東京ベイNKホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京ベイNKホール
Tokyo Bay NK Hall
Tokyo Bay NK Hall.jpg
旧東京ベイNKホール(2012年)
情報
通称 NKホール
完成 1988年6月
開館 1988年11月30日
開館公演 松任谷由実
「Delight Slight Light KISS」
閉館 2005年7月10日
最終公演 w-inds.
「LIVE TOUR 2005 "ageha"」
収容人員 6,300 - 8,000人
客席数 6,269席(通常時)
延床面積 13,100m²
設備 移動式スタンド等
用途 コンサート、スポーツ、集会等
運営 日本火災海上保険第一生命保険
所在地 千葉県浦安市舞浜1-8
アクセス ディズニーリゾートライン
ベイサイド・ステーション駅下車

東京ベイNKホール(とうきょうベイエヌケイホール、Tokyo Bay NK Hall)は、1988年開業のコンサートホール千葉県浦安市に所在した。2005年に閉館。

概要[編集]

オープンは1988年(昭和63年)。名称の"NK"は、当時の日本火災海上保険(Nihon Kasai、現・損害保険ジャパン日本興亜)が所有していた事によるが、その後、運営は第一生命保険に引き継がれた。客席数は全て固定席の場合で6,269席だったが、ホールとして使用される際はスタンディング席となる事が多く、その場合、東京周辺ではZepp Tokyoを越える最大級の収容人数だった[要出典]

主として、音楽関連のコンサートや舞台演劇格闘技などのスポーツに幅広く利用されていた。1992年から2003年までは『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系列)、2001年から2004年までは『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト』(日本テレビ系列)の開催地として、また、2001年から2003年までは『クリスマスの約束』(TBS)の収録会場としても使用された[要出典]

しかし、所有者だった第一生命保険の経営合理化策の一環として、2005年7月10日に行われたw-inds.のライブ公演をもって閉鎖[要出典]。閉鎖後も施設は取り壊されず、2011年6月12日には東日本大震災のチャリティイベントとして「千葉県震災復興フェア」が跡地内で開催されたほか[1]、温泉掘削の申請も行われたものの許可に至らなかった[2]

2013年12月24日、当施設が所在する東京ディズニーリゾートの運営母体・オリエンタルランドが当施設とその周辺の土地を約93.19億円で取得[3]。2016年までに解体されることが決定した[4]

主な実績[編集]

同会場から放送 / 収録されたテレビ番組[編集]

など

同会場で解散公演を行ったグループ・バンド[編集]

  • CoCo(1994年8月21日、ラストツアー「CoCo夏'94 CoCo was CoCo made」最終日)[要出典]
  • DIE IN CRIES(1995年7月2日、LAST LIVE)[要出典]
  • チェキッ娘(1999年11月3日、卒業ライブ)[要出典]
  • 聖飢魔II(1999年12月31日。「THE ULTIMATE BLACK MASS」と題し、地球征服完了をもって公約通り解散した)[要出典]
  • FANATIC◇CRISIS(2005年5月14日 LAST LIVE。解散発表後の全国ツアーはファンクラブ会員限定。発表後の一般向けライブは、この日が最初で最後であった)[要出典]

など

格闘技興行[編集]

その他[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 06/03: 震災復興祈念プロジェクト第2弾!! 社団法人 浦安観光コンベンション協会
  2. ^ 平成16年度第2回千葉県環境審議会温泉部会の審議結果のお知らせ
  3. ^ “旧NKホール取得 OLC”. 千葉日報(千葉日報社). (2013年12月25日)
  4. ^ OLC、旧NKホールの土地など93億円で取得へ=第一生命から”. 時事通信社 (2013年12月24日). 2013年12月24日閲覧。[リンク切れ]