逹瑯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
逹瑯
生誕 (1979-08-21) 1979年8月21日(40歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県
ジャンル ロック
職業 ボーカリスト作詞家
活動期間 ムック(1997年~)
共同作業者 ムック

逹瑯(たつろう、本名:岩上達郎(いわかみ たつお)1979年8月21日 - )は、日本ロックバンドムックのボーカリスト。茨城県水戸市出身。バンドメンバー内での愛称はたつー、たつえ等。

概要[編集]

茨城県立茨城東高等学校出身。18歳の時ミヤと共にムックを結成。当初はTATTOOという名前だったが、後に改名した。ミヤYUKKEは中学の、SATOちは高校の同級生にあたる。

ムックではミヤと共に作詞・作曲を数多く手掛ける。音楽性としては、主にLUNA SEABUCK-TICK等から影響を受けている。

身長は182cm・体重は60kg台前半とメンバー内で最も長身・痩せ型であり、ライブでは常に手を振ったりして動きながら歌う。

人物[編集]

  • 尊敬するボーカリストとしてBUCK-TICKの櫻井敦司THE YELLOW MONKEY吉井和哉をあげている。
  • 「テト」という名のメスの猫を飼っている。あだ名は「テトち」。
  • 長年に渡り黒髪長髪であったが、デビュー当時は短髪で現在とはかけ離れたスタイルだった。17thシングル「ファズ」のころに一回、髪をバッサリ切った。2015年に入り、再び髪を短くしている。
  • TATTOOから逹瑯に改名する経緯として、「猫を庇って車に轢かれたTATTOOの遺志を逹瑯が継いだ」というものがあり、新宿ライカエジソンではインストアイベントの一環としてTATTOOの葬儀が執り行われた。
  • 絵が上手い。ライブアンケートは現在まで逹瑯が手書きで書いている。また即興で似顔絵を描けるなど、腕前は確か。本人は「ドラゴンボールから影響を受けている」と語っている。
  • 性格がやや強引で人見知りせず、交友関係も広い。初対面のYUKKEにプロレス技をかけた事がある。
  • MERRYのガラ、シドの明希と仲がいい。
  • 実家が水戸市内に現存する美容室であり、バンドマンになる前は美容師になるために専門学校に通っていた。兄達も美容師として開業しており、その一人が青山に店を持っていることを、逹瑯本人がオフィシャルブログで宣伝している[1]
  • 2012年にシングル『ニルヴァーナ』を発売した際、「声がタレントの出川哲朗に似ている」と話題になり、PRポスターにてムックと出川の共演が実現した。また出川は、同年6月9日に行われた15周年記念ライブ「MUCCvsムックvsMUCC」に際し、15周年のお祝いコメントを寄せている。
  • BARKSにて、異種格闘技対談と称し、様々なジャンルのアーティストとも対談を行った。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]