ロッテヤンスタNo1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロッテヤンスタNo1
ジャンル 音楽バラエティ番組
放送方式 録音放送
放送期間 1975年8月2日 - 1990年3月
放送時間 #放送されていた局と放送時間の節を参照
放送局 ニッポン放送
ネットワーク 東海ラジオラジオ大阪
パーソナリティ #歴代司会者の節を参照
提供 ロッテ
特記事項:
1980年5月17日までは『ロッテ 集まれ!ヤンヤン 熱気でムンムン!』のタイトル
テンプレートを表示

ロッテヤンスタNo1』(ロッテヤンスタナンバーワン)は、1975年8月から1990年3月まで、土曜日の夜に放送されていたニッポン放送制作の公開録音形式のラジオ番組である。

概要[編集]

タイトルの通り、ロッテの一社提供による番組。1975年8月2日に「ロッテ 集まれ!ヤンヤン 熱気でムンムン!」のタイトルで放送開始。1980年5月24日ラジオ大阪では5月25日)放送の回から「ロッテヤンスタNo1」に改題された。当時ニッポン放送で一番大きいスタジオであったラジオハウス銀河(銀河スタジオ)において、通常は毎回2週分収録されていた[1]

ゲスト出演者は、アイドルを中心とした歌手タレントが毎回2組。時々ミュージシャンバンドが出演することもあった。曲はレコードCDをそのままかけるのではなく、その場でフルコーラスで生歌を披露するというもので、参加者や親衛隊の声援もそのまま歌と一緒に放送されていた[1]

歌以外ではほぼフリートーク中心で構成。1988年7月までは「1分間クイズ」という、ゲスト本人に関する質問や常識問題を出すコーナーがあり、ここではあまりにも的外れな答えや変な発言が時々出ることで話題となった[2]

スタジオの中では、参加希望の応募者の中から招待された約100名が座り、その後ろにはゲストのアイドルの熱烈なファンで構成された親衛隊が陣取る、という形がほぼ通例であった。招待された観覧者の中から毎回2名が選ばれ、番組冒頭に「ロッテ!」「ヤンスタ!」とタイトルコールをした後、インタビューを受けるのも名物のひとつだった[1]

1980年代後半にはプレゼントとして、ロッテのチョコレート100円分の包み紙を添えて封書で本番組宛に出すと、抽選でゲストのサイン入りテレホンカードがもらえるようになっていた[1]

収録の時には必ず顔を見せるメンバーがいる「常連ズ」と呼ばれる集団があった事で知られる[1]

歴代司会者[編集]

放送されていた局と放送時間[編集]

その後のロッテ枠[編集]

本番組終了後は、ニッポン放送の土曜日夜ワイド番組の内24:30 - 25:00の枠を同時ネットする形で、これまでと同じく東京(関東広域圏)、名古屋(中京広域圏)、大阪(近畿広域圏)の3エリアで、以下の番組が放送されていた(このため、東海ラジオの放送枠もこれまでの23:00から24:30に移動)。1992年4月の改編をもって土曜日夜のロッテ提供枠は終了した。

なお、ロッテ枠は10年間のブランクを経た後の2002年4月にニッポン放送の日曜日22時台へ移り、「ロッテ・ガールズハッピータイム」と題して『上戸彩 ハタチにハイタッチ!』『上戸彩 21ピース!』『長澤まさみタイトル未定(仮)→長澤まさみSweet Hertz』を放送。2012年4月からは『ロッテ・週末ヒロインタイム ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』を放送中(但し、これらの番組のネット局ではロッテの冠協賛が付いていない)。この日曜22時からの30分枠では、長年女性アイドル歌手・女優が伝統的にパーソナリティを担当している。

一方、ニッポン放送-東海ラジオ間の24時台後半枠のネットワークについては暫くのブランクがあったものの、『ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!』によって拡大・復活し、現在の『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』に引き継がれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 月刊ラジオパラダイス 1989年2月号 p.36 - 37「アイドル事情通御用達プログラム『ロッテヤンスタNo.1』のここが面白い」
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年4月号 p.111 など。