両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜
イベント詳細
シリーズ 両国ピーターパン
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2015年8月23日
開催地 日本の旗 日本 東京都墨田区
会場 両国国技館
試合数 10試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 6670人(超満員札止め)

両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜』(りょうごくピーターパンにせんじゅうご〜DDTよりあいをこめて〜)とは、日本のプロレス団体DDTプロレスリングによる、両国国技館で行われた興行である。

概要[編集]

  • 2014年の両国国技館大会終了後の高木三四郎による大会総括にて次期大会開催を発表。
  • KO-D無差別王座戦は坂口征夫KUDOを下して初戴冠。両国国技館での王座戴冠は飯伏幸太HARASHIMAKUDOに次いで4人目。その他、棚橋弘至とHARASHIMAによるエース対決、引退ロード真っ只中の天龍源一郎の参戦、LiLiCoのプロレスデビューなど、注目カードが目白押しの大会となった。また、毎年恒例の両国全域路上マッチはこの年は開催されなかった。
  • 大会一ヶ月前に前売りが完売したため、ステージ上のスクリーンが一部見えない「見切れ席」を初めて販売。これも当日完売となり、札止めとなる。
  • 例年、両国大会はFIGHTING TV サムライにて当日録画として中継されていたが、今大会は初めて完全生中継を実施した。また、10月18日には前年同様テレビ東京で録画放送された。

全試合結果[編集]

キング・オブ・ダーク選手権試合
伊橋剛太
(第3代王者)
5分15秒
横入り式エビ固め
“ハリウッド”ストーカー市川
(挑戦者)
第3代王者の伊橋が8度目の防衛に成功
オープニングマッチ 井上麻生&渡瀬瑞基デビュー戦
ヤス・ウラノ
彰人
中津良太
10分7秒
サソリ固め
梅田公太
井上麻生
渡瀬瑞基
第2試合 時間差入場タッグバトルロイヤル
出場選手(入場順)
MIKAMI勝俣瞬馬グレート小鹿ゴージャス松野松永智充岩崎孝樹紫雷美央星誕期福田洋ヨシヒコ大鷲透平田一喜アジャ・コング大石真翔LiLiCo宮武俊
松永岩崎 1分33秒
OTR
MIKAMI勝俣
紫雷 2分58秒
OTR(小鹿の誤爆から)
小鹿松野
福田&◯ヨシヒコ 4分0秒
合体ダイビング・ボディープレス
紫雷●&
アジャ大石 9分0秒
OTR
松永●&岩崎
アジャ大石 9分12秒
OTR
福田ヨシヒコ
アジャ大石 9分36秒
バックドロップ
大石平田
アジャ大石 16分41秒
垂直落下式ブレーンバスター
LiLiCo宮武
第3試合 ウチコミ!presents DDT EXTREME級ブラインドフォール・ブラジャーストリッピング・タイガートラップデスマッチ
アントーニオ本多
(第33代王者)
15分10秒
ブラジャー剥ぎ取り
マサ高梨
(挑戦者)
第33代王者の本多が初防衛に成功
第4試合 遠藤哲哉復帰戦
竹下幸之介 13分32秒
ジャーマン・スープレックス・ホールド
遠藤哲哉
第5試合 天龍源一郎引退ロード第16戦
天龍源一郎
高木三四郎
赤井沙希
13分9秒
シットダウンひまわりボム
石川修司
樋口和貞
里村明衣子
第6試合 KO-D6人タッグ選手権試合
石井慧介
入江茂弘
高尾蒼馬
(第19代王者)
12分35秒
ジントニック
男色ディーノ
スーパー・ササダンゴ・マシン
大家健
(挑戦者)
第19代王者組チーム・ドリフが5度目の防衛に成功
第7試合 KO-Dタッグ選手権試合
関本大介
岡林裕二
(第51代王者組)
18分39秒
フェニックススプラッシュ
飯伏幸太
佐々木大輔
(挑戦者組)
第51代王者組の関本&岡林が5度目の防衛に失敗、飯伏&佐々木が第52代王者組となる
第8試合 ドラマティック・ドリームマッチ
HARASHIMA
19分0秒
ハイフライフロー
棚橋弘至
メインイベント KO-D無差別級選手権試合
KUDO
(第53代王者)
21分20秒
神の右膝
坂口征夫
(挑戦者)
第53代王者KUDOが初防衛に失敗、坂口が第54代王者となる

外部リンク[編集]