マーズ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークシティ
ジャンル ノー・ウェーブ
実験音楽
ポストパンク
ノイズロック
活動期間 1975年–1978年
レーベル Rebel Records
ZEレコード
Widowspeak
Atavistic (reissues)
G3G (reissues)
メンバー サムナー・クレーン
マーク・カニンガム
チャイナ・バーグ
ナンシー・アーレン
旧メンバー ルドルフ・グレイ

マーズ(Mars)は、1975年にサムナー・クレーンが中心となって結成された、アメリカ合衆国ノー・ウェーブバンド[1]1978年解散。

概要[編集]

活動当初はバンド名をチャイナとしていたが、1度ライブを行った後にマーズに改めた。曲調はアンビエント・ミュージックノイズ・ミュージックなどを混合させたもので、歌詞にシュルレアリストのものを取り入れたり、変則的なドラムパターンを用いるなど実験的な試みを行っていた。メンバー全員、マーズ結成前に音楽経験がないと言われている。

マーズはマンハッタンでライブを20回以上行った。最初のライブは1977年1月にCBGBで行われ、最後のライブは1978年12月にマクシズ・カンザス・シティen)で開催された。1979年か1980年にライブEPをリリースしたが、その一年前にバンド自体は解散した。

1978年に、マーズはブライアン・イーノがプロデュースしたコンピレーションアルバム『ノー・ニューヨーク』に、DNAティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスジェームズ・チャンス・アンド・ザ・コントーションズらと共に参加した。このアルバムはノー・ウェーブというジャンルが発生する重要なきっかけとなった[2]

1986年には、リディア・ランチのレーベルから、ライブ音源にをまとめたLP『78』が発売された(1996年に『78+』として再発)。このLPはフィータス(a.k.a. J. G. Thirlwell)の手によってリミックスを施されていたが、マーズのメンバーがこのリミックスに不満をもち、2003年にスペインのレコードレーベル、G3G と Spookysound から、新たにスタジオレコーディングがなされた音源が発売された[1]

ボーカルのクレーンは2003年4月15日に、悪性リンパ腫によって亡くなった。またドラムスのアーレンも、心臓手術後の2006年9月17日に亡くなった。

メンバー[3][編集]

  • サムナー・クレーン(Sumner Crane) - ボーカル
  • チャイナ・バーグ (China Burg) (Constance Burg; a.k.a Lucy Hamilton) - ギター、ボーカル
  • マーク・カニンガム (Mark Cunningham) - ベース
  • ナンシー・アーレン (Nancy Arlen) - ドラムス

元メンバー[編集]

  • ルドルフ・グレイ (Rudolph Grey) - ギター

ディスコグラフィー[編集]

シングル、アルバム[編集]

  • 3-E (b/w "11,000 Volts") - 7" (1978年、Rebel Records, RB 7802) (のちにZEレコードから12"で再発)
  • Mars - 12" EP (ライヴ盤), (1979,1980年、Lust/Unlust/Infidelity)
  • John Gavanti - LP (1980年、Hyrax) (AtavisticからCDとして再発) (featured Crane, Cunningham, Berg)
  • 78 - LP (1986年、Widowspeak)
  • Live Mars 77-78 - CD (1995年、DSA) (仏盤)
  • 78+ - CD (1996年、Atavistic)
  • Mars LP: The Complete Studio Recordings, NYC 1977-1978 - CD (2003年、G3G/Spookysound) (スペイン盤、限定盤) (Important、No Moreからそれぞれ再発)

コンピレーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2004 article about Mars & interview with M. Cunningham
  2. ^ Marc Masters, (2007) 『No Wave』 London, Black Dog Publishing, pp. 13-14
  3. ^ Marc Masters, (2007) 『No Wave』 London, Black Dog Publishing, pp. 42-46

外部リンク[編集]