セバスチャン・バック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セバスチャン・バック
Sebastian Bach
Sebastion Bach 2012.jpg
セバスチャン・バック (2012年3月1日)
基本情報
出生名 Sebastian Philip Bierk
別名 バズ
生誕 (1968-04-03) 1968年4月3日(52歳)
バハマの旗 バハマ グランド・バハマ島 フリーポート
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州 ピーターボロ
ジャンル ハードロック
ヘヴィ・メタル
グラムメタル
プログレッシヴメタル
カントリー
職業 歌手俳優
担当楽器
活動期間 1985年 -
共同作業者 スキッド・ロウ
公式サイト sebastianbach.com

セバスチャン・バック(Sebastian Bach1968年4月3日-) はバハマ生まれの元スキッド・ロウヴォーカルで、ソロのヘヴィメタルミュージシャンと俳優業で並行活動中。通称バズ。

声域は広く、掠れた声で歌い上げるシャウトから囁くような歌い方など、多彩な表現力を持つ。 身長193cmほどの長身に端正な顔立ちで、日本での人気も高く当初はヘヴィメタルシンガーとしてよりアイドル要素の強い傾向にあったが、現在はロックシンガーとして再認識されているようである。

キッスの大ファンとして知られ、1996年のキッス再結成ツアーの際、彼等のサポートを勤めるか否かでメンバーと揉め、壮絶な舌戦(セバスチャンが一方的に捲くし立てた形でもある)の末にスキッド・ロウを脱退した。

ジューダス・プリーストにも影響を受けていて、テレビの音楽番組にてDelivering the goodsをロブ・ハルフォードと共に披露した。

アクセル・ローズと親交があり、新生ガンズ・アンド・ローゼスのツアー中にアクセルの声が出なくなったときに、バックが自分のボイストレーナーを急遽紹介して無事乗り切ったというエピソードがある。また、ガンズ・アンド・ローゼスの2006年のツアーに帯同。うち20公演にゲスト参加して"My Michelle"などをデュエットしたり、イギリスでの公演中に声が出なくなったアクセルの代わりに、クライマックスの"Nightrain"や"Paradise City"を歌ったこともある。アクセルもセバスチャンのアルバム『Angel Down』の収録曲中3曲にゲスト参加した。

BURRN!誌に於いてコラム「FEEDBACH」を連載していた事もあった。

父親は画家のデイビット・バーク(カナダの有名な画家)。息子の所属するバンドのスキッド・ロウのセカンド・アルバム『SLAVE TO THE GRIND』及びセバスチャンのアルバム『Angel Down』のアートワークをデザインした。

妻マリア(現在は離婚)との間に息子2人(パリス(ドラマーとして活動中)、ロンドン)娘1人(セバスティアナ・2007年誕生)を儲けたが2010年に離婚した。 2011年にハリケーン・アイリーンによりニュージャージー州ミドルタウンの自宅を失い、スーツケースに荷物を詰めて、知人の家を転々とする生活をしていた時期もあったが、2015年に再婚をして、現在はLAに在住している。

来歴[編集]

  • バハマのフリーポートで生まれ、その後カナダに移住。幼少時は教会の聖歌隊で歌う。
  • 両親は12歳のときに離婚している。
  • 1981 オーディションでKID WIKKIDに参加
  • 1986 MADAM Xに参加
  • 1987 SKID ROWに加入
  • 1989 1ST ALBUM『SKID ROW』発売

    初来日公演

  • 1991 GUNS N' ROSESの前座として全米ツアー

    2nd ALBUM 『SLAVE TO THE GRIND』発売(全米登場1位)

  • 1995 3rd ALBUM 『SUBHUMAN RACE』発売
  • 1996 SKID ROWを脱退、個人活動および新バンドTHE LAST HARD MENを始動
  • 1998 ライヴ盤『BRING 'EM BACH ALIVE!』リリース
  • 1999 合州国巡演
  • 2000 ブロードウェイミュージカルで活躍。『ロッキー・ホラー・ショウ』、『ジキル&ハイド』に出演
  • 2001 カバーアルバム『BACH 2: BASICS』とTHE LAST HARD MENでのアルバムをリリース
  • 2002 自らのホスト番組「FOREVER WILD」OA開始(全13回) DVD「FOREVER WILD」リリース

    『ジーザス・クライスト・スーパースター』に出演(2003途中降板)

  • 2003 シンガーを探していたVELVET REVOLVER(GUNS N' ROSESのスラッシュダフ・マッケイガンのバンド)とスタジオ録音(しかし加入には至らず、シンガーはスコット・ウェイランドに決まった。スラッシュ曰く「SKID ROSES」のようになってしまったから。)
  • 2004 『ジキル&ハイド』再演 

    Gilmore Girls (CW TV)にロックミュージシャン役で出演(~2007)
    FRAMESHIFTの2nd ALBUMに参加

  • 2006 GUNS N' ROSESのニューヨークでの4公演に飛び入り
  • 2007 『ANGEL DOWN』リリース

    "Back in the Saddle"(AEROSMITH)のカバーを聞いたジョーイ・クレイマー(AEROSMITH)から新バンド結成を打診されるも実現せず)。

  • 2008 ANGEL DOWNツアー 5月~6月 ヨーロッパツアー
  • 2009 カナダ公演 (w/BIG & RICH)

 12月 ヨーロッパツアー (w/アリス・クーパー)。フィンランド公演にマイケル・モンロー(HANOI ROCKS)飛入り

  • 2010 1~2月 ヨーロッパ、カナダ、US、ロシア、南米ツアー (w/ GUNS N' ROSES)
  • 2011 『KICKING & SCREAMING』リリース
  • 2012 LOUD PARK 12 で来日公演

HALESTORMのメンバーがステージに飛び入り参加。50分の持ち時間終了後、係員の制止を振り切り、アンコールを敢行。

  • 2014 『Give 'Em Hell』リリース

来日公演[編集]

SKID ROW

1989年7月
1990年12月 COUNTDOWN LIVE (東京ドーム w/BON JOVI、CINDERELLA、THE QUIREBOYS)
1991年9月~10月
1992年9月~10月
1995年6月, 10月

ソロ名義

1998年8月 
2006年7月 UDO MUSIC FESTIVAL
2007年6月
2012年10月27日 LOUD PARK 12(さいたまスーパーアリーナ)

ディスコグラフィー[編集]

SKID ROW

  • Skid Row (1989)
  • Slave to the Grind (1991)
  • B-Side Ourselves (1992)
  • Subhuman Race (1995)
  • Subhuman Beings on Tour (1998)
  • 40 Seasons: THE BEST OF SKID ROW (1998) ベスト盤
  • Hi-Five (2005)

THE LAST HARD MEN

  • Scream サウンドトラック (1996)
  • The Last Hard Men (1997)

FRAMESHIFT

  • An Absense of Empathy (2005)

ソロ

  • ブリング・エム・バック・アライヴ! - Bring 'Em Bach Alive! (1999)
  • Bach 2: Basics (2001)
  • Finding My Way (2007)
  • エンジェル・ダウン - Angel Down (2007)
  • キッキング・アンド・スクリーミング - Kicking & Screaming (2011)
  • ギヴ・エム・ヘル - Give 'Em Hell (2014)

ゲスト参加

映像作品[編集]

  • Oh Say Can You Scream (1991) - SKID ROW
  • No Frills Video (1993) - SKID ROW
  • Road Kill (1993) - SKID ROW
  • Forever Wild (2004)
  • Road Rage (2008)
  • Battle With The Bottle (2008)

映画[編集]

舞台[編集]

  • Jekyll & Hyde(Dr. Henry JekyllとEdward Hydeの2役)(2000)
  • The Rocky Horror Show(Riff Raff役) (2001)
  • Jesus Christ Superstar(Jesus of Nazareth役 (2002-2003) プロデューサーと意見が合わず途中降板
  • Jekyll & Hyde (2004) ノースカロライナ州での再演

主なテレビ出演[編集]

  • Kiss Loves You (2004)
  • Point Doom (1999)
  • (Don't Fear) The Reaper (2001)
  • Gilmore Girls (2003-2007)
  • Trailer Park Boys (2007)
  • Celebrity Fit Club (2010) VH1

エピソード[編集]

  • スキッド・ロウ時代の曲のほとんどは、その権利を裁判でボン・ジョヴィジョン・ボン・ジョヴィが獲得している。
  • ロング・ランニングが趣味で、出先でもよく走っている。
  • 2011年8月のハリケーンでニュージャージーの自宅が壊滅。SKID ROW時代のマスターテープが失われた。
  • ギタリストのニック・スターリングを高く評価し、「キッキング・アンド・スクリーミング 」では多くの楽曲をスターリングが手掛けている。その後、2012年夏にスターリングはバンドを離脱した。

外部リンク[編集]