ポストパンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポストパンク
様式的起源 パンク・ロックグラムロックダブファンクレゲエクラウト・ロック実験音楽プロトパンク電子音楽
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギターベースドラムセットシンセサイザーキーボード電子楽器
派生ジャンル オルタナティヴ・ロックデスメタルゴシック・ロックインディー・ロック、ポストパンク・リバイバル、インダストリアルダンス・パンク
サブジャンル
ゴシック・ロック
関連項目
ポスト・ハードコア、インダストリアル、ニュー・ウェイヴノー・ウェーブ

ポストパンクPost-punk)は、1970年代の終わりから勃興した音楽ジャンルである。

概要[編集]

パンクの前身となるガレージ・ロック1960年代後半にアメリカ西海岸において発祥した。1970年代後半にはロンドンニューヨークを中心としたパンク・ロックとして、一大ムーブメントを巻き起こした。

ポストパンクとはパンク登場後に、その流れを受け継ぐように表面化してきた動きである。ポストパンクには実験音楽ダブファンクスカレゲエなど、様々な音楽ジャンルが含まれた[1]。ポストパンクは同時期に勃興していたニュー・ウェイヴと同一視される場合も多かった。主なバンドにはPIL、ポップ・グループらがいた。ニュー・ウェイヴは1980年代前半、アメリカ進出に成功し、ヒットを連発したことで1980年代中期には衰退していく。その音楽的特徴や精神性は1990年代におけるグランジへと受け継がれていくことになった。

詳細[編集]

それまでの旧態依然としたロックの否定を出発点としたロンドンパンクの流れをそのまま受け継いでいるため、レゲエファンクフリー・ジャズ、アラブやインド、アフリカなどの民族音楽を取り入れるなど音楽的挑戦に貪欲なバンドが多い。トーキング・ヘッズのように、ビートを強調したダンスミュージックを演奏するバンドもいた。

ポストパンクは同時期に勃興していたニュー・ウェイヴと同一視される場合も多く、敢えてニュー・ウェイヴと対比して言及される際は、ニュー・ウェイヴのアーティスト群の中でも比較的シンセサイザー色が薄く、ガレージ・ロックに似た鋭いギターの音を押し出しつつ内省的な雰囲気を内包したバンド群を指すことが多い。

ポストパンクのバンド一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ It Came From London: A Virtual Tour of Post-Punk's Roots”. Time Out London. 2017年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]