マーズ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークシティ
ジャンル ノー・ウェーブ
実験音楽
ポストパンク
ノイズロック
活動期間 1975年–1978年
レーベル Rebel Records
ZEレコード
Widowspeak
Atavistic (reissues)
G3G (reissues)
メンバー サムナー・クレーン
マーク・カニンガム
チャイナ・バーグ
ナンシー・アーレン
旧メンバー ルドルフ・グレイ

マーズ(Mars)は、1975年にサムナー・クレーンが中心となって結成された、アメリカ合衆国ノー・ウェーブバンド[1]1978年解散。

概要[編集]

活動当初はバンド名をチャイナとしていたが、1度ライブを行った後にマーズに改めた。曲調はアンビエント・ミュージックノイズ・ミュージックなどを混合させたもので、歌詞にシュルレアリストのものを取り入れたり、変則的なドラムパターンを用いるなど実験的な試みを行っていた。メンバー全員、マーズ結成前に音楽経験がないと言われている。

マーズはマンハッタンでライブを20回以上行った。最初のライブは1977年1月にCBGBで行われ、最後のライブは1978年12月にマクシズ・カンザス・シティen)で開催された。1979年か1980年にライブEPをリリースしたが、その一年前にバンド自体は解散した。

1978年に、マーズはブライアン・イーノがプロデュースしたコンピレーションアルバム『ノー・ニューヨーク』に、DNAティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスジェームズ・チャンス・アンド・ザ・コントーションズらと共に参加した。このアルバムはノー・ウェーブというジャンルが発生する重要なきっかけとなった[2]

1986年には、リディア・ランチのレーベルから、ライブ音源にをまとめたLP『78』が発売された(1996年に『78+』として再発)。このLPはフィータス(a.k.a. J. G. Thirlwell)の手によってリミックスを施されていたが、マーズのメンバーがこのリミックスに不満をもち、2003年にスペインのレコードレーベル、G3G と Spookysound から、新たにスタジオレコーディングがなされた音源が発売された[1]

ボーカルのクレーンは2003年4月15日に、悪性リンパ腫によって亡くなった。またドラムスのアーレンも、心臓手術後の2006年9月17日に亡くなった。

メンバー[3][編集]

  • サムナー・クレーン(Sumner Crane) - ボーカル
  • チャイナ・バーグ (China Burg) (Constance Burg; a.k.a Lucy Hamilton) - ギター、ボーカル
  • マーク・カニンガム (Mark Cunningham) - ベース
  • ナンシー・アーレン (Nancy Arlen) - ドラムス

元メンバー[編集]

  • ルドルフ・グレイ (Rudolph Grey) - ギター

ディスコグラフィー[編集]

シングル、アルバム[編集]

  • 3-E (b/w "11,000 Volts") - 7" (1978年、Rebel Records, RB 7802) (のちにZEレコードから12"で再発)
  • Mars - 12" EP (ライヴ盤), (1979,1980年、Lust/Unlust/Infidelity)
  • John Gavanti - LP (1980年、Hyrax) (AtavisticからCDとして再発) (featured Crane, Cunningham, Berg)
  • 78 - LP (1986年、Widowspeak)
  • Live Mars 77-78 - CD (1995年、DSA) (仏盤)
  • 78+ - CD (1996年、Atavistic)
  • Mars LP: The Complete Studio Recordings, NYC 1977-1978 - CD (2003年、G3G/Spookysound) (スペイン盤、限定盤) (Important、No Moreからそれぞれ再発)

コンピレーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2004 article about Mars & interview with M. Cunningham
  2. ^ Marc Masters, (2007) 『No Wave』 London, Black Dog Publishing, pp. 13-14
  3. ^ Marc Masters, (2007) 『No Wave』 London, Black Dog Publishing, pp. 42-46

外部リンク[編集]