』など東海地区のテレビ番組へ出演が増え、宮迫曰く「どん底の生活」を過ごす。
2000年頃から『エブナイ』、『ワンナイ』など全国ネットの番組に出演するようになり、現在では冠番組『アメトーーク!』 『 雨上がり食楽部』『世界の何だコレ!?ミステリー』『日曜もアメトーーク!』などを持つなど、売れっ子となる。『R-1グランプリ』のMCでもある。
また、宮迫は俳優業でも『M-1グランプリ』の審査員など活躍している。天然素材以外にも、くずや「荒川乃土手」としてもユニットを組み活動した。蛍原もローカルで長年単独のレギュラー番組をいくつか持っていた。『炎の体育会TV』では、宮川と共演中。『妖怪大戦争』では、岡村と共演。映画『クレヨンしんちゃん』では、コンビとして2002年・2017年と2回連続ゲスト声優を務めた。紫SHIKIBUとしても活動。2人とも既婚者になった。
  • ナインティナイン
脱退後も、コンビとして映画『岸和田少年愚連隊』や岡村単独出演の『無問題』『無問題2』『少林少女』、『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』、矢部単独出演『メッセンジャー (1999年の映画)』など俳優業を務めたりバラエティ番組では、『ねるとん紅鯨団』『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』出演を皮切りに急速に全国ネットの番組に多数出演し、『ぐるナイ』『めちゃイケ』など20年以上続くゴールデンタイムの長寿レギュラー番組を持つ売れっ子となる。現在も、『解決!ナイナイアンサー』『ナイナイのお見合い大作戦‼︎』『爆笑ヒットパレード』『THE MANZAI』『ENGEIグランドスラム』のMCを務めるなど活躍している。ラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』は約20年半(『オールナイトニッポン』全体で史上最長の放送期間)放送され、、岡村は後番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』も続投している。コンビだけでなく単独としても多くのレギュラーに出演。矢部単独では、『やべっちFC』『アウト×デラックス』に出演中。岡村単独では、『なるみ・岡村の過ぎるTV』『東野・岡村の旅猿』『おかべろ』『新しい波24』に出演中。『笑っていいとも!』の短期レギュラーも務めた。矢部は、2013年に元女子アナの青木裕子と結婚。
FUJIWARAの2人は、「天素で売れて浮かれていた自分たちと比べて、ナインティナインの2人はすごく冷静に自分たちを客観視できていた」などと述べている。
解散後は主に関西で活動。1997年から出演した『吉本超合金』が人気となり、1999年にはbaseよしもとの主力メンバーに。これらが追い風となって関西を中心に再び人気を集め、2003年頃から再び東京へ進出した。
原西は「一発ギャグマシーン」『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』では「原西ゴリラ」が人気となる。原西も既婚者。藤本は「ガヤ芸人」ザキヤマとパクリ芸などで呼ばれ、『金曜ロンドンハーツ』や『アメトーーク』など他の番組に呼ばれるようになる。木下優樹菜と結婚しイクメン芸人としてもバラエティ番組に多数出演している。テレ東にてコンビとして初の冠番組『FUJIWARAのありがたいと思えッ!』という番組を持ったこともある。2016年に、藤本単独で通販番組の初の冠番組「キニナル‼︎金曜日」・MCを務める。AbemaTVで、また冠番組『フジモンが芸能界に干される前にやりたい10のこと』を持つことになる。

雨上がり同様、コンビ揃って既婚者。

  • バッファロー吾郎
解散後は主に関西で活動。後にbaseよしもとの主力メンバーとして活躍し、数々のイベントをプロデュースする。
「バッファローファミリー」と呼ばれる、劇場やテレビで活躍する機会に恵まれない個性的な若手芸人たちを発掘・サポートし、人気芸人に育てる。
大喜利の大会『ダイナマイト関西』の主催者・プロデューサーでもある。
第1回の『キングオブコント2008』に優勝し、全国ネットの番組に出演する機会も増えている。木村は、バッファロー吾郎Aと改名している。単独でNHK『マッサン』、『花子とアン』にドラマ出演。竹若も連ドラの脇役に出演し俳優業にも力を入れている。東京に再進出する。バッファロー吾郎Aは2009年に離婚。
  • チュパチャップス
解散後も東京で活動するが、方向性の違いから1999年にコンビ解散。
星田はピン芸人「ほっしゃん。」として活躍、第3回『R-1ぐらんぷり2005』優勝を果たす。
宮川は主に舞台役者の仕事をしていたが、2001年の新喜劇出演から芸人復帰。タレント、俳優として、相方以上に活躍している。2007年に『世界の果てまでイッテQ!』にレギュラー出演。10年お祭り男として人気物になる。 『満天☆青空レストラン』では単独MCを務める。
解散後にそれぞれが全国区のタレントとなったため、2人が共演する機会も多く『人志松本のすべらない話』にてコンビを解散しても10年以上共演している。『アメトーーク!』にも元コンビ芸人として、共演。
なお、「ほっしゃん。」は2014年に本名の「星田英利」名義に戻している。2016年、Instagramで引退宣言をするが、後に撤回した。元妻と再婚。

2人とも既婚者。

  • へびいちご
解散後は主に関西で活動。ルミネtheよしもとうめだ花月のステージ出演を中心に、関西でのローカルな活動に専念しているが、テレビやラジオへの出演はほとんどと言っていいほど無く、天素のメンバーの中ではダントツで知名度が低い。
高橋は岡村との親交が深く、全国放送である『ナインティナインのオールナイトニッポン』において、岡村が「一緒に沖縄に行った」などと話題に挙げることがある。2015年、ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポンでは、電話で出演していた。
全国ネットでの天然素材メンバーの集まる番組には出演していない。『めちゃ²イケてるッ!』のコーナーの「恋のかま騒ぎ」に唯一出演していない天然素材メンバーである。
ただし、吉本興業の100周年記念イベントの舞台では何度か重要な役を演じており、その結果、関西や東京を含む全国番組に出演する機会が増えていった。高橋は『ナインティナインのオールナイトニッポン』の収録に参加したり、上記の舞台の宣伝に訪れたりしていた。
しかし、『FNS27時間テレビ めちゃ²ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!』のコーナー「テレビのピンチをチャンスに変えるライブ」にて約16年ぶりに天然素材の一員として復活した。

その他[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • 吉本印天然素材(日本テレビ
    • 火曜 25:10 - 25:40 = 水曜 1:10 - 1:40 (1991年10月1日 - 1993年3月2日)
    • 火曜 25:15 - 25:45 = 水曜 1:15 - 1:45 (1993年3月9日 - 1993年3月30日)
    • 日曜 16:55 - 17:15 (1993年10月3日 - 1994年3月27日)
  • ピッカピカ天然素材!TBS、1994年10月 - 1995年3月)
  • 超天然銀座テレビ朝日、1994年4月 - 1994年9月)
  • 急性吉本炎(TBSテレビ、1995年4月6日 - 1995年9月26日)
  • 慢性吉本炎(TBSテレビ、1995年10月5日 - 1997年3月27日)
  • BANG! BANG! BANG!フジテレビ、1996年1月 - 9月)ナイナイ、雨上がり脱退後に「天然劇場」名義で出演。
  • 所のジオ玉(日本テレビ、1996年 - 1997年)ナイナイ、雨上がり脱退後に出演。
  • ワイドABCDE〜す朝日放送) - 初期のみに出演。

ラジオ番組[編集]

  • 吉本印天然素材のオールナイトニッポン(ニッポン放送) - 1994年3月24日(木曜) 25:00 - 27:00に放送された単発番組。同番組の放送中、あるメンバーが同年4月4日からラジオのレギュラーを担当することを告知し、後に現在まで続く長寿番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』がスタートした。

映画[編集]

  • ごんたくれ - 原作では千原兄弟をモデルにした「千河兄弟」というコンビが登場したが、千原兄弟は天然素材に参加していないため、映画版では「藤原兄弟」に変更され、キャストもFUJIWARAに変更された。現在でも藤本が「なんで同期のジュニアを演じんねん」とトークのネタにしている(正式には千原ジュニアをモデルにした役)。

CM[編集]

  • マルちゃん ヌー大陸(東洋水産) - ナイナイの岡村がメイン。
  • マルちゃん ラーメン横丁(東洋水産) - ナイナイの岡村がメイン。
  • レーザーディスクプレーヤー(パイオニア) - メインはあくまでもナインティナインの2人であり、その他のメンバーはオマケ扱いされていた。15秒、30秒バージョンともに共通で、ナイナイ以外のメンバーは1シーン、約2秒ほどしか出番が無い。
  • はいお茶 涼水仕立て(ポッカ) - ナインティナインメインのバージョンとその他のメンバーのバージョンがある。

ビデオ[編集]

  • てんそ6月号
  • てんそ特別号
  • てんそ満員御礼
  • てんそ8月号
  • てんそ○秘大作戦
  • てんそ大入満員 吉本印天然劇場94冬の巻 BANDAI HOME VIDEO BES-1076
  • てんそ笑大作戦
  • てんそコンビネタ
  • てんそ一発逆転
  • てんそ爆弾
  • てんそ千客万来 吉本印天然劇場冬の巻95 BANDAI HOME VIDEO BES-1192
  • 吉本印天然素材スペシャルライブ in KORAKUEN
  • 吉本印天然素材 V1 - V5
  • てんそパォーン!水金地火木天然素材 BANDAI HOME VIDEO BES-1353

CD[編集]

写真集[編集]

  • Forever Friend ship - ナインティナイン脱退後に出版。
  • 吉本印天然素材 特別天然危険物
  • 吉本印天然素材写真集 てんそもり!吉本印天然劇場冬の巻'94全記録

DVD[編集]

  • 吉本印天然素材 DVD第一巻(吉本印天然素材スペシャルライブ in KORAKUEN、吉本印天然素材V1、V2を収録)
  • 吉本印天然素材 DVD第二巻(吉本印天然素材V3、V4、V5を収録)

(2巻とも2014年3月29日に発売された)

解散後[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:法島伸雄、鈴木伸幸、保谷大太
  • ステージ編成:大工富明
  • TD:一ノ瀬健次
  • SW:竹内一也
  • カメラ:南良郎
  • 音声:酒井孝
  • 照明:宇野淳子
  • VE:三浦錦也
  • デザイン:大竹潤一朗
  • 美術:大野一、西村眞司、三井ことね
  • 音効:今野直秀
  • TK:石島加奈子
  • 広報:伊藤麻江
  • プロデューサー桜田和之
  • 企画・構成:谷口秀一
  • ディレクター伊藤慎一[要曖昧さ回避]、海野裕二、平島泰憲、柳井誠也
  • AD:高家宏明、長島一泰、山田直樹、諏訪一三
  • デスク:桜井園子
  • 制作協力:日本テレビエンタープライズ
  • 企画制作:日本テレビ、吉本興業
  • 制作著作:日本テレビ

脚注[編集]

  1. ^ ぜんじろう. ぜんじろう 旅の途中 第十一回 「死ね死ね団」結成 そして「吉本印天然素材」へ. インタビュアー:吉村智樹. http://mimi33.biz/zenjiro/11.php 2014年7月5日閲覧。 
  2. ^ 『JUNK座談会スペシャル2008』2008年12月25日 - 2009年2月28日配信
  3. ^ 雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』2009年9月3日放送
  4. ^ 「人工素材」は吉本に対抗した松竹芸能が会社を上げて結成したユニットといわれていたが、実際はTKOの木本武宏が提案していたことがわかっている(TBSリンカーン2009年05月12日放送分より)
  5. ^ スケジュールの都合の為[要出典]
  6. ^ 裏番組出演の為
  7. ^ 藤本と不仲による共演NGの為[要出典]
日本テレビ 火曜25:10枠 → 火曜25:15枠
前番組 番組名 次番組
ウッチャン・ナンチャン with SHA.LA.LA.
(1990年4月3日 - 1991年9月24日)
※日曜22:30枠(『笑撃的電影箱』第1部)へ移動
吉本印天然素材
(1991年10月1日 - 1993年3月30日)
ビックリなべしま大サーカス!
(1993年4月6日 - 1993年9月28日)
日本テレビ 日曜16:55枠
ショージに目あり!
(1992年10月4日 - 1993年9月26日)
吉本印天然素材
(1993年10月3日 - 1994年3月27日)
ぐるぐるナインティナイン
(1994年4月10日 - 1997年3月30日)