スキッド・ロウ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スキッド・ロウ
SKID ROW
Skid Row.jpg
2008年、テキサスのロックフェスにて
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州
ジャンル ヘヴィメタル
グラム・メタル(初期)
ハードロック
活動期間 1986年 - 1998年
2000年 - 現在
レーベル アトランティック
Skid Row Records(インディーズ
SPV GmbHドイツの旗
ビクターエンタテインメント日本の旗
MRI - Megaforce Recordsアメリカ合衆国の旗
UDR Musicドイツの旗
公式サイト Skid Row Official Site
メンバー デイブ・スネイク・セイボ(g)
スコッティ・ヒル(g)
レイチェル・ボラン(b)
ロブ・ハマースミス(ds)
旧メンバー セバスチャン・バック(vo)
ロブ・アフューソ(ds)
フィル・ヴァローン(ds)
チャーリー・ミルズ(ds)
デイヴ・ガラ(ds)
ジョニー・ソーリンガー(vo)
トニー・ハーネル(vo)
ジューダス・プリースト
ジミ・ヘンドリックス
ラッシュ
KISS
エアロスミス
セックス・ピストルズ
ラモーンズ

スキッド・ロウSKID ROW)は、アメリカニュー・ジャージーで1986年に結成されたヘヴィメタルバンドである。かつてゲイリー・ムーアが同名のバンドを率いて活動していたことがあるが、そのバンドとは無関係である。

経緯[編集]

スキッド・ロウは1986年に、ニュージャージー州トムズリヴァーで、ジョン・ボン・ジョヴィの幼馴染で、ボン・ジョヴィの前身となるバンド、ワイルド・ワンズのメンバーだったギタリストデイブ・スネイク・セイボと、ベーシストレイチェル・ボランを中心に結成された。後にギタリストのスコッティ・ヒルと、ドラマーロブ・アフューソが加わり、ボーカリストは元アンスラックスマット・ファローンからセバスチャン・バックに代わって、1987年に初期のラインナップが揃う。バンドはアメリカ東部やクラブでのショー等を通して活動し、ジョン・ボン・ジョヴィが運営するレーベル「New Jersey Underground」の協力を得てアトランティック・レコードから、プロダクターであるマイケル・ワグナー(オジー・オズボーンホワイトライオンエクストリームのサポートでも知られる)のサポートを受け、1989年にデビューした。

彼らのデビューアルバムであるスキッド・ロウ(Skid Row)は1989年1月にリリースし、アルバムはすぐにヒット。"18 And Life"、"Youth Gone Wild"、"I Remember You"がヒットシングル、に、アルバムは5Xプラチナムを獲得し6位に上る。しかし彼らは支援してくれたジョン・ボン・ジョヴィやリッチー・サンボラ、アンダーグラウンド・ミュージック社に多額の資金を払う事になった(後にリッチー・サンボラはスキッド・ロウに彼の受けた資金を返している)。同年に初来日公演を行い、翌年に大晦日のイベント『FINAL COUNTDOWN』に出演した。

その後、バンドはワグナーと共にスタジオ入りし、新アルバムの為のレコーディングをする。1991年に2ndアルバム スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド(Slave To The Grind)をリリース。全米No1を獲得し、2度目の来日公演を行った。

1995年、3rdアルバムサブヒューマン・レース(Subhuman Race)をリリースし、3度目の来日公演を行った。

1998年にセバスチャンと他のメンバーが、キッスのサポートに関して対立し脱退、そしてバンドも事実上解散。2000年には、新たなシンガー、ジョニー・ソーリンガーを迎え、再結成した。ドラマーは何度か交代し2010年にロブ・ハマースミスが加入、現在に至る。

2003年、4thアルバムシックスキン(Thickskin)、2006年に5thアルバム、レヴォリューション・パー・ミニット (Revolutions Per Minute)をリリース。

2013年に3部作EP第1弾United World Rebellion Chapter Oneをリリース。

2014年4月14日に19年ぶり・4度目の来日公演を東京TsutayaO-Eastで行った。8月に3部作EP第2弾Rise of the Damnation Army -United World Rebellion Chapter Twoをリリース。

2015年4月6日、ジョニー・ソーリンガーがソロ活動に専念するため脱退[1]。後任に元TNTのトニー・ハーネルが加入[1]するも、同年12月末に脱退[2]。発表時点で後任のボーカリストは発表されておらず、2016年2月に行われたライブでは、代役としてタンク及び元ドラゴンフォースのボーカルであるZPサートが務めた[3]

現メンバー[編集]

  • デイヴ・スネイク・セイボ - Dave "The Snake" Sabo(g)
  • スコッティ・ヒル - Scotti Hill(g)
  • レイチェル・ボラン - Rachel Bolan(b)
  • ロブ・ハマースミス - Rob Hammersmith (ds)

元メンバー[編集]

  • セバスチャン・バック - Sebastian Bach(vo)
  • ロブ・アフューソ - Rob Affuso(ds)
  • フィル・ヴァローン - Phil Varone (ds)
  • チャーリー・ミルズ - Chrlie Mills(ds)
  • デイヴ・ガラ - Dave Gala (ds)
  • ジョニー・ソーリンガー - Johnny Solinger(Vo)
  • トニー・ハーネル - Tony Harnell(vo)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

ライヴアルバム[編集]

EP[編集]

ベストアルバム[編集]

来日公演[編集]

  • 1989年

7月17日 愛知・瀬戸市文化センター、18日 大阪・厚生年金会館大ホール、19/20/22/23日 東京・NHKホール、24日 神奈川・CLUB CITTA'川崎

  • 1990年

12月31日 東京・東京ドーム(FINAL COUNTDOWN '90)

(他出演:ボン・ジョヴィ、シンデレラ、クワイアボーイズ)

  • 1991年

9月30日 神奈川・横浜アリーナ、10月2/3/4日 東京・代々木オリンピックプール 6日 愛知・レインボーホール、7/8日 大阪・大阪城ホール、11日 広島・メルパルクホール広島、12日 福岡・九州厚生年金会館、14日 埼玉・大宮ソニックシティ、15日 宮城・宮城県民会館

  • 1992年

9月30日 仙台・サンプラザホール、10月1日 埼玉・川口文化センター、2日 神奈川・横浜文化体育館、3日 愛知・名古屋市公会堂、5日 大阪・大阪城ホール、7/8日 東京・日本武道館

  • 1995年

6月14日 北海道・札幌月寒ドーム、16日 岩手・岩手県民会館大ホール、17日 秋田・秋田市民文化会館、19日 仙台・サンプラザホール、21日 神奈川・横浜文化体育館、23/24日 東京・中野サンプラザ、25日 千葉・東京ベイNKホール、27日 埼玉・川口リリアメインホール、28日 東京・東京厚生年金会館大ホール、30日 福岡・九州厚生年金会館、10月1日 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第1ホール、3日 広島・広島郵便貯金ホール、5/6日 大阪・大阪厚生年金会館大ホール、7日 愛知・センチュリーホール

6月25日の公演の模様はWOWOWで生放送された。

  • 2014年

4月14日 TSUTAYA O-EAST

19年ぶりの来日公演。セバスチャンバックからジョニー・ソーリンガーに交代から初の来日公演となった。

サポートアクトとしてANTHEMが出演した。

出典[編集]

外部リンク[編集]