吉村智樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉村 智樹(よしむら ともき、1965年10月18日 - )は日本放送作家フリーライター。別名:満月ポン吉長崎県生まれ、大阪府出身。京都府在住。大阪芸術大学映像学科卒業後、印刷会社や編集プロダクション勤務を経てフリーライター、そして放送作家に。現在は京都に在住。

看板写真を中心とした街のB級ネタ、関西ネタを得意とする。また、バンドモダンチョキチョキズの構成員でもあった。2011年4月1日に、第1回団鬼六賞を受賞した官能小説家花房観音と結婚[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • VOWやねん! まちのヘンなもの大カタログ 大阪・街のアホ500発!! 宝島社, 1995.11
  • まぬけもの中毒 鹿砦社, 1998.8
  • ビックリ仰天!食べ歩きの旅 西日本編 鹿砦社, 2001.3
  • 吉村智樹の街がいさがし 街のヘンなもの見つけた オークラ出版, 2005.6
  • 恐怖電視台 本当にあった業界の怖い話 芸能界編 竹書房文庫 2014.8
  • ジワジワ来る関西(WEST) 扶桑社 2014.11

共著・編著[編集]

アンソロジー[編集]

  • 怪談実話 FKB 饗宴6 竹書房文庫 2014.4 「哀の“軌跡”」「鼻の芸能界」「ウワサの古墳を参拝」「魂こがして」

テレビ[編集]

音楽[編集]

カセット

  • ジャパニーズ・ネオアコ&フレンチポップス・オムニバス 選曲 FUJIYAMA ※インディーズ

脚注[編集]

  1. ^ 花房観音 (2011年4月4日). “「大阪女子会」満員御礼!&ご報告” (日本語). 花房観音ブログ「歌餓鬼抄」. 2011年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]