山下実優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山下実優
山下実優の画像
2016年3月6日
大阪 世界館
プロフィール
リングネーム 山下 実優
身長 165cm
誕生日 (1995-03-17) 1995年3月17日(23歳)
出身地 福岡県
所属 東京女子プロレス
スポーツ歴 空手道
デビュー 2013年8月17日
テンプレートを表示

山下 実優(やました みゆう、女性、1995年3月17日 - )は、日本プロレスラー東京女子プロレス所属。福岡県出身。

経歴[編集]

空手経験者であり、護身術の流派で全日本3位の実績を持つ[1]

元々はアイドル志望でありオーディションを多数受けるもすべて落選していた時にMIKAMIを紹介され、東京女子プロレスの設立を知る[1]

2013年
  • 1月30日 Twin Box AKIHABARAで行われた東京女子プロレスプレイベントにおける神明栞菜戦でプレデビューして勝利[2]
  • 2月10日 中華レストラン王華で行われたイベントの提供試合にてリングネームを改めたKANNAと再戦して連勝。
  • 3月25日 SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第2弾でKANNAとのシングルを3連勝[3]
  • 4月26日 SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第3弾で中島ひかる(西山道場)と空手エキシビション[4]
  • 6月6日 SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第4弾で木場千景と初シングルを行い、勝利[5]
  • 7月11日 SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第5弾でプレデビュー戦となった中島翔子とシングルで勝利、「エース」宣言する[6]
  • 8月17日 両国国技館で行われた「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」のダーク・マッチとして山下&中島 vs 木場&KANNAでリングデビューを果たすが、中島が逆エビ固めでギブアップを奪われる[7]
  • 10月5日 DDT福島体育館大会における提供試合として2度目のリングを両国と同じタッグで対戦し、KANNAにミドルキックを打ち込み片エビ固めでフォールを奪う[8]
  • 10月18日 SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第6弾でKANNAと対戦し、キック3発をぶち込み勝利、旗揚げ戦メインを獲得[9]
  • 10月27日 DDT大森駅東口「UTANフェスタ2013」における提供試合として中島翔子と組み、木場千景&KANNAと対戦するが、中島が木場のヒザ十字固めにギブアップ[10]
  • 12月1日 東京女子プロレス旗揚げ戦のメインで木場千景と対戦し、クラッシュ・ラビットヒートを喰らわせ、記念すべき勝利を挙げた[11]
2014年
  • 1月18日 王子BASEMENT MON☆STARでKANNAと3ヶ月ぶりのシングルを行い、クラッシュ・ラビットヒートで勝利[12]
  • 1月28日 渋谷エンタメステージにてマットでの試合として坂崎ユカと初シングル、クラッシュ・ラビットヒートで勝利[13]
  • 4月5日 ラゾーナ川崎プラザソルにてのの子と初シングル。のの子のドラゴンスリーパイに動けずレフェリーストップ、デビュー以来初の直接の敗北となる。[14]
2016年
  • 1月4日 初の後楽園ホール大会にて中島翔子を相手にTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座の初代王座に輝く (19分17秒 体固め) ※クラッシュ・ラビットヒート
  • 3月13日 北沢タウンホール大会にて のの子を相手にTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を初防衛に成功 (12分5秒 体固め) ※クラッシュ・ラビットヒート
  • 5月28日 横浜ラジアントホール大会にて坂崎ユカを相手にTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を2度目の防衛に成功 (15分19秒 体固め) ※クラッシュ・ラビットヒート
  • 9月22日 新宿FACE大会にて優宇を相手にTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座の3度目の防衛に失敗 (14分26秒 TKO負け) ※胴絞め片羽絞め→レフェリーストップ
2017年
  • 7月26日 デリシャカスプロレス2017~東京女子プロレス~での試合で勝利し、黒音まほが保持していたアイアンマンヘビーメタル級王座を奪取し第1266代王者となる。
  • 11月23日 新宿FACE大会「笑顔YESシンジュク」にて優宇を相手に勝利し、優宇が保持していたアイアンマンヘビーメタル級王座を奪取し第1281代王者となる。
2018年
  • 1月4日 東京・後楽園ホール大会「東京女子プロレス'18」にて才木玲佳の持つ TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦し勝利。第5代王者となる。(14分58秒、片エビ固め)※クラッシュ・ラビットヒート
  • 1月7日 大阪・大阪市平野区民ホール大会「「行こう!行くべ!行けば!行く時!迷うなら大阪に行くだけさ!」にてベーダ・スコットに勝ち、TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権の初防衛に成功。(12分28秒、体固め)※クラッシュ・ラビットヒート
  • 2月18日 東京・新木場1stRING大会「行こう!行くべ!行けば!行く時!迷うなら新木場に行くだけさ!」にてまなせゆうなに勝ち、TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権の2度目の防衛に成功。(13分31秒、体固め)※クラッシュ・ラビットヒート
  • 3月10日 神奈川・横浜ラジアントホール大会「行こう!行くべ!行けば!行く時!迷うなら横浜に行くだけさ!」にて黒音まほに勝ち、TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権の3度目の防衛に成功。(12分55秒、片エビ固め)※クラッシュ・ラビットヒート
  • 5月3日 東京・後楽園ホール大会「YES! WONDERLAND 2018〜自分をブチ破れ!〜」にて辰巳リカに勝ち、TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権の4度目の防衛に成功。(20分4秒、体固め)※クラッシュ・ラビットヒート

得意技[編集]

クラッシュ・ラビットヒート
大一番でのフィニッシャー。当初は走り込んでのジャンピングPKのような形であったが、現在は走り込んでのジャンピングニーのような形となっている。
アティテュード・アジャストメント
主な試合でのフィニッシャーとして使用される。
ジャーマン・スープレックス
ブラジリアンキック
バズソーキック
ミサイルクック
三日月蹴り
TRF(タフス・ローリング・フック)
変形腕固め
変形コブラクラッチ

獲得タイトル[編集]

紙テープカラー[編集]

ピンク、白(比率=2:1ぐらい)

入場テーマ曲[編集]

I am me (オリジナル曲)[15]
2017年6月4日の新宿FACE大会より使用。
ジンギスカン(Berryz工房)
旧テーマ曲。入場時に原曲の振付でダンスを行う。

出演[編集]

モデル

  • IDOL WRESTLER EXHIBITION アイドル×レスラー展(2018年3月13日 – 25日、銀座・ヴァニラ画廊)[16]
  • 集英社「プレイボーイ」No.16 2018年4月16日号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “2012年11月30日(金) 【会見】東京女子プロレスが1月からプレデビューイベント開催” (プレスリリース), 株式会社DDTプロレスリング, http://www.ddtpro.com/report/ddt/article/1354286074/ 2013年10月5日閲覧。 
  2. ^ 2013年1月30日(水) Twin Box AKIHABARA”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  3. ^ 2013年3月25日(月) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  4. ^ 4月26日(金) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  5. ^ 2013年6月6日(木) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  6. ^ 2013年7月11日(木) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  7. ^ 2013年8月17日(土) DDT両国国技館”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  8. ^ 東日本大震災復興イベント~がんばろう福島~『ゴージャスナイト』”. 株式会社DDTプロレスリング. 2013年10月5日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 2013年10月18日(金) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月20日閲覧。
  10. ^ 2013年10月27日(日) DDT大森駅東口駅前広場”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月30日閲覧。
  11. ^ 2013年12月1日(日) 北沢タウンホール”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年12月3日閲覧。
  12. ^ 2014年1月18日(土) 王子BASEMENT MON☆STAR”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年1月19日閲覧。
  13. ^ 2014年1月28日(火) 渋谷エンタメステージ”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年1月29日閲覧。
  14. ^ 2014年4月5日(土) ラゾーナ川崎プラザソル”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2014年4月5日閲覧。
  15. ^ http://www.tokyojyoshipro.net/archives/81.html
  16. ^ 銀座の画廊で『アイドル×レスラー展』が開催!5団体13選手が参加しスポーツとアートが融合!”. バトルニュース (2018年3月12日). 2018年3月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]