クローバーフィールド/HAKAISHA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クローバーフィールド/
HAKAISHA
Cloverfield
監督 マット・リーヴス
脚本 ドリュー・ゴダード
製作 J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮 ガイ・リーデル
シェリル・クラーク
出演者 マイケル・スタール=デヴィッド
マイク・ヴォーゲル
オデット・ユーストマン
リジー・キャプラン
ジェシカ・ルーカス
T・J・ミラー
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 マイケル・ボンヴィレイン
編集 ケヴィン・スティット
製作会社 バッド・ロボット・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年1月18日
日本の旗 2008年4月5日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2500万ドル[1] (約27億円)
興行収入 $170,764,026[1] 世界の旗
$80,048,433[1] アメリカ合衆国の旗
12.0億円[2] 日本の旗
次作 10 クローバーフィールド・レーン
テンプレートを表示

クローバーフィールド/HAKAISHA』( - ハカイシャ、原題:Cloverfield)は、2008年アメリカ合衆国公開のSF怪獣パニック映画である。日本ではパラマウントジャパンが配給して、同年4月5日PG-12指定で公開されている。

概要[編集]

巨大怪獣が大都会を襲う古典的設定で、怪獣の足元を逃げ惑う人々に注目する擬似ドキュメンタリー作品。ホームビデオ風な主観的映像は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』に、情報途絶下のパニック描写は『サイン』にそれぞれ相通ずる。

製作費は2500万ドルと、ハリウッド映画としては低予算の作品だが、アメリカでは2008年1月18日の公開時から3日間で興行収入が4000万ドルを上回り、1月次公開作品で興行金額が歴代1位[3]。最終興行収入は8000万ドル[1]である。日本で同年4月5日に公開されて初登場1位になり最終興行収入は12億円[2]である。

タイトルの「クローバーフィールド」(白詰草ヶ原)とは、作品内では「合衆国国防総省」が保管する「事件映像記録」の「暗号名」であり、さらにその名の原典はバッド・ロボット・プロダクションズのオフィス前の行政区画名である。

ストーリー[編集]

映画冒頭のテロップで「本編はアメリカ国防総省が保管している記録映像である」と説明される。

映像はビデオカメラの持ち主ロブのプライベート風景から始まる。ある夜、日本への栄転が決まったロブを祝うために開かれたパーティーの最中、突如として不気味な爆音が鳴り響く。外の様子を見にパーティ会場の屋上へ向かった彼らは、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する。外へ出ると爆発で吹き飛ばされた自由の女神の頭が降って来て市内はパニックに陥り、ロブを含む数人のメンバーは徒歩での脱出を試みる。

その途上彼らは軍隊の攻撃を物ともせず摩天楼を蹂躙する巨大な怪獣を目撃する。ロブの恋人を探して危険を潜り抜けていく一行の様子をビデオカメラは生々しく記録していく。

登場人物[編集]

ロブ
主人公的存在。日本への栄転が決まった矢先今回の騒動に巻き込まれる。
街から脱出しようとした時ベスから連絡が入り、彼女を助ける為怪物が暴れ回るニューヨークを奔走する。
ベス
ロブの恋人。怪獣の襲撃によりアパートで怪我をして動けなくなり電話でロブに助けを求める。
ハッド
ロブの友人。マリーナに想いを寄せている。ロブを祝うパーティーの最中に共に騒動に巻き込まれたが、ベスを助けに行く彼に最後まで付いて行く。
カメラの撮影はほぼ全編彼が行っている。
リリー
ジェイソンの彼女。ロブの事も気に掛けておりハッド同様彼を祝うパーティーの最中に共に騒動に巻き込まれたが、ベスを助けに行く彼に最後まで付いて行く。
はっきりとした描写は無いが、メンバーの中では唯一彼女のみが生き残った模様。
マリーナ
ロブの友人。ロブを祝うパーティーの最中に彼と共に騒動に巻き込まれ、ベスを助けに行く彼に最後まで付いて行こうとするが・・。
ジェイソン
ロブの兄。ロブを祝うパーティーの最中に彼と共に騒動に巻き込まれ、メンバーと共にブルックリンブリッジを渡って街から脱出しようとするが・・。

キャスト[編集]

作品にリアリティーを与えるため、俳優のほとんどが無名の新人及び子役出身の若手俳優である。

スタッフ[編集]

SFXスタッフ
  • アニマトロニクス:アンディ・クレメント
  • 特殊効果監修:ジョン・ハキアン
  • 特殊効果コーディネーター:デヴィッド・ウェイン
  • 特殊効果:クリス・クライン、ケン・タラロ、マット・ヴォーゲル
VFXスタッフ
  • VFXスーパーバイザー:ケヴィン・ブランク、マイケル・ブルース・エリス、エリック・レヴェン
  • VFXプロデューサー:アニー・ポメランツ
  • VFX:ダブル・ネガティブティペット・スタジオ
  • CGスーパーバイザー:デヴィッド・ヴィッケリー
製作会社

受賞[編集]

作品解説[編集]

本作の着想は、『ミッション:インポッシブル3』の宣伝で製作のJ・J・エイブラムスが来日した際、原宿のキディランドで見た、ゴジラソフトビニール人形から得られたものである[4]。エイブラムスは、日本では怪獣が『文化』として根付いている(本人談)ことに感銘を受け、アメリカでも国民的怪獣映画を作ろうと思い立った。

GODZILLA(トライスター版)』の評判が芳しくなかった為アメリカ映画界が怪獣映画を敬遠する傾向となり、リメイク版『キング・コング』や本作の製作に支障をきたした。

エイブラムスは「ニューヨークが舞台だから、どうしても9.11(アメリカ同時多発テロ事件)を思い出すと思うけど、それがこの映画の目的ではない」としている[5]。ただし、ゴジラが原爆の悪夢から生まれたように、本作では現代人が抱いている不安、懸念していることをテーマとして意識していたと、オーディオコメンタリーで監督のマット・リーヴスが語っており、その中で9.11にも触れている。

全編カムコーダ撮影の設定(実際にはパナソニック製の業務用カメラ「AG-HVX200」で撮影された)のため、劇場の多くでは酔いに注意するよう観客に注意がなされた[6]

プロモーション[編集]

興行的成功の背景には公開前の巧みな宣伝戦略がある。2007年夏の初報では自由の女神像の頭部が破壊されたショッキングなビジュアルを見せたが、内容や作品名は発表しなかった。その後も情報規制を徹底しつつ事件との関連を匂わせる架空の企業や団体のサイトを立ち上げたりYouTubeに架空のニュース映像を投稿するなど謎めいたプロモーションで作品への好奇心を煽った。

日本公開前にはPRの一環として首が破壊された自由の女神像が「来日」し、東京お台場の自由の女神像の近くに建てられた[7]

副題[編集]

日本での副題「HAKAISHA」は、エイブラムスの指示によるもの。エイブラムスは「デストロイヤー」の邦訳について、パラマウント・ジャパンに問い合わせ、結果得られた「破壊者」をローマ字表記で付けるように指示したとのこと。[4]

続編[編集]

大ヒットにより引き続きマット・リーヴスが監督する続編の製作も決定していたが[8]、2008年6月25日Collider.comにて製作保留が発表された[9]。続編へのアイディアが無いことを理由に製作は未定とされている。なお、企画段階での続編は本作と同様の時間軸および撮影方法を採用し、別視点による作品展開となる予定であったとのこと。

続編ではないが、2016年に本作のタイトルと流れを受け継いだ『10 クローバーフィールド・レーン』が公開された。

aladygma(続編)[編集]

この作品の続編とも言われている『aladygma』という謎の項目が存在するが、具体的にどんな関係性があるのかは不明。

ゴジラとの関連[編集]

各国レイティング[編集]

Blu-ray・DVD[編集]

2008年9月5日、パラマウント ジャパンよりDVD版リリース。また2008年12月5日にはBlu-ray Disc版リリース。

ノベライズ『クローバーフィールド - HAKAISHA』[編集]

ドリュー・ゴダード著、入間眞訳、竹書房文庫(竹書房、2008年4月)ISBN 978-4-81243436-9

ノベライズ版では事件後に回収された映像がアメリカ国防省職員により閲覧・保存される作業が描かれ、本編もそれら「回収されたいくつかの映像の一つ」という扱いで展開される。シーンごとに撮影者の一人称で物語が描かれるため、映画版では分からなかった登場人物の心情なども細かく描かれている。カバーの裏にはJ・J・エイブラムスから日本のファンへのプレゼントとして、劇中で登場するモンスターの全身が描かれたイメージが掲載されている。これは日本のみで公開されたもので、国外版では見る事はできない。

漫画『クローバーフィールド/KISHIN』[編集]

ウェブコミック形式で角川書店(web KADOKAWA)から全4話配信した。コミック版での舞台は日本で、男子高校生が主人公となっている。また、映画と違い、このコミック版での謎は比較的明確な形で回収されている。ちなみに同映画がコミカライズされているのは日本のみである。

あらすじ[編集]

自分に自信が持てず、クラスメイトからいじめを受ける男子高校生・相葉キシン。そんな中、ある巨大生物の襲来から、キシンは大きな事件に巻き込まれ、自分に隠された真実を知る。

登場人物[編集]

相葉 キシン(あいば キシン)
漫画版の主人公。高校生で、自分に自信を持てない事からクラスメイトの男子3人からいじめを受けているが、クラスメイトの笹原アイコに支えられていく。
自分のことを何より愛してくれる母親のユウコが大好きだったが、幼少の頃に事故で亡くしてしまう。それ以来、母の写真を離さずに持ち歩いてる。母を亡くしてからは、有名企業タグルアト社員の父親と2人暮らしだが、父は多忙ゆえ、留守にしていることが多く、あまり相手にされていなかった。
中盤でかつて母が属していたある狂気じみた団体に拉致され、自身が東京に襲来した巨大生物を制御できる種・ポッドを植え付けられていた事を知る。父に救出された時に母の死の真相を知り、「世界から自分の存在価値を否定された」と思い込み、自暴自棄となって巨大生物を操る力を利用し、これまで自分をいじめてきたクラスメイトへの復讐を企む。
笹原 アイコ(ささはら アイコ)
漫画版のヒロイン。キシンのクラスメイトの女子。勝ち気な性格でいじめられるキシンを影で助け、叱咤していく良き理解者。
幼少の頃、大好きだった父を失ってから母が男遊びに溺れ、家庭で邪魔者扱いされるようになった。父を亡くして以来は父の形見の指輪を身に付けている。実はねずみが苦手。
相葉 ユウコ(あいば ユウコ)
キシンの母親。故人。周囲には何故か気味悪がられていたが、誰よりも息子を愛し、可愛がっていた。
実はある狂気じみた団体の一人で、タグルアト社で厳重保管されていたポッドを奪い、それを生まれたばかりのキシンに植え付けた後、ダグルアトに殺されてしまうが、表向きでは事故死になっていた。
キシンの父(本名不明)
キシンの父親。タグルアト社員。
実はタグルアト社の裏の顔である研究機関の研究員の一人。過去にユウコと結ばれるも、タグルアト社で厳重保管されていたポッドを彼女に奪われ、そのせいで妻を失い、ポッドを植え付けられた息子のキシンに対して冷たくしていたものの、キシンが描いてくれた自分の絵を目立つ場所に飾り、誰よりもキシンのことを大事に思っていた。
団体に拉致されたキシンを救出し、真実を語ると同時に自身を道連れに「向こうで家族3人幸せになろう」と心に秘めつつ、キシンと共に爆死したと思われたが、キシンは生存してしまう。
いじめグループ
キシンのクラスメイトの3人組。メンバー個人の名前は不明。よくキシンをいじめるも、アイコに邪魔されることがある。
終盤で自暴自棄となって巨大生物を操る力を利用し、復讐を企むキシンの攻撃を受け、これまでの報いを受けることになった。

漫画版スタッフ[編集]

  • 漫画:東川祥樹
  • 発行者:井上伸一郎
  • 発行:株式会社角川書店
  • プロデュース:J・J・エイブラムス、ブライアン・パーク
  • ストーリー編集:デヴィッド・バロノフ
  • 原案・脚本:デヴィッド・バロノフ、マシュー・ピッツ、ニコール・フィリップス

書誌情報[編集]

東川祥樹著、角川コミックス・エース(角川グループパブリッシング、2008年8月26日)ISBN 978-4047150591

脚注[編集]

関連項目[編集]

類似作品[編集]

クラーケンフィールド HAKAISHIN
タイトル及びDVDのパッケージデザインを模倣した作品。但し内容はがらりと異なる。
ボインフィールド PAFUPAFU
本作のパロディーアダルト作品。

外部リンク[編集]