GEISHA GIRLS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GEISHA GIRLS
ゲイシャガールズ
ジャンル ラップ
職業 ユニット
活動期間 1994年-1995年
レーベル フォーライフレコード
gütレーベル
事務所 吉本興業
メンバー Kenボーカル
Shoボーカル
Koumeキーボード
ShungikuDJ)
KATSUNO (ドラムス)

GEISHA GIRLS(ゲイシャガールズ・芸者ガールズ)は日本のラップユニット。1994年結成、1996年以降活動中止。ダウンタウンの二人が「芸者」めいた姿で歌う、というコミックバンドじみたコンセプトとは裏腹に、坂本龍一テイ・トウワ富家哲を始めアート・リンゼイ小室哲哉など豪華なアーティストが参加していることで知られる。[1]


メンバー[編集]

スタッフ[編集]

参加[編集]

ANI(スチャダラパー)[2]小林克也MC YUKI石野桜子MCハイジ小室哲哉BOREDOMS倉本美津留ヤン富田バカボン鈴木松田幸一青柳拓次(LITTLE CREATURES)[3]

来歴[編集]

  • 1993年ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のトークに坂本龍一が観覧客として来ていた事に対し、後日のトークで松本人志が「いっちょやな、世界の坂本に曲書いてもらって全米デビューするんですよ」と唐突に語り、ユニット名「GEISHA GIRLS」もその場のボケで急遽決まる。「世界の坂本がそんなオファー受けるはずがない」と思いつつスタッフが坂本に連絡すると、「ダウンタウンの二人がニューヨークまで来てくれるなら」との連絡が入り、1994年二人は渡米。着いたその日にそのままレコーディング、翌日ライブという強行スケジュールで全米デビューを果たした。この模様は1994年4月のガキの使いスペシャルで放送された。
  • 後日その返礼として今度は坂本が来日し、「ダウンタウンと漫才がしたい」というかねてからの夢を叶えた。以後も坂本は『ダウンタウンのごっつええ感じ』などにもゲスト出演し、コントを演じている。
  • 1994年に始まった『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』では第1回ゲストとして坂本龍一、テイ・トウワと共に出演。「Kick & Loud」が、HEY!HEY!HEY!の初代オープニングのBGMとして使用された。
  • Kenによると影響を受けたアーティストはライオネル・リッチーで、ライバルはヨゴレH JungleSho曰く「俺らの格好見てみい。俺らもヨゴレや!」。

作品[編集]

8cm シングル[編集]

12cm シングル[編集]

  • Geisha "Remix" Girls 1994/8/19, FLCG-3003
    1. Kick & Loud (T.Mori's Loud Mix)
    2. Grandma Is Still Alive
    3. Kick & Loud
    4. Grandma Is Still Alive (T.Mori's Flying Phat Mix)
    5. Kick & Loud (Instrumental)

アルバム[編集]

主なテレビ出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]