サウンドガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サウンドガーデン
Soundgarden
SG Oakland 2013.jpg
USA.オークランド公演 (2013年2月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州 シアトル
ジャンル グランジ[1][2][3][4]
ヘヴィメタル[2][3]
オルタナティヴ・メタル[1][2][3]
オルタナティヴ・ロック[1][2][3]
ハードロック[4]
活動期間 1984年 - 1997年
2010年 - 現在
レーベル サブ・ポップ
SSTレコード
A&Mレコード
リパブリック・レコード
共同作業者 テンプル・オブ・ザ・ドッグトゥルーリーオーディオスレイヴパール・ジャム
公式サイト www.soundgardenworld.com
メンバー キム・セイル (G)
ベン・シェパード (B)
マット・キャメロン (Ds)
旧メンバー クリス・コーネル (Vo/G)
ほか別記参照
バンド初期のロゴ

サウンドガーデン (Soundgarden) は、アメリカ合衆国出身のロックバンド

1980年代からオルタナティヴ・メタルを先駆け、1990年代グランジ・ムーブメントを牽引した代表的グループの一つとして知られる。

1997年に解散するが、2010年に活動を再開。

アルバム総売り上げ2,100万枚以上。1995年度『グラミー賞』受賞[5]

概要[編集]

1990年代初頭にブームとなるグランジの先駆けとされ、激しいギターサウンド、重低音の利いたベースドラムリズム隊、そして高音、低音とを使い分けるヴォーカルが特徴。彼らが楽曲に取り入れたドロップDチューニングによる旋律的重音リフは1990年代のグランジ、オルタナティブもギタリストに多大な影響を与えた。ニルヴァーナカート・コバーンにも「こんな奴等にかなうわけがない」と絶賛されていた。

略歴[編集]

創始者の一人 クリス・コーネル (2007年)
発表直後に「大学に戻るため長期的なツアーには参加できない」ことを理由にヒロ・ヤマモトが脱退。友好的な脱退とされる。
サポートベースとしてジェイソン・エヴァーマン (Jason Everman) が参加し、「Louder Than Love」ツアーを続行。
再結成ライブ (2010年8月)
  • 2009年3月25日シアトルにて1夜限りの再結成を果たす。
    • レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロがジャスティス・ツアーのシアトル公演にてサプライズ出演した。ただしクリス・コーネルは不参加で、クリスの代わりにタッド・ドイルがシンガーとして参加。そのためタッド・ガーデンと名乗った。
    • 「Hunted Down」「Nothing to Say」「Spoonman」の順で演奏し、「Spoonman」ではトム・モレロがバックギターとして参加した。
復帰後のクリス・コーネル (2012年)
  • 2010年1月2日、クリス、キム、マット、ベンのメンバーでの再結成の可能性が浮上する。
    • クリス・コーネルとサウンドガーデンのオフィシャルに「12年振りに古巣に戻りセッションを行った」というコメントが出て、サウンドガーデンのサイトでメーリングリスト募集が開始される。
  • 2010年3月2日、サブポップで発売された第一弾7インチアナログ「Hunted Down」の再発日が4月17日に決まる。オリジナルは青い盤でジャケットは無かったが今回はオレンジの盤でジャケットはサウンドガーデン結成時のクリスとキムの写真が採用される。
  • 2010年4月16日、シアトルにおいて、NUDEDRAGONS(SOUNDGARDENのアナグラム)名で再結成後初のショーを行う。18曲ほど演奏した。
  • 2010年4月17日、「Hunted Down」7インチアナログ再発。この日、オフィシャルサイトでTシャツの販売が開始される。
  • 2010年8月8日、米シカゴで開催される同国最大の音楽フェスティバル、ロラパルーザにおいてヘッドライナーとして出演。
  • 2010年10月28日、コンピレーションアルバム『Telephantasm』リリース。
  • 2011年3月22日、ライブアルバム『Live on I5』リリース。
  • 2012年11月12日、6thアルバム『King Animal 』リリース。
  • 2017年5月17日、オリジナルメンバーであったクリス・コーネルがバンドのデトロイトでのライブ終了後に自殺。52歳没[7]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

ワシントン州シアトル出身。
解散期間中、ゲストミュージシャンとして、亜矢のデビューアルバムにマット・キャメロンと共に参加。2004年フー・ファイターズデイヴ・グロールのプロジェクト、Probotに参加。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第100位、2011年の改訂版では削除された。
沖縄出身。
1993年にソロ・プロジェクトを開始。解散後はマーク・ラネガンのアルバムに参加するなどの活動を行った。
カリフォルニア州サンディエゴ出身。元スキン・ヤード
2010年の再結成後はパール・ジャムとの掛け持ち。

旧メンバー[編集]

ワシントン州シアトル出身。2017年5月自殺。
サウンドガーデン解散後は、ソロ活動を経て、元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのメンバーと共にオーディオスレイヴとして活動していたが、2007年2月に脱退。
オリジナルメンバーだったが、1989年にアルバム『ラウダー・ザン・ラヴ - Louder Than Love - 』発表後に脱退。
サウンドガーデン脱退後はトゥルーリーを結成。
マット・キャメロン加入以前の1986年から1987年にかけて在籍した。
ヒロ・ヤマモト脱退後、Louder Than Loveツアー中にベーシストとして加入。
ごく短期間ながらニルヴァーナにもギタリストとして在籍した。
サポートメンバー
  • マット・チェンバレン (Matt Chamberlain) - ドラムス (2014)
元パール・ジャム。2014年ツアーにおいて多忙のマット・キャメロンの代わりにドラムスを担当。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[8]
AUS
[9]
AUT
[10]
CAN
[11]
GER
[12]
NLD
[13]
NOR
[14]
NZ
[15]
SWI
[16]
UK
[17]
1988 Ultramega OK[18]
  • 発売日: 1988年10月31日
  • レーベル: SST
  • フォーマット: CD, LP, cassette
1989 Louder Than Love
  • 発売日: 1989年9月5日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, cassette
108
1991 Badmotorfinger
  • 発売日: 1991年10月8日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全米売上: 150万枚[19]
39 50 16 39
1994 Superunknown
  • 発売日: 1994年3月8日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全米売上: 379.4万枚[23]
1 1 19 2 13 11 5 1 3 4
  • US: 5× プラチナ[20]
  • AUS: 2× プラチナ[24]
  • CAN: 3× プラチナ[21]
  • SWE: ゴールド[25]
  • UK: ゴールド[22]
1996 Down on the Upside
  • 発売日: 1996年5月21日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全米売上: 160万枚[26]
2 1 12 4 15 12 6 1 3 7
  • US: プラチナ[20]
  • AUS: プラチナ[27]
  • CAN: プラチナ[21]
  • UK: シルバー[22]
2012 King Animal 5 6 19 6 10 24 13 4 25 21
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

コンピレーションアルバム[編集]

  • スクリーミング・ライフ/フォップ - Screaming Life/Fopp (1990)
  • A-Sides (1997)
  • テレファンタズム - Telephantasm (2010)

ライブビデオ[編集]

  • ラウダー・ザン・ライヴ - LOUDER THAN LIVE (1990/国内盤1991)
  • モーターヴィジョン- MOTORVISION(1992/字幕付き国内盤1993)

ライブアルバム[編集]

  • Live On I5 (2011)

    

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Soundgarden - サウンドガーデン - キューブミュージック・2016年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d Soundgarden reviews, music, news - sputnikmusic・2016年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c d Soundgarden|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2016年8月25日閲覧。
  4. ^ a b “Soundgarden(サウンドガーデン)の情報”. Real Sound. http://realsound.jp/artist/name/soundgarden/ 2017年2月15日閲覧。 
  5. ^ サウンドガーデンBiography - UNIVERSAL MUSIC
  6. ^ Rock On The Net: 32nd Annual Grammy Awards - 1990 - 2014年9月4日閲覧
  7. ^ サウンドガーデンやオーディオスレイヴのクリス・コーネルが逝去。享年52歳 - NME JAPAN
  8. ^ Soundgarden – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年2月28日閲覧。
  9. ^ Discography Soundgarden”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  10. ^ Discographie Soundgarden”. 'austriancharts.at'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  11. ^ Peak chart positions for albums in Canada:
  12. ^ Chartverfolgung / Soundgarden / Longplay” (German). 'musicline.de'. PhonoNet. 2008年2月19日閲覧。
  13. ^ Discografie Soundgarden”. 'dutchcharts.nl'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  14. ^ Discography Soundgarden”. 'norwegiancharts.com'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  15. ^ Discography Soundgarden”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  16. ^ Discography Soundgarden”. 'swedishcharts.com'. Hung Medien. 2008年2月19日閲覧。
  17. ^ Peak chart positions for albums in the United Kingdom:
  18. ^ Huey, Steve. “Ultramega OK – Soundgarden”. 'AllMusic'. Rovi Corporation. 2012年12月30日閲覧。
  19. ^ Twenty albums at 20”. The New York Daily Times. 2013年11月11日閲覧。
  20. ^ a b c American certifications – Soundgarden”. Recording Industry Association of America. 2012年12月12日閲覧。
  21. ^ a b c "Canadian certifications – Soundgarden". Music Canada. December 12, 2012閲覧. 
  22. ^ a b c Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "Soundgarden")”. British Phonographic Industry. 2012年12月12日閲覧。
  23. ^ Chart Watch: His & Hers #1s For Blake, Miranda”. Paul Grein. 2014年6月12日閲覧。
  24. ^ ARIA Charts – Accreditations”. Australian Recording Industry Association. 2008年4月6日閲覧。
  25. ^ "Guld- och Platinacertifikat − År 1987−1998" (PDF) (Swedish). IFPI Sweden. December 12, 2012閲覧. 
  26. ^ Peters, Mitchell (2012年11月9日). “Soundgarden on 'King Animal' and Why They Shouldn't Have Broken Up”. Billboard. 2012年11月12日閲覧。
  27. ^ ARIA Charts – Accreditations”. Australian Recording Industry Association. 2008年4月6日閲覧。
  28. ^ Caulfield, Keith. "One Direction Tops Billboard 200 Chart, 'Twilight' Debuts at No. 3". billboard.com. Nov 21, 2012.

外部リンク[編集]