しんぼる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しんぼる
監督 松本人志
脚本 松本人志
高須光聖
出演者 松本人志
音楽 清水靖晃
撮影 遠山康之
編集 本田吉孝
配給 松竹
公開 日本の旗 2009年9月12日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
スペイン語
英語
ロシア語
興行収入 4.7億円[1]
テンプレートを表示

しんぼる』は、2009年9月12日に公開された日本映画。「松本人志 第二回監督作品」。

キャッチコピーは、「想像もつかない“何か”が起こる…」。

概要[編集]

2007年公開の第一回監督作品『大日本人』から約2年、松本人志が発表する映画第2作。前作同様に、松本が企画・監督・主演を担当、脚本は松本と高須光聖との共同執筆。

『大日本人』では外国人に見られることを考慮せずに製作していたものの、第60回カンヌ国際映画祭の非公式部門「監督週間」[2]で上映されるなどしたため松本が戸惑ったが、『しんぼる』では、当初から海外も意識し製作された。

ストーリー[編集]

メキシコのとある町に住むプロレスラー、“エスカルゴマン”。彼の妻は、夫がいつもとは様子が違う事に気付く。その原因は、その日の対戦相手が自分より若くて強い“テキーラ・ジョー”である事だけではなく、他に“何か”が起こりそう、という胸騒ぎがしていたからだ。

時同じくして、水玉模様のパジャマを着た、マッシュルームカットの男(松本)は、ふと目を覚ますと、白い壁に囲まれた部屋に閉じこめられていた。男はその部屋から脱出を試みようとする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 2008年9月28日にクランクインし、約4か月かけ撮影。編集作業中の2009年3月19日、沖縄県中頭郡北谷町の「ザ・ビーチタワー沖縄」で製作発表記者会見を開催、19時30分からYahoo! JAPANで生配信された。また公式ウェブサイトも同日20時に開設。
  • 大日本人』では、製作発表から公開まで、作品内容を全面的に伏せたことが話題となったが、『しんぼる』では、2009年3月19日の製作発表で、松本がストーリーや出演者の概要を明らかにした。
  • 映画のプロモーションとして、劇中で着ていたパジャマを着用してさまざまな番組に出演した(『恋のから騒ぎ』、『A-Studio』など)。後に松本はこのパジャマにウンザリしていたとのこと。
  • 映画情報誌『映画秘宝』において、映画ライターや有名人が選ぶ、2009年劇場上映作品のワースト10を紹介する「トホホ大賞」において第5位にランクインした。
  • 映画芸術誌において2009年日本映画ワーストテンで第4位にランクインした。
  • スポーツ報知の映画担当記者がその年度最低の映画及び俳優を選ぶ蛇いちご賞において最低作品賞を受賞し、松本も最低監督賞を受賞した。
  • フランス政府出資の私立文化施設シネマテーク・フランセーズで、大日本人さや侍とともに特集上映されることが明らかになった[3]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2009年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2010年平成22年)2月下旬号、キネマ旬報社2010年、 173頁。
  2. ^ カンヌ映画祭の構成には、公式部門と非公式部門があり、公式部門には「コンペティション」と「ある視点」、非公式部門が「監督週間」と「批評家週間」で、公式部門を運営するのがカンヌ映画祭であるのに対し、監督週間の運営はフランス監督協会が、批評家週間の運営はフランス映画批評家組合が行っている。
  3. ^ “松本人志監督:映画の殿堂「シネマテーク・フランセーズ」で特集上映決定”. まんたんウェブ. (2012年3月9日). http://mantan-web.jp/2012/03/09/20120309dog00m200002000c.html 2012年3月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]