ぶちぬき

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

ぶちぬき


ぶちぬき
SHIBUYA BOXX.jpg
番組生放送が行われた渋谷BOXX
ジャンル バラエティ番組
演出 斉藤敏豪(総合演出)
出演者 ガレッジセール(月曜)
ココリコ(火曜)
雨上がり決死隊(水曜)
極楽とんぼ(木曜)
ロンドンブーツ1号2号(金曜)
ほか
製作
プロデューサー 近藤正人(総合P)
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2005年4月4日 - 2006年3月24日
放送時間 平日 17:25 - 18:00
放送分 35分
テンプレートを表示

ぶちぬき』は、テレビ東京で2005年4月4日から2006年3月24日まで放送していた公開バラエティ番組である。毎週月 - 金曜日、17:25 - 18:00 (JST) に生放送

放送概要[edit]

若手芸人がMCを務めた前番組の『シブスタ』とは違い、メインMCをガレッジセールココリコ雨上がり決死隊極楽とんぼロンドンブーツ1号2号といった吉本興業所属の中堅人気お笑いコンビが担当していた。放送形態は引き続き渋谷BOXXでの公開生放送。また、一部の女性レギュラーやスポンサーは前番組に引き続き参加していた。

深夜に『ぷっちNUKI』という姉妹番組が放送されていた。

2005年8月30日、MC5組がそれぞれ別の芸人の実家を訪ねる『田舎に帰ろう 勝手に親孝行スペシャル』がゴールデンタイム(19:00 - 21:00)に放送された。

2006年1月9日、MC5組のそれぞれのコンビが労をねぎらう旅をする『芸人いい旅ふたり旅〜2人っきりで旅なんて久しぶりじゃんSP』(番組表では「いい旅…芸人爆笑SP赤面2人きり感動旅行」)がゴールデンタイムで放送された。

2006年3月24日、金曜の『ぶちぬきロンブー』をもって『ぶちぬき』全体は終了した。後継番組は、18時30分枠のアニメと枠交換の上、2006年4月3日から2009年4月2日まで月曜から金曜の18時30分からの30分枠で、ぶちぬきと同じ吉本芸人のレギュラー(開始当初は曜日の振り分けも同じ、のちに一部曜日でMC交代)で「スキバラ」が放送された。また、17時30分 - 18時00分には「アニメ530」が18時30分枠からの枠移動という形で新設された。

生放送という触れ込みだったが、出演者があいさつを間違えてしまい、そのままオンエアしてその回が録画放送であることをばらした。

司会[edit]

系列ネット局[edit]

  • テレビ愛知はローカルニュースを放送しているため、深夜に時間差ネット(24:53 - 25:28)されていた。ただし、火・金は元々スポンサーの存在する枠のため、月・水・木の3日分しか放送されなかった(内容は1週遅れ)。
  • TVQ九州放送でもローカルニュース放送のため、2005年9月29日から木曜日分、2005年10月5日から水曜日分が時間差ネットされていた。
  • テレビせとうちは木曜日分のみ時間差ネット(25:28 - 26:03)されていた。

備考[edit]

  • ぶちぬきとんぼ初回の「鬼のツボ合戦」で村上ショージがネタ披露したときに、1回目にゲストの勝俣州和が退場し、2回目では音声スタッフの1人がツボにはまってしまい、退場となり観客の1人が音声になるハプニングがあった。
  • オープニング冒頭でレイザーラモンHGが登場した際は、オープニングテーマをいもうとと共に踊っていた。

スタッフ[edit]

テレビ東京 平日17:25 - 17:30
前番組 番組名 次番組
シブスタ S.B.S.T
※17:25 - 17:55
ぶちぬき
(2005年4月4日 - 2006年3月24日)
ケンちゃんの晩めし前!
(2006年4月 - 2007年3月)
テレビ東京 平日17:30 - 18:00
シブスタ S.B.S.T
※17:25 - 17:55
爆速!スピードキング
※17:55 - 18:00
ぶちぬき
(2005年4月4日 - 2006年3月24日)
【ここまでバラエティ枠】
月曜:爆球Hit!
クラッシュビーダマン

火曜:capeta
水曜:スパイダーライダーズ
〜オラクルの勇者たち〜

木曜:こてんこてんこ
金曜:ケロロ軍曹
【水曜除き30分繰り上げ】
【ここからアニメ530第1部】