インディー・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インディー・ロック
Indie rock
様式的起源 オルタナティヴ・ロック
ポストパンク / ニュー・ウェーヴ
ガレージ・ロック
文化的起源 1970年代末、イギリスアメリカ
使用楽器 ギター - ベース - ドラム - キーボード
サブジャンル
インディー・ポップ - ギターポップ - バロック・ポップ
ポストロック - マスロック - C86
マッドチェスター
ドリーム・ポップ - ノイズポップ - シューゲイザー
ジャングル・ポップ - Lo-Fi - パワー・ポップ
ポスト・ハードコア - エモ
グランジ
ポストパンク・リバイバル
ガレージロック・リバイバル
サッドコア
地域的なスタイル
世界の多くの国で多様なスタイルがみられる。

インディー・ロック (Indie rock) 、正式名称インディペンデント・ロックIndependent rock)は、オルタナティヴ・ロックの元になる流れを作ったロックの形態の一種である。

概要[編集]

反産業ロック、アンチ・コーポレートロックとしてのオルタナティヴやインディーという考え方は、1970年代の末から発生していた。 70年代末のイギリスをルーツとしており、流行からはかけ離れた、個性的な音楽性をもったアーティストや音楽を指して使われる言葉である。ムーヴメント発生当時は、ポピュラー音楽や産業ロックを好む音楽ファンにとっては、その音楽性を理解されなかった。

1980年代のアメリカでは、大学のカレッジ・ラジオと呼ばれるコミュニティFM局で、R.E.M.、U2などが大流行した。そのため、別名「カレッジ・ロック(大学のロック)」と呼ばれることもある[1]

詳細[編集]

70年代末から、多くのインディー・ロックバンドは、たとえ人気が出たとしても、敢えてメジャーレーベルと契約を結ばずに、インディーズレーベルでの活動を貫いてきた。ただクラッシュ(エピック)やディーヴォ(ワーナー)[2]のようにメジャー・レーバルから発表されながらも、インディーズ・スピリットを感じさせるバンドも存在していた。

1990年代初頭になって、一部のインディー・ロックバンドが、メジャーレーベルと契約を結び成功を収めるようになってきた。一方、多くのバンドはライブハウスなどを中心に独自の音楽活動を続けている。

歴史[編集]

戦前から1960年代:前史[編集]

インディー・レーバル自体は、戦前から存在していた。ただロックの誕生が50年代なので、インデペンデントなロックの誕生の50年代からとなる。50年代のサン・レコードや60年代のエレクトラ、アイランド、イミディエイトなどもインディーズのロックを多数発表した。ただ、当ページに記載するのは、70年代末以降の、よりラジカルでアンダーグラウンドなシーンに属するロックについてである。

1970年代末:イギリス[編集]

70年代後半に起きたパンクの大爆発の後、70年代末にはラフ・トレードなどのインディー・レーベルを中心にインディー・ロック、オルタナティヴ・ロックの動きが出てきた。

1980年代:カレッジ・ラジオ/CMJ[編集]

1980年代初頭、アメリカでは大学のカレッジラジオで取り上げられていたREMなどの音楽シーンの主流から外れたバンドが活躍しており、この潮流がオルタナティヴ・ロック[3]を形成していった。イギリスではマンチェスターにて、ザ・スミスストーン・ローゼズ[4]などのバンドが登場した。彼らはセールスや名声よりも自由な音楽作りを求め続け、常に斬新なサウンドを発表、ロックの歴史にその名を刻んだ。ザ・スミスは、「80年代で最も偉大なバンド」として讃えられるようになる。

1990年代:グランジ[編集]

1990年代、アメリカではニルヴァーナ[5]やマッドハニー、ダイナソー・Jr.、サウンド・ガーデンなどのグランジ・バンドが、インディーからアルバム・チャートにクロスオーバーしていった(参照:グランジ)。90年代には、ブリット・ロック・ムーブメントもイギリスで発生した。オアシスブラーなどのバンドが登場する。特に、労働者階級出身だったオアシスは、若者の気持ちを等身大で歌い、若者たちから支持を得た。労働者ポーズのブラーは中流階級出身だった。その後も、レディオヘッド(中流出身)などが世界的成功を収めていき、80年代のコーポレート・ロック主流の全米トップ40に対して、インディー・ロックの進出が目立つようになってきた。

2000年以降[編集]

80年代、90年代から徐々に見られた現象だが、2000年代以降にはR&BHIPHOPが音楽シーンを席巻するようになり、さらにロックの勢いが失われてくる。そこに登場したのが、ザ・ストロークスザ・リバティーンズを始めとする、新鋭インディー・ロック勢である。彼等の影響で、音楽シーンにて、「ガレージロック・リバイバル[6]と名付けられたロック復権の動きが起こった。

その後も、80年代のニューウェーヴポストパンクから影響を受けた、アークティック・モンキーズフランツ・フェルディナンドの登場によって、インディー・ロックが盛り上がりを見せるようになる。

サウンドとファッション[編集]

1990年代以降になると、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどのノイジーなギターサウンドを鳴らすバンドの一部は「シューゲイザー」、ペイヴメントなどのバンドは「ローファイ」、ベル・アンド・セバスチャンなどのアコースティックサウンドを鳴らすバンドの一部は「トゥイー・ポップ」、モグワイなどは「ポストロック」、フガジなどのバンドは「ポスト・ハードコア」など、インディー・ロックには、さまざまなジャンルが登場した。

一部のインディー・ロックバンドとそのファンの、流行からかけ離れた個性的なファッションは、それらを理解できない人々からは冷めた目で見られることも多い[7]

インディー・ロックのアーティスト[編集]

インディー・ロックと扱われ得る日本国内のバンドについては、

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]