タンク (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンク
Tank
20170708 Ballenstedt RockHarz Tank 0111 Tank.jpg
Tucker/Evans Tank - ドイツ・バレンシュテット公演 (2017年7月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ヘヴィメタル
NWOBHM
活動期間 1980年 - 1989年
1997年 - 現在
レーベル Kamaflage
ミュージック・フォー・ネイションズ
GWR Records
Metal Mind Productions
Zoom Club Records
Southworld Recordings
公式サイト Tucker/Evans Tank
Algy Ward's Tank
メンバー (Tucker/Evans Tank)
ミック・タッカー (G)
クリフ・エヴァンス (G)
デヴィッド・リードマン (Vo)
バレンド・クルボワ (B)
ボビー・ショットコウスキ (Ds)
(Algy Ward's Tank)
アルジー・ワード (Vo/B)
旧メンバー ほか別記参照

タンクTank)は、イングランド出身のヘヴィメタルバンド

NWOBHMを代表する一角として1980年代に活動。「モーターヘッド」から支援を受け、弟分的存在であった。一度解散したが1997年に再結成し[1]2013年から2派に分裂している。

来歴[編集]

1980年、元ダムドのアルジー・ワード(Vo/B)と[2]、ピーター(G)、マーク(Ds)のブラブス兄弟により結成される。モーターヘッドのエディ・"ファスト"・クラークがプロデュースしたシングル「Don't Walk Away」でデビュー。モーターヘッドの弟分バンドとして人気を博した。

サード・アルバム『This Means War』(1983年)からはミック・タッカー(G)が加入して4人編成となり、より分厚いサウンドを披露。その後ブラブス兄弟が脱退するが、クリフ・エヴァンス(G)ら新メンバーを補充して『Honour And Blood』(1984年)『Tank』(1987年)を発表。しかしアルジーは、契約上の問題から活動を停止させた。

再始動〜分裂

アルジーは、1997年にタンクを再結成させライブツアーを再開。1999年8月に初来日、2002年には15年ぶりのスタジオ・アルバム『Still At War』を発表した。

2008年12月22日にアルジーの離脱と、ドゥギー・ホワイト(Vo)、クリス・ダール(B)が加入して5人編成となる。その後もメンバーの変遷を経て活動を続けている。

一方、離脱したアルジーは、設立メンバーである事を理由に、こちらもタンク名義で2013年にアルバムを発表。これにより、便宜上「Tucker/Evans Tank」「Algy Ward's Tank」と呼ばれる2派が存在する状態になっている。

UK.ウェールズ公演 (1982年)

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

Tucker/Evans Tank
  • ミック・タッカー Mick Tucker - ギター (1983–1989, 1997- ) 元ホワイトスピリット
  • クリフ・エヴァンス Cliff Evans – ギター (1984–1989, 1997– ) 元チキンシャック
  • デヴィッド・リードマン David Readman – ボーカル (2017) ピンク・クリーム69
  • バレンド・クルボワ Barend Courbois – ベース (2014– )
  • ボビー・ショットコウスキ Bobby Schottkowski – ドラムス (2014– ) 元ソドム
Algy Ward's Tank
  • アルジー・ワード (1980-1989, 1997-2008, 2013- ) - ボーカル/ベース

旧メンバー[編集]

  • ピーター・ブラブス Peter Brabbs – ギター (1980–1983) 元ヒーローズ
  • マーク・ブラブス Mark Brabbs – ドラムス (1980–1983) 元ヒーローズ
  • グラハム・クラーラン Graeme Crallan – ドラムス (1984) RIP.2008 元ホワイトスピリット
  • マイケル・ベッテル Michael Bettel – ドラムス (1985)
  • ゲイリー・テイラー Gary Taylor – ドラムス (1985–1989)
  • スティーブ・クラーク Steve Clarke – ドラムス (1989)
  • スティーブ・ホップグッド Steve Hopgood – ドラムス (1997–2001, 2012–2014) 元ペルシャン リスク
  • ブルース・ビスランド Bruce Bisland – ドラムス (2001–2007) 元スウィート

Tucker/Evans Tank

ディスコグラフィー[編集]

アルバム
  • Filth Hounds Of Hades - 激烈リフ軍団(1982年)
  • Power Of The Hunter - 反逆の戦士(1982年)
  • This Means War - ディス・ミーンズ・ウォー(1983年)
  • Honour And Blood - 血まみれの栄光(1984年)
  • Tank - タンク(1987年)
  • The Return Of The Filth Hounds Live(1998年・ライブアルバム)
  • War of Attrition (live'81) (2001年・ライブアルバム)
  • Still At War(2002年)
Tucker/Evans Tank名義
  • War Machine (2010)
  • War Nation (2012)
  • Valley of Tears (2015)
Algy Ward's Tank名義
  • Breath of the Pit (2013)
  • Sturmpanzer (2016)

脚注[編集]

  1. ^ SPIRITUAL BEAST - VIVID SOUND
  2. ^ MACHINE GUN ETIQUETTE - gray-metallic

外部リンク[編集]