テンプル・オブ・ザ・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプル・オブ・ザ・ドッグ
Temple of the Dog
Temple Of The Dog Logo1.png
バンドロゴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル
ジャンル オルタナティヴ・ロックグランジ
活動期間 1990年 - 1992年
レーベル A&M
共同作業者 マザー・ラヴ・ボーンサウンドガーデンパール・ジャムスキン・ヤード
メンバー クリス・コーネル
マイク・マクレディ
ストーン・ゴッサード
ジェフ・アメン
マット・キャメロン
エディ・ヴェダー

テンプル・オブ・ザ・ドッグ(Temple of the Dog)は、1990年シアトルで結成されたアメリカロックバンド。同年に死去したマザー・ラヴ・ボーンのフロントマンであるアンドリュー・ウッドを追悼するために結成された。

概要[編集]

テンプル・オブ・ザ・ドッグはサウンドガーデンのフロントマンであり、アンドリュー・ウッドのルームメイトであったクリス・コーネルを中心に活動開始した[1]。ウッドはコーネルがライヴツアーから帰ってきた1990年3月19日に、ヘロインオーバードースにより24歳で死去した[2]。数日後にコーネルはヨーロッパツアーに旅立ち、ウッドへのトリビュート・ソングを書き始めた[1]。コーネルはレコーディングを開始し、楽曲はサウンドガーデンの音楽と違い、スロウでメロディアスなサウンドに仕上がった。コーネルはマザー・ラヴ・ボーンのメンバーであったジェフ・アメンストーン・ゴッサードを誘いバンドを結成。その後もマット・キャメロンマイク・マクレディらが加入しバンドの原形が完成する。

唯一のアルバム『テンプル・オブ・ザ・ドッグ』は、A&Mレコードより1991年4月16日にリリースされた。後にパール・ジャムヴォーカリストとなるエディ・ヴェダーもバック・コーラスで参加した。アルバムは全米チャート5位、カナダで11位を記録。アメン、ゴッサード、マクレディ、ヴェダーはパール・ジャム、コーネルとキャメロンはサウンドガーデンの活動に専念するためテンプル・オブ・ザ・ドッグは活動を終了したが、その後も散発的に再結成ライヴを行っている。

メンバー[編集]

作品[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • "Hunger Strike"(1991年)
  • "Say Hello 2 Heaven" (1991年)
  • "Pushin Forward Back" (1991年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Turman, Katherine. "Life Rules." RIP. October 1991
  2. ^ Nicholls, Justin (1991年4月14日). “KISW 99.9 FM: Seattle, Radio Interview by Damon Stewart in The New Music Hour with Chris Cornell, Jeff Ament and Stone Gossard”. Fivehorizons.com. 2015年3月30日閲覧。