ムック (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MUCCから転送)
移動先: 案内検索
ムック
MUCC-Montmartre-2009.jpg
2009年のパリ公演にて
基本情報
出身地 日本の旗 日本茨城県
ジャンル ロック
オルタナティヴ・メタル
エクスペリメンタル・ロック
ハードロック[1][2][3]
ポップ・ロック[3]
オルタナティヴ・ロック[1][2][3]
インディー・ロック[1]
グランジ
ダンス・ロック
活動期間 1997年 -
レーベル デンジャークルーレコーズ
(2002 - 2003年、2009 - 2011年)
ユニバーサルミュージック
(2003年 - 2009年)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
2011年 - )
事務所 マーヴェリック
公式サイト www.55-69.com
メンバー 逹瑯ボーカル
ミヤギター
YUKKEベース
SATOちドラム
旧メンバー HIRO(ベース)

ムック(MUCC)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所はマーヴェリック、所属レコードレーベルはソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

メンバー[編集]

概要[編集]

1997年の結成当初は「密室ノイローゼ」に所属しており、所謂「密室系」と呼ばれるジャンルに属していた。2002年にはデンジャークルー・レコード内に立ち上げた自主レーベル「朱」に移籍。

2003年にユニバーサルミュージックに移籍しメジャーデビュー。

音楽性としては、昭和歌謡曲メロディに、メタルの重厚さと激しさを取り入れ、社会風刺や負の感情をテーマとした赤裸々で陰鬱な歌詞を載せたものが多かったが、アルバム『鵬翼』からはポップな曲やバラードも増え、シングル「ファズ」以降はエレクトロニカを取り入れるなど、非常に多彩な音楽性を展開している。 近年はアルバムごとに民族音楽ダンスミュージックなど、音楽性の主軸を変化させることが多い。

作詞は基本的に逹瑯、ミヤの二人が担当しているが、シングル「ホリゾント」のc/w「心色(ココイロ)」でYUKKEが、アルバム『極彩』収録の「キンセンカ」ではSATOちが初の作詞を担当した。作曲はミヤを中心にメンバー全員が行っており、メンバー内での共作も見られる。また2010年にリリースされたアルバム「カルマ」より、逹瑯による作曲が多くなっている。

楽曲のプロデュースは、岡野ハジメL'Arc〜en〜Cielken等、外部からプロデューサーを迎えていたが、近年はセルフプロデュースの割合が増えている。

様々なジャンルのアーティストとの共演や海外アーティストの来日公演のオープニング・アクトを務めており、中でもGuns N' Rosesは2007年に続き2009年にも務めた。

2005年以降は世界のメタル系フェスティバルへの出演、単独ツアーなども行っている。2010年のROCKS TOKYOへの出演をきっかけに国内のロックフェスティバルへの出演も増えている。また、インディーズ時代から対バン形式のイベント「えん」を2010年9月現在までに6度主催している。

2010年9月現在、世界各国ではヨーロッパイギリススイススウェーデンスペインデンマークドイツフィンランドフランス)・アメリカ中国ロシア南米チリメキシコ)の計13か国で単独公演を行っている。

6月9日は「ムックの日」とされており、ほぼ毎年何らかのイベントを行っている。

ファンのことは夢烏(ムッカー)と呼ばれる。

来歴[編集]

1997年、逹瑯、ミヤが中心になり結成。当時のベーシストはHIRO。THE BLUE HEARTSGLAYをコピーしていた。

1998年、上京。1999年2月にHIROが脱退し、現ベースであるYUKKEが加入。

2001年、初のワンマンツアー「激痛―――――。」を敢行。

2002年に自主レーベル「朱」を設立し、独立。同年、初の「えん」を敢行。

2003年、シングル「我、在ルベキ場所」のリリースをもってメジャーデビュー。

2005年ドイツのメタルフェスティバルWacken Open Airに出演し、さらにその2日後には同地でのワンマンライブも敢行。これがムックにとって初の海外公演となる。

2006年、初の日本武道館単独公演を行う。

2008年、北米、ヨーロッパ諸国、日本を縦断する大規模なライブツアー「Rockstar Taste Of Chaos 2008」に出演。この時に受けた影響がアルバム『球体』に生かされている。

2009年、2度目の日本武道館単独公演を行う。

2009年、シングル「フリージア」の発売をもってデンジャークルー・レコードに移籍、活動の場をインディーズに戻した(流通はメジャー)。

2010年、YUKKEの母校である茨城県立小川高等学校が廃校になることを受け、同校の学園祭ライヴに出演した。

2011年5月、3度目となる日本武道館単独公演を2デイズで行う。

11月、メジャー再デビューを発表。

2012年、結成15周年記念を迎える。

2013年、8月17日から新メンバーDEANと班長加入。9月4日、両名とも一身上の都合で脱退。

2014年8月、対バンツアーARMAGEDDONを行う。

2015年LUNA SEA主宰フェスLUNATIC FEST.に出演

2017年、20周年記念として、「MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17"飛翔"」と銘打った企画を発表。特設サイトもオープン。

2017年5月1日、メンバーの地元である茨城県石岡市及び茨城県水戸市の「ふるさと大使」にダブル就任。

バンド名の由来[編集]

バンド名を決める際、YUKKEの友人がガチャピンという名前を候補に挙げ、それに対しメンバーが「ガチャピンよりはムックじゃねーの?」と発言した。

その何気なく提案された「ムック」という単語が、メンバーの求める「覚えやすくてインパクトがあり他になく、名前からバンドのイメージが想像できない」という理想に合致したため決定した。よって、そのものを意識したネーミングではないとはいえ、既存のキャラクターであるムックが名前の由来となったことになる。

ただし最近のインタビューでは、キャラクターのムックを起源とする部分は省かれて簡潔に答えられることが多い。「意味が無いのが意味」と、DVDや海外のメディアのインタビューでミヤが発言したこともある。

なお、2007年6月7日に開催されたライブイベントには実際にキャラクターのムックがゲスト出演。「自分と同じ名前のバンドがいると知って、インターネットでチェックしていた」と存在を知っていたことを明かし「フライト」をバンドメンバーと共に熱唱した。

また2014年には川崎CLUB CITTAで行われたライブに、ムックに加えてガチャピンも飛び入りで参加し、新曲「ENDER ENDER」に合わせてヘドバン、ダイブ、モッシュなどを披露した。この映像は後に「ENDER ENDER」のミュージックビデオとして、動画サイト等で配信されている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 JP 備考
インディーズ
1st 娼婦/廃 2000年6月9日
2nd 赤盤 2001年7月15日
3rd 青盤 2001年7月15日
4th 負ヲ讃エル謳 2002年1月21日
5th 水槽 2002年6月9日 6900枚限定。告知なしで発売された。
6th 我、在ルベキ場所 2003年5月20日(Aタイプ)ライブ会場限定販売
2003年5月21日(Bタイプ)
40
メジャー
6th 我、在ルベキ場所(Cタイプ) 2003年5月21日 40
7th 路地裏 僕と君へ 2004年2月25 34
8th モノクロの景色 2004年6月9日 17
9th ココロノナイマチ 2005年3月30日 20 日本テレビ系音楽番組『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』4月度オープニングテーマ
10th 雨のオーケストラ 2005年6月8日 20
11th 最終列車 2005年10月19日 12 テレビ東京系音楽番組『LIVE BANG!』10月度オープニングテーマ
12th ガーベラ 2006年2月15日 17 テレビ東京系音楽番組『LIVE BANG!』2月度オープニングテーマ
13th 流星 2006年5月24日 14 テレビ東京系音楽番組『JAPAN COUNTDOWN』6月度オープニングテーマ
14th 謡声(ウタゴエ) 2006年8月23日 7 TBS系『COUNT DOWN TV』8月度オープニングテーマ
15th ホリゾント 2006年11月8日 14 日本テレビ系バラエティ番組『ミラクル☆シェイプ』11月度エンディングテーマ
16th リブラ 2007年3月21日 22
17th フライト 2007年5月2日 14
18th ファズ 2007年10月31日 14 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』挿入歌
c/w「チェインリング」テレビアニメ『ZOMBIE-LOAN』エンディングテーマ
19th アゲハ 2008年8月27日 15
20th 空と糸 2009年1月28日 8 TBS系バラエティ番組『さまぁ〜ず式』2・3月度エンディングテーマ
インディーズ
21st フリージア 2009年11月25日 17 TBS系お笑い番組『あらびき団』10・11月度エンディングテーマ
メジャー
22nd ジオラマ 2009年12月25日 配信限定シングル
23rd 約束 2010年6月9日 8 テレビアニメ『閃光のナイトレイド』オープニングテーマ
24th フォーリングダウン 2010年9月22日 12 フジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』10・11月度エンディングテーマ
25th 2011年5月21日,22日 2011年5月21日22日に行われた日本武道館でのライブにおける限定販売シングル。
26th アルカディア featuring DAISHI DANCE 2011年11月23日 28
27th ニルヴァーナ 2012年3月7日 13 テレビアニメ『妖狐×僕SS』オープニングテーマ
28th MOTHER 2012年10月31日 21 テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』エンディングテーマ
29th HALO 2013年9月25日 14 c/w「狂乱狂唱 RMX fot 不安の種」…映画『不安の種』主題歌
30th World's End 2013年10月30日 15 テレビアニメ『メガネブ!』オープニングテーマ
31st ENDER ENDER 2014年5月28日 16 テレビ朝日系音楽番組『BREAK OUT』5月度オープニングテーマ
32nd 故に、摩天楼 2014年9月10日 17 テレビアニメ『金田一少年の事件簿R』オープニングテーマ
33rd ブリリアント ワールド 2015年12月24日 配信限定シングル
34th ハイデ 2016年6月15日 14
35th CLASSIC 2016年9月14日 15 テレビアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』オープニングテーマ
36th 家路 2017年5月4日
2017年6月20日
2017年6月21日
20周年記念ライブ「家路~Happy Birthday to MUCC~」及び、「MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍~そして伝説へ」会場限定販売シングル。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2001年1月7日
2001年06月17日
2002年6月10日
痛絶 PRCMC-01100
MSNB-22
MSNC-22
2nd 2002年9月6日
2004年08月17日
葬ラ謳 DCCQ-3
MSHN-003C
3rd 2003年9月3日 是空 POCE-9690:初回限定盤
POCE-6901:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場17位
4th 2004年9月1日 朽木の灯 POCE-9691:初回限定盤
POCE-6904:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場19位
5th 2005年11月23日 鵬翼 UPCI-9007:初回生産限定盤
UPCI-1039:通常盤
UPCI-9008:ボーナスCD付通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場22位
6th 2006年4月26日 6 UPCI-1044 オリコン週間アルバムチャート初登場29位
日欧同時発売特別アルバム。
7th 2006年12月6日 極彩 UPCI-9011:初回限定盤A
UPCI-9012:初回限定盤B
UPCI-1055:通常盤
UPCI-9013:ボーナスCD付通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場22位
8th 2008年3月26日 志恩 UPCI-1082 オリコン週間アルバムチャート初登場13位
9th 2009年3月4日 球体 UPCI-9030:初回限定盤A
UPCI-9031:初回限定盤B
UPCI-1091:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場12位
10th 2010年10月6日 カルマ MSHN-14:初回生産限定盤
MSHN-16:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場11位
11th 2012年11月28日 シャングリラ AICL-2484:完全生産限定盤
AICL-2486:初回生産限定盤
ICL-2488:通常盤
収録曲「G.G.」…映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』テーマソング
オリコン週間アルバムチャート初登場18位
12th 2014年6月25日 THE END OF THE WORLD AICL-3266~3268:初回盤
AICL-2685:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場13位
13th 2017年1月25日 脈拍 AICL-3266~3268:初回盤A
AICL-3269~3270:初回盤B
AICL-3271通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場17位

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1999年12月25日 アンティーク
2nd 2001年12月25日 哀愁 MSNA-27
3rd 2015年6月24日 T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997- AICL-2894~2895(初回生産限定盤)
AICL-2896(通常盤)
オリコン週間アルバムチャート初登場17位

ライヴアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2005年1月26日 朽木の灯 ライヴ アット 六本木 POCE-6905 オリコン週間アルバムチャート初登場131位
2nd 2007年3月28日 サイケデリックアナライシス UPCI-1058 オリコン週間アルバムチャート初登場71位

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2007年6月6日 BEST OF MUCC UPCI-9020:初回限定盤
UPCI-1064:通常盤
オリコン週間アルバムチャート初登場24位
2nd 2007年6月6日 WORST OF MUCC UPCI-1065 オリコン週間アルバムチャート初登場25位
3rd 2009年8月12日 カップリング・ベスト UPCI-1093 オリコン週間アルバムチャート初登場29位
4th 2009年8月12日 カップリング・ワースト POCS-1028 オリコン週間アルバムチャート初登場32位 インディーズチャート3位
5th 2017年3月29日 BEST OF MUCC II AICL-3311~2
6th カップリング・ベスト II AICL-3313

コンピレーションアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2006年6月6日 COVER PARADE BMC-1002 非売品
2nd 2012年8月22日 哀愁のアンティーク MSHN-25 オリコン週間アルバムチャート初登場69位

セルフカバーアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2017年8月9日 新痛絶 会場限定盤:

MSHN-027〜8

流通盤:

MSHN-031〜2:初回限定盤

MSHN-033〜4:通常盤

2017年夏小箱ツアー「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」会場にて、限定盤を先行販売。
アルバム『痛絶』の全曲再録音源と元の音源のリマスタリングを収録。
2nd 2017年8月9日 新葬ラ謳 会場限定盤:

MSHN-029〜030

流通盤:

MSHN-035〜6:初回限定盤

MSHN-037〜8:通常盤

2017年夏小箱ツアー「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」会場にて、限定盤を先行販売。
アルバム『葬ラ謳』全曲再録音源と元の音源のリマスタリングを収録。
3rd 2017年9月13日 殺シノ調べII This is NOT Greatest Hits

トリビュートアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
2017年11月22日 TRIBUTE OF MUCC -縁[en]- MSHN-044~045 2枚組。ジャケットのデザインはhydeが手掛けた。
DISC1、2ともに1曲ずつボーナストラックが収録された。
オリコン最高15位

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年12月10日 日本列島混沌平成心ノ中 POBE-6900 オリコン週間DVDチャート初登場47位
2nd 2004年12月22日 ムックヒストリーDVD ザ・ワースト POBE-6901 オリコン週間DVDチャート初登場75位
3rd 2006年3月29日 図南の鵬翼 UPBI-1012 オリコン週間DVDチャート初登場42位
4th 2006年12月20日 ワールドツアーファイナル日本武道館「666」 UPBI-1015〜6 オリコン週間DVDチャート初登場86位
5th 2007年11月28日 MUCC 〜ライヴ クロニクル〜 UPBI-9521 オリコン週間DVDチャート初登場42位
6th 2008年12月24日 MUCC 〜ライヴ クロニクル2〜 UPBI-9529 オリコン週間DVDチャート初登場67位
7th 2009年8月5日 The Clips 〜track of six nine〜 UPBI-1025 オリコン週間DVDチャート初登場33位
8th 2010年3月10日 MUCC ライヴ クロニクル3〜 「球体」in日本武道館〜通常版 UPBI-9535(初回限定盤)
UPBI-1028〜9(通常盤)
オリコン週間DVDチャート初登場95位
9th 2011年2月14日 WINTER CIRCUIT 2010 @NHKホール NSHN-017〜18(初回限定盤)
NSHN-019〜20(通常盤)
オリコン週間DVDチャート初登場32位
10th 2011年11月23日 Chemical Parade MSHN-023〜24 オリコン週間DVDチャート初登場43位
11th 2012年8月22日 -MUCC 15th Anniversary Year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」不完全盤「死生」 AIBL-9241~2 オリコン週間DVDチャート初登場17位
12th 2012年9月12日 -MUCC 15th Anniversary Year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」不完全盤「密室」 AIBL-9243〜4 オリコン週間DVDチャート初登場8位
13th 2012年10月3日 -MUCC 15th Anniversary Year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」不完全盤「鼓動」 AIBL-9245〜6 オリコン週間DVDチャート初登場13位
14th 2013年2月14日 -MUCC 15th Anniversary year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」完全盤 AIBL9255〜9257 オリコン週間DVDチャート初登場15位
15th 2013年10月2日 MUCC Tour 2012-2013 "Shangri-La" AIBL-9278〜9279< オリコン週間DVDチャート初登場26位
16th 2015年2月25日 『SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争-「THE END」@国立代々木競技場第一体育館』 AIBL-9304〜9307 オリコン週間DVDチャート初登場21位
17th 2015年11月25日 F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE ON WORLD-Paradise from T.R.E.N.D.Y- AIBL-9327〜9328

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
1999年8月25日 HOT INDIES BEST SELECTION Vol.1 CD DFR-0003 クランケ
2000年7月16日 NON STANDARD FILE〜@6Sight〜 CD DAKAPCRD-1 九日 〜四畳半Ver.〜
黒煙
2001年9月29日 Shock Edge 2001 CD SWCD-2001 スイミン
2003年12月24日 BOØWY Respect CD FLCF-3994 季節が君だけを変える
2007年1月24日 ロックNIPPON 東海林のり子セレクション CD UICZ-8019 路地裏 僕と君へ
2007年12月19日 LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth- CD AVCD-23430 Déjàvu
2008年3月28日 デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム〜生贄メタルMIX〜 CD DFCL-1456 フライト Best Hold It Ver.
2009年12月9日 THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM CD BVCL-50 追憶のマーメイド
2012年7月4日 PARADE II 〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜 CD TKCA-73785 JUPITER
2013年2月20日 BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE DVD
Blu-ray
TKBA-1165
KXA-1002
JUPITER
2014年11月26日 NARUTO SUPER SOUNDS CD SVWC-70019 MOTHER
2017年9月6日 Plastic Tree Tribute 〜Transparent Branches〜 CD VICL-64840 3月5日。
2017年9月13日 D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 CD WPCL-12767 CRAZY4YOU
2017年9月16日 氣志團万博2017 CD AVCD-93741〜3 ニルヴァーナ

書籍[編集]

  1. kRayzi yeaR(s)[2005年2月18日]
  2. 少年M[2005年3月29日]
  3. バンド・スコア ムック「WORST OF MUCC」[2008年11月7日]
  4. バンド・スコア ムック「BEST OF MUCC」[2008年11月7日]
  5. M[2017年7月19日]

その他[編集]

  1. COVER PARADE [2006年6月6日]会場限定配布
  2. COVER PARADE mini [2006年6月6日]会場限定配布
  3. MUCC LIVE BOOTLEG #1 シングル「謡声(ウタゴエ)」2タイプ同時購入応募者全員プレゼント。
  4. MUCC LIVE BOOTLEG #2 シングル「ホリゾント」2タイプ同時購入応募者全員プレゼント。
  5. MUCC LIVE BOOTLEG #3 アルバム『極彩』DVD付限定盤A、DVD付限定盤Bの同時購入応募者全員プレゼント。
  6. MARBLE MUCC × AKiコラボ。MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016 「M.A.D」パンフレット付属CDに収録。

デモテープ[編集]

  1. "NO!?"[1997年10月]配布
  2. 哀歌 [1998年3月20日]
  3. 翼を下さい[1998年12月1日]配布
  4. 愁歌 [1999年2月14日]
  5. アカ[1999年7月24日 - 8月30日]配布

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
柿本ケンサク G.G.
川村ケンスケ ニルヴァーナ
喜田夏記 故に、摩天楼
小嶋貴之 フリージア」「約束」
後藤信吾 ENDER ENDER feat.ガチャピン&ムック LIVE ver.
近藤廣行 空と糸
杉江良 & 野田智雄 流星
スズキダイシン ENDER ENDER
須藤カンジ MOTHER
スミス ホリゾント
セキ★リュウジ ガーベラ」「ココロノナイマチ」「雨のオーケストラ」「最終列車」
田辺秀伸 HALO」「World's End
中根浩(ELECROTNIK) アルカディア feat.DAISHI DANCE
野田智雄 アゲハ」「ファズ」「リブラ」「謡声(ウタゴエ)
深津昌和 「フォーリングダウン」
福敏和 絶望
モリ★カツ(モリ卍カツ・モリ○カツ) 9月3日の刻印」「モノクロの景色」「我、在ルベキ場所」「路地裏 僕と君へ
不明 フライト

主なライブ[編集]

  • 1999年 - 1st tour 『心霊体験バスツアーVol.1』
  • 1999年 - 2000年 - ツアー1999〜2000 『見せ物アンティーク』
  • 2000年 - MUCC全国ツアー2000夏『鬼畜の仕掛け細工』
  • 2001年 - ツアー『激痛』
  • 2001年 - 2001年夏のツアー『恋花火狂い咲き99夏』
  • 2002年 - ムック2002冬ツアー『題1.哀愁の黄色いハンカチ』『題2.情熱の赤い手袋』
  • 2002年 - TOUR『焔ウタ』
  • 2003年 - TOUR 『ムック 梅雨のツアー 〜在るべき場所〜』
  • 2003年 - ムック 弐千参年 夏ノツアー 日本列島混沌平成心ノ中
  • 2004年 - 首都圏集中収監10デイズ
  • 2004年 - 『えん2』ムック主催イベント
  • 2004年 - 2004年春、遺恨整奏
  • 2004年 - 二〇〇四年秋ツアー『騒乱秋興』
  • 2005年 - 2005春のツアー『ココロ失キ朝焼ケ』
  • 2005年 - 2005 MUCC in EUROドイツ&パリ単独公演
  • 2005年 - ムック2005 秋ツアー『図南の鵬翼』
  • 2006年 - 『図南の鵬翼』追加公演 鵬翼DVDシューティングツアー
  • 2006年 - MUCC in EURO 2006
  • 2006年 - WORLD TOUR EXTRA
  • 2006年 - シックスナインデイズ『関西シックスデイズ』『関東ナインデイズ』
  • 2006年〜2007年 - ムック06-07ツアー『サイケデリックアナライシス』
  • 2007年 - MUCC WORLD TOUR 2007『MUCC in EURO 2007』
  • 2007年 - MUCC 10th Anniversary WEEKLY LIVE 『HISTORY OF MUCK』
  • 2008年 - Taste of Chaos 2008 『NORTH AMERICAN TOUR』
  • 2008年 - ムック2008"REBORN"春のツアー Rainy Rave
  • 2008年 - ROCKSTAR Energy Drink Presents 『ROCKSTAR Taste of Chaos』in EURO
  • 2008年 - ROCKSTAR Energy Drink Presents 『ROCKSTAR Taste of Chaos』in JAPAN
  • 2009年 - MUCC JAPAN TOUR 2009『球体』
  • 2009年 - ムック夏の文化祭『朱音祭』
  • 2009年 - WORLD CIRCUIT 2009 -Solid Sphere-『MUCC in EURO 2009 -Solid Sphere-』『MUCC in South America 2009 -Solid Sphere-』
  • 2010年 - WINTER CIRCUIT 2010
  • 2010年 - 『えん6』ムック主催イベント
  • 2010年 - MUCC Tour 2010 "Chemical Parade"
  • 2011年 - "Chemical Parade" in EURO
  • 2011年 - "Chemical Parade" in Asia
  • 2012年 - 東名阪「地下室」ツアー
  • 2012年06月09日 - 幕張メッセ国際展示場ホール1〜3『-MUCC 15th Anniversary year Live-「MUCC vs ムック vs MUCC」』
  • 2012年09月08日〜25日 - -MUCC 15th Anniversary year Live(s) - 「97-12」
  • 2012年12月01日〜09日 - MUCC Tour 2012 “Shangri-La”
  • 2012年12月21日・22日 - MUCC 15th Anniversary year- 「朱ゥノ吐」プレミアムイベント『聖なる渋谷で赤青えんぴ2Days』
  • 2013年02月01日〜03月31日 - MUCC Tour 2013 “Shangri-La”
  • 2013年06月07日 - MUCC TOUR 2013 "Shangri-La" ウラファイナル
  • 2013年10月12日〜12月08日 - MUCC 2DAYS CIRCUIT 2013 "Hypnos & Thanatos"
  • 2013年12月22日 - MUCC 2DAYS CIRCUIT 2013 FINAL "Hypnos & Thanatos Z -神と神ドーンΣ(゜Д゜)-"
  • 2013年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年03月06日〜30日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 1. 「ムッP
  • 2014年04月04日〜29日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 2. 「VS」
  • 2014年05月01日〜25日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 3. 「Thanatos & Thanatos」
  • 2014年06月04日〜29日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 4. 「TRIANGLE」
  • 2014年07月06日〜29日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 5. 「THE END OF THE WORLD」
  • 2014年08月06日〜28日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 6. 「ARMAGEDDON」
  • 2014年09月23日 - SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode Final Episode 「THE END」
  • 2014年10月25日 - HALLOWEEN PARTY 2014
  • 2014年11月06日 - THE END OF THE WORLD 【R】
  • 2014年11月24日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol.9
  • 2014年12月21日 - THE ROOT 80′s Japanese Metal ~Visual Rock - Final Session
  • 2015年01月25日 - ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2015 ミュ~コミ+プラスプレゼンツ アニメ紅白歌合戦 Vol.4
  • 2015年04月02日〜05月10日 - EUROPE TOUR 2015 "F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE" in JAPAN
  • 2015年06月09日・10日 - ムックの日とロットンの日
  • 2015年06月28日 - LUNATIC FEST.
  • 2015年07月18日 - TOUR 2015 "F#CK THE PAST F#CK THE FUTURE"Final【The Requiem, Endless Nightmare, Darkness YHWH,】
  • 2015年07月18日 - MUCC「T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-」全曲再現SPECIAL FREE LIVE
  • 2016年10月16日 - VISUAL JAPAN SUMMIT 2016
  • 2016年11月06日 - KNOTFEST JAPAN 2016
  • 2017年09月17日 - 氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~

出演[編集]

ラジオ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • 朝まで生ムック(NACK5、「BEAT SHUFFLE」内の1コーナーとして。放送時間不定)
  • Midnight 69 City(NACK5、毎週金曜日0:00 - 0:30)
  • ムック・ザ・レイディオ(スターデジオ、毎週金曜日23:00 - 23:30)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mucc|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年2月15日閲覧。
  2. ^ a b MUCC reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月16日閲覧。
  3. ^ a b c ムック MUCC- キューブミュージック・2015年11月20日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b ボーナストラック。ジャケットには表記されていない。

関連イベント(ミヤ)[編集]

外部リンク[編集]