ノー・ウェイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノー・ウェイヴ
No wave
様式的起源 パンク・ロック、アヴァンギャルド、ノイズファンクジャズフリー・ジャズエクスペリメンタル・ロック
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
派生ジャンル アヴァン・ファンク、パンク・ジャズ
関連項目
アート・パンク、アヴァン・パンク、インダストリアルニュー・ウェイヴポストパンク
テンプレートを表示

ノー・ウェイヴNo wave) は、広義としては1970年代後半から1980年代前半にかけてニューヨークでおきたパフォーマンス・アート、コンテンポラリー・アート、ミュージック・アートや映画ビデオなどのメディア・アートから影響を受けたパンク・ロックサブカルチャーを称す。

ニュー・ウェイヴが世界の音楽シーンにおいて大きな勢力を持つ中、それを営利目的の商業主義だとして対抗するようにフリー・ジャズ実験音楽前衛音楽ノイズを演奏するバンドが出現し始めた。主にダウンタウンのアート・スペースで行われ、表現者のコンテンポラリー・アートと見受けられている。

名前の由来[編集]

1980年代中頃から商業主義的なアーティストが増えたニュー・ウェイヴ(New Wave)の文字を風刺してノー・ウェイヴ(No Wave)という言葉が作られたという説、ブライアン・イーノプロデュースした前衛パンクバンドのコンピレーション・アルバムノー・ニューヨーク』(1978年、Antilles Records)の音楽を、リディア・ランチがノー・ウェイヴと称した[1]という説などがある。また当時、ノー・ウェイヴの中心となっていたZEレコードの創立者、マイケル・エステバンは、自分が言い出したのではなくジャーナリストが言い出したと答えている[2]

主なノー・ウェイヴ・バンド[編集]

主なノー・ウェイヴ・アーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アフター・アワーズ #15 SPECIAL ISSUE』p.38
  2. ^ Strange Days magazine: interview with Michel Esteban, 2009 Archived 2011年2月14日, at WebCite (2010年12月11日閲覧)

関連項目[編集]