アート・リンゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アート・リンゼイ
Arto Lindsay
Arto lindsay 05N3601.jpg
アート・リンゼイ(2010年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州リッチモンド
ジャンル ノー・ウェーブ
パンク・ロック
ポストパンク
活動期間 1977年 -
レーベル ZEレコード
フォーライフ
avex trax
共同作業者 DNAラウンジ・リザーズアンビシャス・ラバーズ坂本龍一
公式サイト artolindsay.com

アート・リンゼイArto Lindsay1953年5月28日 - )は、アメリカ出身のギタリスト歌手プロデューサー作曲家

経歴[編集]

アメリカで生まれるが、父の仕事の都合で3歳の頃にブラジルに引っ越し、17歳まで過ごすことになる。ブラジルの生活の中で経験したブラジル音楽に非常に影響を受けたという。後に結成する事になるアンビシャス・ラバーズ等でもブラジル音楽の影響を受けている事が分かる。

DNA[編集]

1977年ニューヨークイクエ・モリロビン・クラッチフィールドらとともにDNAを結成、やがてニューヨーク・パンクを代表するバンドの一つとなる。後にロビンが音楽性の違いから脱退し、ベーシストとしてティム・ライトが加入する。1978年ブライアン・イーノによるプロデュースのもとで制作された前衛的なパンク・バンドのコンピレーション・アルバムノー・ニューヨーク』に参加。これを契機として、アルバムに参加したDNAやジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ (James Chance and the Contortions) 、ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス (Teenage Jesus & the Jerks) 、マーズらによって代表されるニューヨークの前衛的なロック・シーンは、ノー・ウェーブとして広く知られることになる。

DNAの音楽性はノー・ウェーブ・ムーブメントにおいても前衛的存在であった。アート・リンゼイは11本だけを張った12弦ギターにまったくチューニングを施さずに演奏し、DNA結成までドラムの演奏経験がまったくなかったドラムのイクエ・モリはトムトムの連打などの無機質で機械的な変拍子のリズムを生み出した。さらに、二人を支えるティム・ライトのベースも不気味に歪んだサウンドであった。

ラウンジ・リザーズ[編集]

1978年、DNAでの表現とは別にジョン・ルーリー率いるジャズ・コンボラウンジ・リザーズに参加。「フェイク・ジャズ」と称される様に1950年代のジャズを表現した「ノー・ウェーブ」の一種。また同時期にラウンジ・リザーズに参加していたドラマーのアントン・フィアーの音楽プロジェクトゴールデン・パロミノスジョン・ゾーンのLOCUS SOLUSなどに参加した。

アンビシャス・ラバーズ[編集]

1984年、最初のソロ・アルバムとなる『エンビィ』を「アート・リンゼイ/アンビシャス・ラバーズ」名義でリリースした後、キーボード奏者ピーター・シェラーとユニットとしてアンビシャス・ラバーズを結成。録音にはアントン・フィアー、ジョン・ゾーンなどのミュージシャン達が参加し、ポップ・ミュージックにおけるニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンのミュージシャンをオーヴァーグラウンドへ牽引する存在となる。音楽性でもDNAがノイズ・パンク、ラウンジ・リザーズはジャズであったがこのアンビシャス・ラバーズに於いてアートは自身のルーツであるブラジル音楽の表現を始める。当初は七つの大罪をモチーフにアルバムを発表する予定だったが、結局3枚のアルバム『エンビィ』『グリード』『ラスト』の発表で活動を休止(オリジナルアルバムとは別にサウンドトラック盤をピーター&アート名義で1枚発表している)している。

ソロ[編集]

1980年代後半からプロデューサーとしてカエターノ・ヴェローゾガル・コスタトロピカリズモのアーティストをバック・アップし気鋭のカルニーニョス・ブラウンとともにマリーザ・モンチに携わるなどブラジル音楽の流れを読み取り、ギタリスト・コンポーザーとしてキップ・ハンラハンのアメリカン・クラーヴェ、ローリー・アンダーソン、デヴィッド・バーン坂本龍一テイ・トウワ大貫妙子GEISHA GIRLSのレコーディングに参加する。アンビシャス・ラバーズ以降は個人名義のアルバムをアンドレス・レヴィンヴィニシャス・カンタリアメルヴィン・ギブス、カシン、コーネリアスらとの共同作曲で発表している。

坂本龍一が1985年頃のNHK-FMの番組「サウンド・ストリート」にて語ったところによると、アート・リンゼイは驚くべき事に譜面も読めなければコードもよくわからないという。それでも優れた音楽的センスのみを頼りにミュージシャンとしての活動はおろか、プロデュース業もこなしてしまうところに彼の才能の奥深さがあるという。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作[編集]

  • 『プリティ・アグリー』 - Pretty Ugly (1990年) with ピーター・シェラー
  • Aggregates 1–26 (1995年)
  • 『ムンド・シヴィリザード』 - Mundo Civilizado (1996年)
  • 『曖昧な存在』 - O Corpo Sutil (The Subtle Body) (1996年)
  • 『ヌーン・チル』 - Noon Chill (1998年)
  • 『プライズ』 - Prize (1999年)
  • 『エコミクシーズ』 - Ecomixes (2000年)
  • 『インヴォーク』 - Invoke (2002年)
  • 『ソルト』 - Salt (2004年)
  • Scarcity (2014年) with ポール・ニルセン・ラヴ
  • 『ケアフル・マダム』 - Cuidado Madame (2017年)[1]

DNA[編集]

ラウンジ・リザーズ[編集]

  • 『ラウンジ・リザーズ』 - Lounge Lizards (1981年)
  • 『ライブ’79~’81』 - Live 79-81 (1985年)

アンビシャス・ラバーズ[編集]

  • 『エンビィ』 - Envy (1984年) ※旧邦題『エンヴィー』
  • 『グリード』 - Greed (1988年)
  • 『ラスト』 - Lust (1991年)

主なプロデュース作品[編集]

アーティストの姓の五十音順に記す。※はピーター・シェラーとの共同プロデュース。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Arto Lindsay”. AllMusic. 2018年8月21日閲覧。

関連リンク[編集]