佐々木大輔 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 大輔
Daisuke Sasaki
佐々木 大輔 Daisuke Sasakiの画像
プロフィール
リングネーム 佐々木 大輔
ササキ・アンド・ガッバーナ
練馬スティング
本名 佐々木 大輔
ニックネーム 未完のヒットマン
ドSの神様
ササダイ
教祖
カリスマ
身長 168cm
体重 80kg
誕生日 (1985-11-22) 1985年11月22日(33歳)
出身地 東京都練馬区
所属 DDTプロレスリング
スポーツ歴 ラグビー
トレーナー ディック東郷
デビュー 2005年10月22日
テンプレートを表示

佐々木 大輔(ささき だいすけ、1985年11月22日 - )は、日本プロレスラー東京都練馬区出身。血液型A型。

経歴[編集]

デビュー前
  • 都立石神井高校時代はラグビー部に所属(ポジションは、6番フランカー)。卒業後、父親と同じ大工として働いていたが一年足らずで退職。週刊プロレスでの募集を見て、プロレススクールSUPER CREWの1期生として入学[1]
  • ディック東郷のコーチを受けプロレスラーに。2005年10月22日、SUPER CREW自主興行の佐藤悠己とのデビュー戦にて、ジャーマン・スープレックス・ホールドで初勝利[2]
2006年
  • 5月 KAIENTAI-DOJO主催のK-METAL LEAGUEへ出場し活躍[3]
  • 6月 メキシコ修行へ[4]
  • 10月 メキシコシティーコミッションによるプロテストに合格[5]
2007年
  • 6月 アレナ・ナウカルパンにてIWRG 6人タッグのベルトに挑戦も2-1で敗れた(対戦相手はD・セレブロ&C・ネグロ&スイシーダ、パートナーはWRESTLE-1KAI大和ヒロシ)。
2008年
  • 帰国後、DDTプロレスリング他、他団体などに参戦。国内復帰したイタリアン・フォー・ホースメンの新メンバーに、よく似たレスラー「ササキ・アンド・ガッバーナ」が所属。
2010年
2011年
2012年
  • 6月 新日本プロレスの「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」に2年連続出場[14]
  • 夏頃 初代モンスターアーミーを結成したが、9月19日のDDT新木場1stRING大会で解散。
  • 9月30日 DDT後楽園ホール大会にて、モンスターアーミーを再結成[15]
2013年
2014年
  • 1月17日 フリーでレギュラー参戦していたDDTプロレスリングの所属選手となることを発表[18]
  • 3月21日 DDT後楽園ホール大会にて、モンスターアーミー解散[19]
  • 3月30日 「モテたい」という理由のもと、飯伏幸太ケニー・オメガゴールデン☆ラヴァーズと結託して新チームゴールデン☆ストームライダーズを結成[20]
  • 4月12日 DDT春日部大会にて、KO-D6人タッグ王座へ挑戦しチーム・ドリーム・フューチャーズに勝利[21]
  • 5月4日 DDT仙台大会にて、KO-D6人タッグ王座の防衛戦を行い酒呑童子に敗北[22]
  • 12月23日 ケニー・オメガの新日本プロレス移籍による新メンバー・オーディションを実施し、DNAの宮武俊が加入[23]
2015年
  • 1月3日 DDT後楽園ホール大会にて、KO-D6人タッグ王座へ挑戦し墨汁とプロテインを調合するなどバラモン兄弟なみの狂った行動を見せるも敗北[24]
  • 8月6日 DDTビアーガーデンプロレスでのメインイベントに、WCWの看板スーパースターを彷彿とさせるレスラー「練馬スティング」が乱入[25]
  • 8月23日 DDT両国国技館大会にて、飯伏幸太とKO-Dタッグ王座に挑戦し大日本プロレス関本大介岡林裕二組に勝利[26]
  • 9月13日 DDT大阪大会にて、KO-Dタッグ王座の防衛戦を行い遠藤哲哉竹下幸之介組に対しベトナムドライバーIIで勝利[27]
  • 9月27日 DDT後楽園ホール大会にて、坂口征夫の持つKO-D無差別級王座へ挑戦するが敗北[28]
  • 10月7日 DDTドラマティック総選挙2015にて、第9位(333票)で選抜入りを果たす[29]
  • 10月17日(現地時間) チリのMAX LUCHA LIBRE「Confrontacion6」へ遠征出場。MAX LUCHA LIBRE認定無差別級選手権3WAYマッチに挑戦し、クリミナルに勝利(もう一人は前王者のフィアー)[30]
  • 11月3日 飯伏幸太の頸椎椎間板ヘルニアによる長期欠場により、DDT名古屋大会メインイベント入場時にKO-Dタッグ王座のベルト2本を返上。
  • 11月18日 新木場1stRINGにて、SUPER CREWの同期である佐藤悠己・久保佑允と共にデビュー10周年記念大会を開催。メインイベントで佐藤悠己とMAX LUCHA LIBRE認定無差別級の防衛戦を行い勝利[31]
  • 12月8日 新木場1stRINGでの「ヤス・ウラノ15周年記念興行~ヤス大サーカス2015~」にて、SUPER CREWの同期である久保佑允とMAX LUCHA LIBRE認定無差別級の防衛戦を行い勝利[32]
2016年
  • 1月16日 DDT横浜大会のメインイベント終了後、負傷欠場中の宮武俊の首輪を振り回してリングに乱入。3月の両国国技館大会でKO-Dタッグ王座への挑戦を直訴。鶴見亜門GMが、1月31日の後楽園ホール大会に新パートナーを連れてくる事を依頼。さらに来日参戦していたキャンディス・レラエにフラれて「情緒不安定じゃないの?」と言われ、首輪でメッタ打ちにして引き揚げた[33]
  • 1月31日 DDT後楽園ホール大会にて、KO-Dタッグ王座挑戦の新たなペット(パートナー)として首輪を付けた大きな身体な犬の着ぐるみ“エイドリアン”こと石川修司とタッグを組む事を発表[34]
  • 3月21日 DDT両国国技館大会にて、石川修司とKO-Dタッグ王座に挑戦し竹下幸之介・遠藤哲哉組に勝利[35]
  • 3月26日 DDT新宿FACE大会にて、ジョーイ・ライアンキャンディス・レラエ組とKO-Dタッグ王座の防衛戦を行い勝利[36]
  • 3月27日 DDT大阪大会にて、マサ高梨とMAX LUCHA LIBRE認定無差別級とSPW東南アジア選手権のダブル防衛戦を行い時間切れで引き分け(9度目の防衛)[37]
  • 4月2日(現地時間) チリにて、MAX LUCHA LIBRE認定無差別級の防衛戦を前王者のフィアーと行い敗北。3か月の間で全10回の王者戦を行った[38]
  • 4月24日 DDT後楽園ホール大会にて、竹下幸之介・遠藤哲哉組とKO-Dタッグ王座の防衛戦(リマッチ)を行い勝利。その後、メインのKO-D無差別級王座戦を終えたばかりのHARASHIMAに対して、いつでもどこでも挑戦権を行使。変形クロスフェイス・ロックで絞め落とし、同王座を初戴冠。シングル・タッグのKO-D二冠王となる[39]
  • 4月29日 DDT横浜大会にて、さらに新たなペット(パートナー)として、石川“エイドリアン”修司の兄ことマッド・ポーリーが登場。
  • 5月8日 DDT札幌大会にて、坂口征夫とKO-D無差別級王座の防衛戦を行い勝利[40]
  • 5月15日 DDT名古屋大会にて、ヤス・ウラノ&彰人組とKO-Dタッグ王座の防衛戦を行い勝利。
  • 5月29日 DDT後楽園ホール大会にて、竹下幸之介とKO-D無差別級王座の防衛戦を行い敗北。
  • 7月3日 DDT博多大会オープニングにて、石川修司とマッド・ポーリーのユニット名を「DAMNATION」とすると発表。セミファイナルにてKAI&大家健組とKO-Dタッグ王座の防衛戦を行い敗北。
  • 7月17日 DDT後楽園ホール大会にて、KO-D無差別級王座戦で竹下幸之介に敗北した遠藤哲哉へDAMNATION入りを勧誘し電撃加入させる。
  • 8月2日 酒場プロレスU・S・A日本公演にて、練馬スティングが7ヶ月半ぶりにサプライズ参戦した。
  • 8月6日 DDT春日部大会にて、佐々木&ポーリー&遠藤組で酒呑童子と空座となっているKO-D6人タッグ王座のトーナメント決勝戦を行い勝利。
  • 8月20日 台湾・新台湾プロレスへ遠征参戦。Black Hoとタッグ王座に挑戦し、鬥魚&戰熊組に敗北。
  • 9月25日 DDT後楽園ホール大会にて、佐々木&遠藤組でKO-Dタッグ王座に挑戦しHARASHIMA&宮本裕向組に敗北。
  • 9月29日 DDTドラマティック総選挙2016にて、昨年より200票以上票を伸ばし過去最高の第3位(537票)で選抜入り。
  • 10月9日 DDT札幌大会(初日)にて、佐々木&遠藤組でKO-Dタッグ王座のリマッチを行い、HARASHIMA&宮本裕向組に勝利。
  • 10月10日 DDT札幌大会(2日目)にて、佐々木&ポーリー&遠藤組でKO-D6人タッグ王座の防衛戦を行い、アントーニオ本多&竹下幸之介&マイク・ベイリー組に勝利。
  • 11月3日 DDT佐久大会にて、佐々木&遠藤組でKO-Dタッグ王座の防衛戦を行い、KUDO&坂口征夫組に勝利。
  • 12月4日 DDT大阪オクトパスにて、佐々木&遠藤組でKO-Dタッグ王座の防衛戦を行い、竹下幸之介&マイク・ベイリー組に敗北。
  • 12月10日 DDT福岡大会にて、佐々木&ポーリー&遠藤組でKO-D6人タッグ王座の防衛戦を行い、酒呑童子組(KUDO&高梨将弘&坂口征夫)に敗北。
  • 12月25日 DDT後楽園ホール大会にて、佐々木&石川&遠藤組でKO-D6人タッグ王座に挑戦(リマッチ)し、酒呑童子組(KUDO&高梨将弘&坂口征夫)に敗北。
2017年
  • 1月3日 DDT後楽園ホール大会にて、猛烈に片思い中のキャンディス・レラエ(既婚・夫はWWEのジョニー・ガルガノ)に公開プロポーズ付きのシングルマッチを行い勝利。しかしキャンディスは佐々木が用意した離婚届も婚姻届も破り捨て、張り手からボールズプレックスを決めプロポーズを断った。
  • 1月29日 DDT後楽園ホール大会にて、KO-D無差別級王座へ挑戦し、HARASHIMAに敗北。
  • 3月20日 DDT旗揚げ20周年記念大会(さいたまスーパーアリーナ)にて、DDT EXTREME級王座に挑戦し、葛西純に勝利。ETREME級王座は初戴冠。
  • 4月14日 主催興行「DAMNATION不法集会」にて、DDT EXTREME級王座の防衛戦を行い、師匠のディック東郷に30分ドローで引き分け(初防衛)。
  • 5月21日 DDT札幌大会にて、DDT EXTREME級王座の防衛戦を行い、アントーニオ本多に勝利(二度目の防衛)。
  • 7月7日 2日後のDDT EXTREME級王座の記者会見中、ジョーイ・ライアンよりアイアンマンヘビーメタル級王座を奪取(第1258王者・しかしジョーイがすぐに取り戻した)。
  • 7月9日 DDT博多大会にて、DDT EXTREME級王座とアイアンマンヘビーメタル級のW王座戦を行い、ジョーイ・ライアンにイスの上への雪崩式ブレーンバスターで両者起き上がれず10カウントKO(三度目の防衛)。
  • 7月23日 DDT後楽園ホール大会にて、DDT EXTREME王座の防衛戦(リマッチ)を行い、ジョーイ・ライアンをラダー上段からショルダースルーで落とし完全決着(四度目の防衛)。
  • 8月20日 両国ピーターパン2017にて、DDT EXTREME王座の防衛戦を行い、彰人をミスティカ式クロスオーバー・フェイスロックから折りたたみ椅子を巻き込んで絞め落としギブアップ勝利(五度目の防衛)。カベジェラ・コントラ・カベジェラルールだったため、試合直後に彰人の長髪を落ち武者の様に切って刈り落とした。
  • 9月24日 DDT後楽園ホール大会にて、自身のDDT EXTREME王座、竹下幸之介のKO-D無差別級王座、大家健のインディーJr.王座を掛けたトリプルタイトル戦を行い、大家に対してのクリップラー・クロスフェイスで絞め落としギブアップ勝利。(六度目の防衛ならびにインディーJr.王座を初戴冠)大家の全財産(71万4,146円)が入った銀行通帳も獲得した。
  • 9月27日 DDTドラマティック総選挙2017、第4位(470票)で選抜入り。
  • 10月4日 DDT成城大会にて、インディーJr.王座戦を行い、勝村周一朗からギブアップ勝利(初防衛)。この勝利により、大家の全財産が入った銀行通帳の印鑑を受け取る。
  • 10月11日 ガンプロ市ヶ谷大会でのガンバレ☆ランブルの最終入場者として登場。ランブル戦を制し、お客さんから募ったカンパを獲得した。大家がキャッシュカードで全財産を銀行から引き出していた事を知り、全財産(現金)を掛けた対戦を要求した。
  • 10月14日 DDT横浜大会にて、大家の全財産(現金)を掛けたタッグマッチを行い、再び大家へのクリップラー・クロスフェイスで勝利。現金で69万619円を獲得した。
  • 10月15日 KAIENTAI DOJO後楽園ホール大会にて、インディーJr.王座戦を行い、旭志織からギブアップ勝利。(二度目の防衛)
  • 10月22日 DDT後楽園ホール大会にて、DDT EXTREME級王座戦(TLCルール)を行い、HARASHIMAよりギガラダーからのダイビング・エルボードロップで勝利。(七度目の防衛)
  • 11月2日 DDT新木場大会にて、佐々木&石川&ポーリー組でKO-D6人タッグ王座に挑戦し、ALL OUT組(竹下幸之介&彰人&ディエゴ)に敗北。
  • 11月11日 DDT所沢大会にて、インディーJr.王座戦を行い、ディエゴからギブアップ勝利。(三度目の防衛)
  • 11月23日 DDT後楽園大会にて、DDT EXTREME級王座戦(ノーDQルール)を行い、高尾蒼馬からギブアップ勝利。(八度目の防衛)
  • 11月26日 ガンプロ成城大会にて、インディーJr.王座戦を行い、冨永真一郎からギブアップ勝利。(四度目の防衛)
  • 12月17日 KAIENTAI DOJO新木場大会にて、インディーJr.王座戦を行い、TAKAみちのくからギブアップ勝利。(五度目の防衛)
  • 12月20日 ガンプロ新木場大会にてインディーJr.王座戦を行い、大家健に敗北。
  • 12月24日 佐々木&遠藤組、DDT後楽園大会にてKO-Dタッグ王座戦に挑戦し、ハラシマルフジ組(HARASHIMA&丸藤正道)に敗北。
  • 12月30日 ユニット主催興行「DAMNATION不法集会vol.2」(後楽園ホール)にてDDT EXTREME級王座戦(「2 out of 3 falls Hardcore Match」というハードコアマッチの3本勝負)を行い、宮本裕向に敗北。
2018年
  • 4月17日 DDT LIVE!マジ卍 #2(新木場1stRING)にて、DAMNATIONへ新しいペット加入と他ユニットに裏切り者がいると宣言。
  • 5月1日 DDT LIVE!マジ卍 #3(新木場1stRING)にて、新ペット紹介ができないと号泣。遠藤が自身のペットであるアトラスオオカブトの雄と雌を連れてきたが、虫嫌いにより却下した。
  • 5月4日 DDT LIVE!マジ卍 #3での右足の怪我(?)により欠場。
  • 5月8日 DDT LIVE!マジ卍 #4(新木場1stRING)にて、DAMNATIONのセコンドとして杖を付きながら登場。セミファイナル終了後、HARASHIMAへ攻撃。高尾蒼馬がイスを持って助けに入ると思われたが、HARASHIMAへイス攻撃とジントニックを仕掛けスマイルスカッシュを離脱。DAMNATIONへ電撃加入させた。
  • 6月5日 DDT LIVE マジ卍 #7(新木場1stRING)にて、セミファイナルの6人タッグマッチで急遽復帰。佐々木式ウラカン・ラナで勝利を上げた。
  • 6月24日 DDT後楽園大会でのDDT EXTREME級王座戦に同ユニットの高尾と3wayマッチで挑戦し、HARASHIMAに敗退。
  • 8月25日 DDT後楽園大会にて決勝で同ユニットの遠藤哲哉を破りKING OF DDTトーナメント優勝。
  • 10月21日 DDT両国大会にて男色ディーノを破りKO-D無差別級王座を奪取し再び王者となる。

タイトル歴[編集]

DDTプロレスリング
第57代王者
第68代王者
第33代王者:佐々木大輔&アントーニオ本多
第52代王者:佐々木大輔&飯伏幸太
第54代王者:佐々木大輔&石川修司
第57代王者:佐々木大輔&遠藤哲哉
第2代王者:佐々木大輔&火野裕士アントーニオ本多
第9代王者:佐々木大輔&飯伏幸太ケニー・オメガ
第26代王者:佐々木大輔&マッド・ポーリー遠藤哲哉
第39代王者
第862・864・869・995・1258王者
KAIENTAI DOJO
MAX LUCHA LIBRE
  • MAX LUCHA LIBRE認定無差別級王座 第15代王者
紅白プロレス合戦
  • 初代世界佐々木級王座

得意技[編集]

クリップラー・クロスフェイス
師であるディック東郷の得意技で、ロープブレイクを阻止するために回転するムーブも継承している。
クロスオーバー・フェイスロック
最新のフィニッシュ・ホールド。クリップラー・クロスフェイスの状態から、クラッチしていない側の相手の腕を自分の首の後に回して締める。ミスティカ式で行う場合もある。
佐々木式ウラカン・ラナ
佐々木のウラカン・ラナは側方から捻りを加えて飛び付いて丸め込む。仕掛け方はコルバタに近いものがあるが、決まった形は投げ捨てずにウラカン・ラナ・インベルディダと同型を取るのでコルバタ式ウラカン・ラナとも称される。
NOW OR NEVER
フィニッシュ・ホールドのひとつ。ボディ・スラムの要領で担ぎ上げた相手の首と腰を固定し反転させて決める変形のリバースDDT。技の名前はサムライTVSアリーナ」内で公募され、好きなドラマ『北の国から '92 巣立ち』での黒板五郎のセリフ「やるなら今しかねぇ!」から命名[41]
ベトナムドライバーII
フィニッシュ・ホールドのひとつ。カナディアンバックブリーカーに担いでのフェイスバスター。リバースのみちのくドライバーIIとも言える。2015年夏のベトナム遠征時に開発された。
ロープに相手を固定してのドロップキック
サードロープに腹ばいにもたれ掛けさせた相手の顔面へ走り込んで正面飛び式ドロップキックを放つ独特のムーブ。
キークラッシャー
ダイビングエルボードロップ
ダイビングエルボーバット
トペ・スイシーダ(トペ・コン・ヒーロ)
ラグビー部のスピアー

その他[編集]

  • パンクロック好きで、レコードコレクター。小島聡の兄が所属するハードコアパンクバンド鉄アレイの大ファン。80年代のハードコアを中心に、好みは日本→UK→スウェーデン→フィンランド→南米→その他(順不同)と遍歴。2015年12月29日、UKのバンドMotorheadのベーシストだったレミー・キルミスター死去発表日に開催されたリングドリーム興行での入場の際、彼らの名曲『Ace of Spades』を流してレミーを弔った。
  • DDTドラマティック総選挙の公約に、自身の育った街・練馬の活性化のために練馬ジャパンプロレス(NJPW)を旗揚げすると宣言。2015年度の演説放送では、NJPW旗揚げ戦を2016年夏に練馬区民の水の都(自称)としまえんで開催すると報告したが2018年時点で実現には至らず。
  • いつでもどこでも挑戦権を非常に多く獲得し、2015年には合計で5個も挑戦権を保持5つすべて手に入れるとギャルのアレを手に入れられると勝手に思い込んでいた。また、一度手に入れた挑戦権は長いこと使用せず保持していて反則負けやリングアウトなどで保っていた。2016年には挑戦権を行使してKO-D無差別級王座を奪取している。
  • プライベートではアントーニオ本多ワンチューロ星誕期マサ高梨と仲が良い。
  • デビュー10周年を迎えての目標は、「歩けばモテる飯伏幸太ぐらい、モテたい」。
  • 坂口征夫の持つKO-D無差別級に挑戦する際には、「ポルノ式瞑想」「ビーフトレーニング」「宮武打ち」などで特訓をしていた。
  • 好きな食べものは、苦いもの(しし唐、春菊、ビール)。2016年1月23日、所沢大会での第2試合「フレッシュ有山インフォマーシャルマッチ~フレッシュ有山杯争奪八百屋ランブル」では、生のしし唐を食べながらリングインした。
  • 10年前のメキシコ遠征時のカベジェラ戦に負けて髪を切られ、日本帰国後から髪を伸ばし現在の長髪スタイルとなった。理由は、トリプルH、ブレット・ハード、カート・コバーンなど長髪の著名人に憧れたから。

入場テーマ曲[編集]

  • 「Helvetti」(Folkeis)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DDTプロレスリングアーカイブス(#9の特集にて本人が語る)”. サムライTV. 2016年5月2日閲覧。
  2. ^ DDTプロレスリング公式プロフィール”. DDTプロレスリング. 2016年5月2日閲覧。
  3. ^ K-METAL LEAGUE追加メンバー情報”. KAIENTAI-DOJO. 2006年4月21日閲覧。
  4. ^ たまには昔の話でも”. ブログ「佐々木大輔2010」. 2016年5月2日閲覧。
  5. ^ DDTプロレスリング公式プロフィール”. DDTプロレスリング. 2016年5月2日閲覧。
  6. ^ 闘うビアガーデン2010最終日~DDT本隊DAY~”. DDTプロレスリング. 2010年8月8日閲覧。
  7. ^ 世界佐藤級選手権は、佐藤家vs.佐々木家の全面戦争に”. バトル・ニュース. 2010年8月13日閲覧。
  8. ^ 8月29日後楽園で決まったこと&DDT48総選挙中間発表”. DDTプロレスリング. 2010年8月31日閲覧。
  9. ^ 第14回紅白プロレス合戦、試合結果”. バトル・ニュース. 2010年9月29日閲覧。
  10. ^ 大阪ベイブルーススペシャル ~おれのこと好きか?~”. DDTプロレスリング. 2010年11月14日閲覧。
  11. ^ DDT 船橋伝説Again 2011”. DDTプロレスリング. 2011年2月20日閲覧。
  12. ^ NEVER.6 ~ROAD TO THE SUPER Jr. 2DAYS TOURNAMENT~”. 新日本プロレス. 2011年4月8日閲覧。
  13. ^ BEST OF THE SUPER Jr.XVIII ~Bring it on!~”. 新日本プロレス. 2012年5月26日閲覧。
  14. ^ 開幕直前! 『SUPER Jr.』参戦選手が大集結!!”. 新日本プロレス. 2012年5月26日閲覧。
  15. ^ 【9・30リポート(1)】ケニブシは伊橋へ。新生Mアーミー誕生”. DDTプロレスリング. 2012年9月30日閲覧。
  16. ^ 【1・27リポート(2)】竹下、飯伏に完敗/モ軍が6人タッグ奪取”. DDTプロレスリング. 2013年1月27日閲覧。
  17. ^ 【5・26リポート(2)】らんでぶぅ~がKO-D6人タッグ奪取”. DDTプロレスリング. 2013年5月26日閲覧。
  18. ^ 2014年契約更改終了のお知らせ”. DDTプロレスリング. 2014年1月17日閲覧。
  19. ^ 【後楽園リポート】モ軍、勝利で活動にピリオド”. DDTプロレスリング. 2014年3月21日閲覧。
  20. ^ 【オールナイト興行第1部リポート】”. DDTプロレスリング. 2014年3月30日閲覧。
  21. ^ 【春日部リポート】ケニブシ佐々木がKO-D6人タッグ奪取!”. DDTプロレスリング. 2014年4月12日閲覧。
  22. ^ 【仙台リポート】酒呑童子に勢いあり、ケニブシ佐々木を下してKO-D6人タッグを奪取!”. DDTプロレスリング. 2014年5月4日閲覧。
  23. ^ 【後楽園リポート】/G☆SRに宮武が加入!”. DDTプロレスリング. 2014年12月23日閲覧。
  24. ^ 【後楽園リポート】”. DDTプロレスリング. 2015年1月3日閲覧。
  25. ^ 【ビアガーデン6日目リポート】”. DDTプロレスリング. 2015年8月6日閲覧。
  26. ^ 【両国ピーターパン2015リポート】”. DDTプロレスリング. 2015年8月23日閲覧。
  27. ^ 【大阪ベイブルーススペシャル2015のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2015年9月14日閲覧。
  28. ^ 【Who's Gonna Top?~DDTドラマティック総選挙2015~のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2015年9月28日閲覧。
  29. ^ 【DDTドラマティック総選挙2015結果発表大会のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2015年10月8日閲覧。
  30. ^ 今更だけどわたしチリで最強になったんだぜ”. ブログ「佐々木大輔2010」. 2015年11月17日閲覧。
  31. ^ 【佐々木大輔、佐藤悠己、久保佑允10周年記念興行~3億1536万秒の恋~のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2015年11月19日閲覧。
  32. ^ 【ヤス・ウラノ15周年記念興行~ヤス大サーカス~のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2015年12月9日閲覧。
  33. ^ 【横浜たそがれ2016~新春~のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年1月17日閲覧。
  34. ^ 【Sweet Dreams!2016のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年2月1日閲覧。
  35. ^ 【Judgement2016のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年3月22日閲覧。
  36. ^ 【Dramatic 2016 March Specialのまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年3月27日閲覧。
  37. ^ 【天王寺プロレス園!2016のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年3月28日閲覧。
  38. ^ 両国も初防衛戦もチリ遠征もあったりしたね”. ブログ「佐々木大輔2010」. 2016年4月21日閲覧。
  39. ^ 【MAX BUMP 2016のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年4月25日閲覧。
  40. ^ 【Road to Ryogoku 2016 in SAPPORO~ドラマティック・ドリーム・時計台~のまとめ】”. DDTプロレスリング. 2016年5月9日閲覧。
  41. ^ HOPE”. ブログ「佐々木大輔2010」. 2010年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]