デイヴ・セイボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴ・"ザ・スネイク"・セイボ
出生名 David Michael Sabo
生誕 1964年9月16日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州
ジャンル ハード・ロック
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
ソングライター
レーベル アイランド・レコード
共同作業者 スキッド・ロウ
ボン・ジョヴィ
クリスト・オブ・コンクラー
テンプレートを表示

デイヴ・"ザ・スネイク"・セイボ(Dave "The Snake" Sabo, 本名:David Michael Sabo, デイヴィッド・マイケル・セイボ)は、ロックバンドスキッド・ロウギタリスト

ニックネームであるザ・スネイクは、彼が12歳の頃に幼なじみのジョン・ボン・ジョヴィが、彼の長髪をからかっていった事から由来している。

経歴[編集]

1964年9月16日ニュージャージー州パースアンボイで生まれ、セーアビルで育つ。家の前の通りにはジョン・ボン・ジョヴィも住んでおり、彼らは幼なじみだった。彼の母親のドロシーは、彼と彼の兄弟を一人で育てた。

彼は当時流行していたキッスエアロスミスジューダス・プリーストブラック・サバスローリング・ストーンズヴァン・ヘイレンなどを好んで聴き、彼が14歳のときに母親から40ドルのギターを買ってもらう。

後に彼は、初期のボン・ジョヴィ及び前身のワイルド・ワンズで初代ギタリストとして活動していたが、ファースト・アルバム発表前にリッチー・サンボラに追い出される形で脱退。

その後ベーシストレイチェル・ボランらとスキッド・ロウを結成、ヴォーカルセバスチャン・バックなどを迎え活動を開始。ボン・ジョヴィの支援や、エアロスミス等のツアー・サポートもありデビュー前から注目され、1989年のファースト・アルバムのリリース後にすぐに人気を集める。グランジ勢がヘヴィメタル勢に変わるまではかなりのヒットをおさめていたが、時代の変化に徐々についていけなくなり商業的に低迷、さらにセバスチャン・バックが脱退し、一時解散状態になる。その後、ジョニー・ソーリンガーが加入し活動再開。現在のヴォーカリストは元TNTのトニー・ハーネル。

現在彼はスキッド・ロウの活動をしながら、映画用の作曲等も務めている。