エレクトロニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレクトロニック
Electronic
Electronic band.png
バーナード・サムナー(左)とジョニー・マー(右)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドマンチェスター
ジャンル シンセポップ
エレクトロ・ポップ
ハウス
メンバー バーナード・サムナー
ジョニー・マー
旧メンバー ニール・テナント
カール・バルトス
ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナント

エレクトロニック(Electronic)は、ニュー・オーダーのヴォーカルのバーナード・サムナーと元ザ・スミスのギタリストジョニー・マーからなるグループ。当時彼らが所属していたバンドは、共に作品のリリース間が長くなる傾向があったため、メインのバンドの活動休止期間の「オン/オフ」プロジェクトとして、時折、ゲストアーティストを迎えながらエレクトロニックとして活動していた。

多くのニュー・オーダーのサイドプロジェクトの中で、最も商業的に良好なものは、このエレクトロニックであった。彼らの最初のシングル『Getting Away With It』は、バッキング・ヴォーカルにペット・ショップ・ボーイズのニール・テナントを迎え、イギリスで最高12位、さらに1990年にアメリカでチャート入りを果たし、続くセルフタイトルのデビューLPは世界中で100万枚を売り上げた。しかしセカンドアルバムはおよそ10万枚のセールスにとどまるなど、バンドとしては決してニュー・オーダーやザ・スミス、ペット・ショップ・ボーイズに及ぶ程の人気を獲得することができなかった。

ディスコグラフィー[編集]

  • Electronic 『エレクトロニック』 (1991年) ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナントや元ABC、元ザ・ザのデビッド・パーマー、元Art of Noiseのアン・ダドリー等が参加
  • Raise The Pressure 『レイズ・ザ・プレッシャー』 (1996年) 元「クラフトワーク」のカール・バルトスや元ブラック・グレープのジェド・リンチ等が参加。
  • Twisted Tenderness 『トゥイステッド・テンダネス』 (1999年)
  • Best of Electronic 『ベスト・オブ・エレクトロニック』 (2006年)

参照[編集]