jealkb

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
jealkb
Jealkb2.jpg
バンドのロゴ
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル

ロック
ミクスチャー・ロック
ラウドロック

パンク・ロック
活動期間 2005年 -
レーベル jealize
事務所 吉本興業
公式サイト JEALKB official site
メンバー haderuボーカル
elsaドラム
edieeギター
sapotoギター
dunchベース
hidekiアジテーター
旧メンバー chaos
mofto

jealkb(ジュアルケービー)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド[1]2005年ロンドンブーツ1号2号田村淳を中心に結成された。

概要[編集]

田村淳haderuとしてボーカルを務めている。6人のメンバーのうち4人が現役の吉本興業所属のお笑い芸人であるという点、自らを「日本で一番腰の低いバンド」と称しているように[2]、世界観よりもエンターテイメント性を強調している点が、通常のヴィジュアル系バンドとの明確な相違点である。

エアバンドやコミックバンドと誤解されがちだが、ライブパフォーマンスを重視しつつ、オリジナル楽曲の制作、実際の楽器演奏、定期的な全国ツアーの開催等、本格的なロックバンドとしての活動を展開している[3]

ほとんどの楽曲においてhaderuが作詞、リーダーでありドラムスのelsaが作曲を担当しているが、ギターのedieesapotoによって作詞曲が行われることも。hidekiはメンバーで唯一の非演奏者だが「アジテーター」として、ライブ初心者でも真似できるような振り付けを先導している[3]。ベースのdunchは、カラスのメンバーとしても活動。

バンド名の由来は、ビジュアル系の「ビ」を語尾に回して「ジュアル系ビー」としたもの。当初は「BjealK」や「jeal.kb」という表記だった。

略称は「ジュアル」や「JKB」。ファンの通称は「ジュアラー」、ファンクラブの名称は「jeal&...」(ジュアランド)である。

来歴[編集]

結成[編集]

2005年1月、正式にバンド結成。事務所を通して作詞、作曲活動を始める。

2005年1月、jeal.kb結成。

同年4月6日、GBワンマンライブにてオープニングACTを務める。jealkbの初ステージとなった。

同年5月5日、代々木公園野外ステージにて無料イベントを開催。同日、渋谷GIG-ANTICでのイベントにて50名を動員。

同年7月2日、渋谷チェルシーホテルでの初ワンマンライブ「夏薔薇ノ陣」にて300名を動員。

同年8月20日、渋谷屋根裏でのワンマンライブ「魔夏薔薇ノ陣」にて400名を動員。

同年10月29日、恵比寿リキッドルームでのワンマンライブ「秋薔薇ノ乱」にて900名を動員。また、4枚のデモCDは手売りで各500枚を完売。

2006年4月28日、「jeal.kb」から「jealkb」に改名。

同年5月31日、「metronome」でインディーズデビュー。6月12日付けオリコンインディーズチャート1位を獲得。

同年6月2日渋谷O-EASTでのレコ発ワンマンライブ「露薔薇ノ宴」にて1000名を動員。

同年7月25日MUSIC ON! TVにて初のレギュラー番組「夢ヶ丘レジデンス」がスタート。金曜日のMCを担当。

同年11月20日、東京・渋谷ヨシモト∞ホールにて吉本興業が「中国プロジェクト」の記者会見を行い、台湾デビューが決定。

2007年4月5日、台北を訪問し、記者会見と路上ライブを行う。

同年7月26日、台湾最大の野外ロックフェス「FORMOZ FESTIVAL 2007」に出演。

メジャーデビュー[編集]

2007年10月31日、シングル『誓い』でメジャーデビュー。日本台湾同時発売。

2008年1月26日Zepp Tokyoでのワンマンライブ「冬薔薇ノ誓」にて2800名を動員。

同年3月、ealkbオフィシャルファンクラブ「jealkb AIRLINE」発足。

同年4月21日、Heaven's Rockさいたま新都心で、ジュエル警備員として初のライブを開催。

同年11月26日、メジャー1stアルバム『狼煙 -NOROSHI-』をリリース。

同年12月27日、東京 日本武道館「JACK IN THE BOX」に出演。L'Arc〜en〜Cielムックらと共演。

2009年4月15日 - 4月19日、池袋 サンシャイン劇場「Ballad of Lip」with コンドルズでコンドルズと共演。

同年5月4日、東京 新宿FACE「B.L. LIVE」with THE CONDORSでコンドルズと共演。

5人編成へ[編集]

2010年4月、結成以来7人編成だったがchaosとmoftoの2名が、本業のお笑い芸人としての活動に専念するため一時脱退し5人編成へ。

同年1月18日、LIVE HOUSE TOUR 2009-2010「異薔薇ノ未知」ツアー最終日をもってchaosとmoftoが脱退することを発表。

同年4月17日、東京 JCB HALL「異薔薇ノ未知」このライブをもって、chaosとmoftoが一時バンドを脱退。

同年5月24日、初めてワンマンライブを行った、渋谷 CHELSEA HOTEL「始薔薇駆ノ五」で5人になって最初のライブを行う。

同年10月16日、LIVEツアー「秋薔薇ノ紅」東京公演にて、メンバーの「双子の兄」という設定を取り消し、「10歳年下の弟」という設定に変更することを発表。「公開サバ読み」と称し、10歳年齢を若く設定した。

同年12月3日、新宿BLAZE「SKULLMANIA Vol.5」に出演。jealkbがこけら落しとなった。

2011年1月22日、ZEPP札幌でAcid Black Cherry主催イベント“The Sixth Sense”の第一回に出演。

同年1月28日、ZEPP札幌でAcid Black Cherry主催イベント“The Sixth Sense”の第二回に出演。

同年3月19日、名古屋E.L.Lの際、サンシャインサカエ前でメンバーが直接、東日本大震災の義援金の募金活動を行う。

同年3月5日、台湾FESで「MEGA PORT FESTIVAL 2011」ムック×jealkbとして出演。

同年4月15日、ツイキャス(TwitCasting)の生配信の機能を使用し毎週木曜のラジオ「恋する木曜日」を配信開始。毎週木曜の深夜、各コーナーを設け順不同で生放送で配信する。

同年6月25日、仙台HOOKでTHE冠 主催イベント「讃えよ!鉄兜 鋼鉄おっさんバンザイツアー2011 また梅雨時」に出演。

同年8月6日渋谷O-EASTで初のランキングライブ「二十薔薇ノ推曲2011」を開催。一位がボーカルのhaderuではなく、ギターのedieeが歌う「ト或コイ」がファンに選ばれるという結果になる。

同年9月17日、滋賀 イナズマロックフェス2011出演。オープニングアクトを担当。

同年12月1日、東京 両国国技館聖飢魔IIの主催する復興ライブイベントで聖飢魔Ⅱ、氣志團らと共演。

2012年10月6日11月11日のワンマンライブなどに向けて「jealkbサミット」を開催。

2015年2月15日、年齢を「20歳年下の弟」という設定に変更することを発表。

"Act2"始動・6人体制へ[編集]

2016年、サポートメンバーであったsapotoが、正式にギタリストとして加入。

同年11月2日、自主レーベル「jealize」(ジュアライズ)を立ち上げ、10thシングル『reboot』をリリース[4]。自主レーベルの立ち上げによる新体制を「Act2」と称して活動を再起動。

2017年2月14日、新ファンクラブ「jeal&...」を発足。

メンバー[編集]

結成当時のメンバーは7人だったが、2010年にchaosとmoftoがバンドを一時脱退。2016年にはsapotoがサポートから正式メンバーとなり、在は6人体制で活動を継続している。

メンバーの名前は「ジュアルネーム」と呼ばれており、本人の特徴が3文字で表されている。

正式メンバー[編集]

haderu(ハデル)

ボーカル2005年 -)
命名理由は「歯が出ているから」。田村淳ロンドンブーツ1号2号)の弟という設定。
クセのあるハスキーボイスの歌声。ライブMCを進行を担当している。また、殆どの楽曲の作詞を担当する作詞家だが、インディーズ2ndの「恋傷」などの楽曲などを例に、作曲も担当することがある。高校時代からのバンド活動をしており、ボーカルの他にも稀にライブのパートチェンジでドラム、ギターを演奏することがある。
よくメディアではjealkbを「ロンブー淳率いるバンド」と紹介されているが、リーダーはelsaである。とはいえ、バンドの精神的な主軸であり、企画進行をリードすることが多い。メンバー内で最もいたずら好きな性格で、よくdunchをイジる。

elsa(エルザ)

ドラムス2005年 -)
命名理由は「名前を決めるときに置いてあったティッシュの名前」。衛藤幸生(元チープスープ)の弟という設定。
haderuと共にjealkbを結成した。バンドリーダーであり、殆どの楽曲の作曲を担当するメインコンポーザーでもある。また、曲によってはコーラスも担当する。元々はヘヴィメタルやパンクが好きだったが、jealkbではロックを中心としながらジャンルレスな楽曲を制作している。ドラム以外にも一通りの楽器を演奏できるため、デモテープ制作ではかなりのレベルまで作り込むらしい。
若い頃は短気だったらしいが、今は自他共に性格を「心優しい」という評価。元々はお笑いコンビを組んでいたが、2002年に解散して以降、jealkbとしての活動やプロデューサー業などを中心とする本職のミュージシャン。

ediee(エディ)

ギター2005年 -)
命名理由は「絵がうまいから」。大川知英ニブンノゴ!)の弟という設定。
主にリードギターを担当するが、曲によってはコーラス、メインボーカルを担当する。天然のため常軌を逸した言動が多いゆえ、作曲した楽曲はどれも世界観が独特すぎると評価されている。その名の通り画才があり、グッズやジャケットのイラストやデザインを担当することも。

sapoto(サポト)

元サポートギター(2015年 - 2016年)、ギター2016年 -)
命名理由は「サポートメンバーだったから」。本名は櫛野啓介(くしのけいすけ)。
メンバーで唯一、当初から職業ミュージシャン。edieeのギターの師匠でもある。結成後から楽曲制作においてのギターアレンジを手がけており、5thアルバムではプロデューサーを務めた。やがてライブでのサポートを担当するようになり、2015年12月のライブ(夢路薔薇ノ誓2015)では、インフルエンザにかかってしまったedieeの替わりにメインギタリストとして演奏した。2016年から正式メンバーとなる。

dunch(ダンチ)

ベース2005年 -)
命名理由は「実家が団地だから」。桑折貴之(元じゃぴょん)の弟という設定。
ムックの逹瑯によるヴィジュアル系ユニット「カラス」のメンバーでもある。ピック弾き。メンバー1の「イジラられキャラ」。わざと名前を間違えられたり、存在を忘れられるネタやミニコントが多い。またアルバム「AGAINST」収録のメンバーを一人一人紹介していく楽曲の「jealize」では一切、名前を紹介してもらえずに「東京重低音ツリー」や「名前なんだっけすみません!」と言われる始末になっている。
常に金欠であり、現在でもバイト活動をしている。メンバーはメジャーデビューに消極的だったが、チャンスを無駄にしたくないという思いで積極的に推し、やがてそれが実現した。

hideki(ヒデキ)

アジテーター2005年 -)
命名理由は本名(hidenからhidekiに改名)。森本英樹ニブンノゴ!)の弟という設定。
ライブでは振り付けを先導している。曲によってコーラス、デスボイス、ラップを使い分ける。バラード曲などでは音の出ないヴァイオリンでのパフォーマンスをすることもあった。YouTubeなどで自身の振り付けの映像を多数公開している。現在のメンバー内では唯一、楽器を演奏しないパートだが、少しならギターが演奏できるらしく、稀にライブのパートチェンジなどで披露する。
10年間隠し子だった娘は、ジュアルネーム「musume」としてライブでダンスを披露していた。

旧メンバー[編集]

chaosとmoftoは本業のお笑い活動に専念するために、2010年4月17日のJCB HALL「異薔薇ノ未知」のライブをもって一時脱退。二人はこれを機に、お笑いコンビのギンナナを結成し、芸人として一人前に売れたら再加入する予定であるとのこと。

chaos(カオス)

キーボードコーラス2005年 - 2010年
命名理由は「顔がすげーでかいから」。金成公信(元ハローバイバイ、現ギンナナ)の弟という設定。
サブヴォーカリストであり、大半の曲のコーラスを務める。また、音の出ないキーボードで常に両手を交互に交差する「クロス」と言うパフォーマンスをする。プロモーションやテレビ出演などでは、haderuの次に目立つようなキャラで、メンバー内でのミニコントではよく偉そうなキャラを演じていた。
ヴィジュアル的特徴は、メガネとそれを支えるメガネチェーン。なおメガネには反射を防ぐためにレンズが入っていない。ジュアルネームの通り顔が大きいが、実はedieeのほうが大きいらしい。

mofto(モフト)

ギター2005年 - 2010年
命名理由は「ももが太いから」。菊池健一(元ガラクタパンチ、現ギンナナ)の弟という設定。
主にサイドギターを担当するが、ギターソロを演奏することもあった。定番の挨拶は「おばんですぅ〜」。女形というキャラ設定上、普段からよく語尾に「アタイ」を付けていた。ヴィジュアル的特徴は、内股など女っぽさを意識したポーズ。

サブメンバー[編集]

公式メンバー(特にhaderu)と親交のあるお笑い芸人や関係者などが主に名を連ねており、それぞれにジュアルネームが与えられている。サポートメンバーのように実際に演奏や楽曲制作に携わってはいないので、あくまで設定上のメンバーとされている。確認できるだけでも20人を超えるサブメンバーが存在しているが、ここでは主な人物を挙げる。

sakura(サクラ)

公式応援団長(2008年 -)
命名理由は、メンバーになる前から「サクラ」として盛り上げていたから。宮地謙典ニブンノゴ!)。
「冬薔薇ノ誓」より前説のレスキューを担当し公式応援団長に。一時活動を休止していたが(K-POPにハマッていたため)、2012年の異色薔薇ノ歌合戦のファイナルより活動を再開した。

ジュエル警備員[編集]

2008年にメンバーによって結成された、ライブでのファンサービスとして存在していた別名義バンド。jealkbのコピーバンドという設定。メンバー全員がサングラスと黒い警備員のような衣装を着用している。2012年の「異色薔薇ノ歌合戦」ではjealkbとの"対バン"を行なった際、すでにjealkbにおいては一時脱退していたchaosとmoftoが、ジュエル警備員のメンバーとして期間限定での復活を遂げた。

  • ダイヤ(haderu):ボーカル、カラーは白。
  • パール(elsa):ドラムス、カラーは肌色。
  • サファイア(ediee):ギター、カラーは青。
  • ルビー(mofto):ギター、カラーは赤。
  • アメジスト(dunch):ベース、主任(リーダー)、カラーは紫。
  • オパール(chaos):キーボード、カラーは水色。
  • エメラルド(hideki):ヴァイオリン、カラーは緑。

エピソード[編集]

  • 結成前の2004年、haderu(田村淳)を中心とする仲良しの芸人仲間でキャンプに行った際、後輩のediee(大川知英)がヴィジュアル系ロックバンド「STRAWBERRY FIELDS」の曲をひたすらかけ続けた。それをhaderuが気に入ったことが、バンドを始めるきっかけとなった。メンバー曰く、この仲良しメンバーの中では、誰か一人が何かの遊びにハマれば、やがて皆に流行るということが通例で、それがたまたまバンドであったという。
  • やがてhaderuはバンド結成の構想を立ち上げ、それを実現するべく同期の友人であるelsa(衛藤幸生)に電話をかけて誘った。elsaは当時、芸人活動を休止して洋服店で働いていたが、最も音楽に詳しかったため当然の声かけといえる。そして、バンド結成のきっかけを作ったedieeは、同じトリオのメンバーであるhideki(森本英樹)を誘う。さらにその友人であるchaos(金成公信)が、同期であるmofto(キクチケンイチ)を引き連れた。それでもメンバーが足りなかったので、haderuとelsaの同期であり親友のdunch(桑折貴之)も参加し、バンドの結成となった。
  • 結成当初、haderuとelsaは学生時代からバンド経験があったが、それ以外のメンバーはバンド経験がなく、全く楽器も弾けない初心者だった。そのため一通りの楽器を演奏できるリーダーのelsaからの指導を受け、遊びの延長線上として楽器の練習を始めた。この当時の映像はメジャー2ndアルバムの「Invade」の初回版BのDVDで公開されている[5]。最初はまだ楽器のパートが定まっていなかったが、学生時代にバンドの大会でベスト・ヴォーカリスト賞を受賞したhaderuは、当然のごとくヴォーカリストを担当することになり、その他のメンバーの楽器パートも徐々に定まってゆく。
  • 普通のバンドではインパクトが無いので、「メイクをする事で普段の自分とは違う自分になれる」という理由でヴィジュアル系を選んだ[5]。メンバーそれぞれ適当にヴィジュアル系っぽい名前を名乗ったことで、現在のジュアルネームとなった。
  • 結成当初はバンド演奏を人にみせるつもりはなく、スタジオで練習したりメイクをしてビデオ撮影をしていただけだったが、elsaの友人である水玉れっぷう隊のアキを中心に構成されるバンド「GB」が、ワンマンライブを開催することとなり、その際にjealkbがオープニングアクトとして誘われる。そこから大急ぎでオリジナル曲を制作する流れとなり、遊びの一線を超えた本格的なバンド活動がはじまる[6]2005年4月6日、晴れてそのGBのワンマンライブにてオープニングACTをつとめ、これがjealkbの初ステージとなった。
  • メンバーが芸人であるがゆえに一時的な企画もののバンドだと思われることもあるが、メンバー曰く「ガチでやってる」「お笑いもバンドも人を楽しませることは一緒」という理念の元に活動を続けている[5]

作品[編集]

シングル[編集]

インディーズ[編集]

# 発売日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 2006年5月31日 metronome 12cmCD YRCI-70008
2nd 2006年10月25日 恋傷 12cmCD YRCI-70010
3rd 2006年11月29日 Julia 12cmCD YRCI-70011
4th 2007年4月11日 黒い砂漠 12cmCD YRCI-70013

メジャー[編集]

# 発売日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 2007年10月31日 誓い 12cmCD YRCN-90001
2nd 2008年3月12日 Fly 12cmCD+DVD YRCN-90015(初回版)
12cmCD YRCN-90016(通常版)
3rd 2008年6月11日 12cmCD YRCN-90022
4th 2008年10月22日 嘆きのエンドレス 12cmCD+DVD YRCN-90037(初回版)
12cmCD+DVD YRCN-90038(通常版)
5th 2009年8月5日 WILL 12cmCD YRCN-90074
6th 2010年1月20日 makemagic 12cmCD YRCN-90088
7th 2010年6月30日 super special summer 12cmCD YRCN-90108
8th 2010年10月13日 傷心マキアート 12cmCD YRCN-90126
9th 2016年11月2日 reboot 12cmCD YRCN-90259
10th 2017年11月22日 R-P-S 12cmCD YRCN-90259

配信限定シングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格
- 2008年9月21日 ORANGE HERO デジタル配信

オリジナルアルバム[編集]

インディーズ[編集]

# 発売日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 2006年5月31日 ROSES 12cmCD+DVD YRCI-71024(初回版)
12cmCD YRCI-71025(通常版)

メジャー[編集]

# 発売日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 2008年11月26日 狼煙 -NOROSHI- 12cmCD+DVD YRCN-95121(初回版)
12cmCD YRCN-95122(通常版)
2nd 2011年2月9日 Invade 12cmCD+DVD YRCN-95157(初回版A)
12cmCD+DVD YRCN-95158(初回版B)
12cmCD YRCN-95159(通常版)
3rd 2011年9月14日 AGAINST 12cmCD+DVD YRCN-95171(初回版)
12cmCD YRCN-95172(通常版)
4th 2012年10月10日 V? 12cmCD+DVD YRCN-95192(初回版)
12cmCD YRCN-95193(通常版)
5th 2014年6月25日 ジュアルケービーのコレ買わなくて いーんでライブに来てくださいw 12cmCD YRCU-95505
6th 2017年7月19日 IDENTITY 12cmCD+DVD YRCN-95280(Type-A)
12cmCD YRCN-95281(Type-B)

参加アルバム[編集]

発売日 タイトル・収録曲 アーティスト 備考
2009年10月7日 LOVE LOVE GUN
  • 5. GO GO STRAIGHT!〜Featuring haderu from jealkb〜
ピストルバルブ フルアルバム・ボーカル参加
2010年2月24日 THE BLUE HEARTS "25th Anniversary" TRIBUTE
  • 2. 君のため
オムニバス トリビュートアルバム・カバー

DVD[編集]

発売日 タイトル 種類 規格 販売生産番号
2008年6月11日 jealkb LIVE TOUR2008「冬薔薇ノ誓」 at Zepp Tokyo LIVE DVD ASIN-B00177Y9YI
2009年8月5日 jealkb×コンドルス「B.L 〜Ballad of Lip〜」 舞台 DVD ASIN-B0029V4FE0

書籍[編集]

発売日 タイトル 形式 規格 販売生産番号
2009年8月20日 jealkb official Score Book バンドスコア 楽譜 ISBN 978-4285121001
2010年1月22日 narcists 写真集 大型本 ISBN 978-4847042492
2011年12月17日 INAZUMA ROCK FES.2011 DOCUMENT PHOTO BOOK メディアパルムック ムック ISBN 978-4896103762

タイアップ[編集]

太字は田村淳が出演している番組。

楽曲 タイアップ先
黒い砂漠 テレビ東京系ドラマ24「エリートヤンキー三郎」エンディングテーマ
誓い TBS系テレビ全国ネット「カウントダウンTV」11月度オープニングテーマ
Fly スターフライヤー関空線キャンペーンソング(2008/3/1 - 9/30)
Shell ルネサンス高等学校イベントソング(2008 - 2009)
ORANGE HERO DRAGON BALL新作アニメ「オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!〜」エンディングテーマ
嘆きのエンドレス MXTV他アニメ「北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王」オープニングテーマ
makemagic テレビ東京製作映画「10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 〜超融合!時空を越えた絆〜」主題歌
キワダタサレタ美貌 フジテレビ系テレビ全国ネット「ジャンクSPORTS」エンディングテーマ(2010年1月 - 3月)
WILL アーケードゲーム「GuitarFreaksV7 & DrumManiaV7」楽曲提供[7]
TBS系テレビ全国ネット 2010年8月 - 9月度クイズ☆タレント名鑑エンディングテーマ
super special summer 日本テレビ系全国ネットショーバト!エンディングテーマ
傷心マキアート TBS系テレビ全国ネット 2010年10月〜12月度「クイズ☆タレント名鑑」エンディングテーマ
殺気繚乱 TBS系テレビ全国ネット 2011年1月 - 8月度「クイズ☆タレント名鑑」エンディングテーマ
虚無感狂想曲 TBS系テレビ全国ネット 2011年10月 - 3月度「クイズ☆タレント名鑑」エンディングテーマ
虹の橋 読売テレビ(日本テレビ系)全国ネット 2011年10月 - 11月度「ダウンタウンDX」エンディングテーマ
silhouette TBS系テレビ テベ・コンヒーロエンディングテーマ
DEAD LOCK 毎日放送TBS系)全国ネット「使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!」エンディングテーマ

出演[編集]

テレビ番組[編集]

WEB[編集]

脚注[編集]

  1. ^ haderu(田村淳)率いるヴィジュアル系バンド"jealkb"のインタビュー&動画公開!本気で遊び、本気で作り、本気で夢を追う!バンドの精神を高らかに響かせる新作を7/19リリース! | 激ロック ニュース・2017年7月13日更新
  2. ^ jealkb、アルバム発売記念ミニライブ開催「日本で一番腰の低いバンドです!」 | Musicman-NET・2017年7月19日更新
  3. ^ a b 「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い (1) 芸人がやってるバンドでも、怖いバンドでもない | マイナビニュース・2016年7月24日更新
  4. ^ “jealkb自主レーベル発足、秋に第1弾シングル”. 音楽ナタリー. (2016年7月26日). http://natalie.mu/music/news/195966 2016年7月27日閲覧。 
  5. ^ a b c 2ndアルバム『Invade』収録DVDのインタビュー。
  6. ^ 公式バンドスコア「jealkb official Score Book」・2009年8月20日発売
  7. ^ メインであるXGに登場したのは4月中旬のためこの表記。

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

ツイッター[編集]

過去のブログ[編集]

関連項目[編集]