サミ・キャラハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サミ・キャラハン
Solomon Crowe WM31Axxess.jpg
プロフィール
リングネーム サミ・キャラハン
ソロモン・クロウ
キャノンボール・キャラハン
キャノンボール・サミ
サタニック
本名 サム・ジョンストン
ニックネーム ニュー・ホラー
キャラハン・デスマシーン
身長 178cm
体重 91kg
誕生日 1987年9月1日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州ベルファウンテン
トレーナー シャーク・ボーイ
コーディ・ホーク
レス・サッチャー
デビュー 2006年3月
テンプレートを表示

サミ・キャラハンSami Callihan)のリングネームで知られるサム・ジョンストンSam Johnston1987年9月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーオハイオ州ベルファウンテン出身[1]

来歴[編集]

インディー団体[編集]

2006年HWA(Heartland Wrestling Association)に入団してトレーニングを開始し、3月9日にBPW(Buckeye Pro Wrestling)の10人制イリミネーションタッグマッチにてプロレスラーデビューを果たす。デビュー間もないながらもジョン・モクスリー、ディック・リック、ペッパー・パークスで結成されたユニットであるザ・クルーにメンバー入り。同年にはIPW(Insanity Pro Wrestling)にてシングルで活動。

2010年

2008年6月14日、CZWのイベントであるSummer Schoolに出場したことをきっかけに定期参戦するようになり、9月13日のクリス・キャッシュ・メモリアルショーではバトルロイヤルで優勝を飾る。11月12日、ROHにてフォーコーナー・サバイバルマッチ潮崎豪、レット・タイタス、グリズリー・レッドウッドと対戦。12月5日、IWAミッドサウスで行われたワンデイ・トーナメント、レヴォリューション・ストロングスタイル・トーナメントに出場し、決勝でロデリック・ストロングに敗戦し、準優勝。翌日の6日にはタッグチームのワンデイ・トーナメントによるでマイケル・エルガンとグリッツ・N・グラヴィー(Grits N Gravy)なるタッグを結成するが、こちらでも準優勝で終わった。

2009年、トップファイターへと成長したことにより各団体の主力レスラーとの対戦が多くなるようになり、CZWにて2月14日にブレイン・ダメージからCZWアイアンマン王座を奪取し、4月11日にはモクスリーとスイッチブレード・コンスピラシー(Switchblade Conspiracy)なるタッグを結成し、10月3日にwXwでwXw世界タッグ王座を奪取。10月25日、CZWにてダニー・ハボックからCZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座を奪取した。

2010年よりCZWにてヘビー級へと転向し、CZW世界ヘビー級王座獲得に向けて挑戦するも失敗することが続き、4月10日には相棒であるモクスリーに挑戦するも敗戦。この敗戦をきっかけにタッグを解消し、新たにジョー・ゲイシーをパートナーとして迎えた。

2011年、ジュニアヘビー級へ再転向して11月12日にアダム・コールからCZW世界ジュニアヘビー級王座を奪取。12月3日、日米のインディー団体によるイベント、インディー・レスリング・サミットにて大日本プロレスに所属する佐々木義人を相手にCZW世界ジュニアヘビー級王座の防衛戦を行い勝利。試合後に佐々木から再戦することを要求され、この要求を受け入れた[2]

2012年3月、大日本プロレス一騎当千によるリーグ戦、strong climbに出場するため来日。Aブロックにエントリーして8点を稼ぎ、決勝トーナメントに進出。準決勝にて佐々木との再戦が実現するが敗戦となった[3]。4月にはCZWのトーナメントであるBest of the Best 11にて優勝を果たした[4]

WWE[編集]

NXT[編集]

2013年5月27日、WWEと契約を交わしたことを発表し、後に正式に入団[5]ソロモン・クロウSolomon Crowe)のリングネームでNXTに所属することになり、8月29日のハウスショーにてエグザビアー・ウッズと対戦した[6]。12月5日、NXT Liveにてプロモーションを行っていたカリストを襲撃。陰気なハッカーというギミックで登場した[7]

2014年、NXT LiveにてカリストやCJパーカーといったレスラー達を相手に抗争を続けるがアピールする事ができずにハッカーギミックを取り消して活動していたものの8月30日のNXT Liveにて脚を負傷して離脱[8]。11月より復帰して再びNXT Liveを中心に活動するが12月18日のNXTにてダークマッチでブライアン・ケンドリックと対戦して勝利した。

2015年1月28日、NXTにてタイソン・キッド vs エイドリアン・ネヴィルの試合においてタイソン・キッドが入場する最中にタイタントロンにハッキングして自分の名前を流す[9]。2月12日のTakeover Rivalにてチーム・チック(バディ・マーフィー & ウェスリー・ブレイク) vs ルチャドラゴンズ(シン・カラ & カリスト)の試合においてチーム・チックが勝利した際に画面を乗っ取り出場予告を行った[10]。そして同月18日、NXTにて自然環境の保護を訴えてリング内をバリケードテープを張り巡らせたCJパーカーを襲撃[11]。4月15日、2月に襲撃したパーカーとのNXTのデビューマッチを兼ねた遺恨戦を行い怒りに燃えるパーカーとの打撃の応酬を繰り広げるが最後にストレッチマフラーを決めて勝利した[12]。5月27日、メインイベントにてノンタイトルマッチではあるがNXT王座を保持するケビン・オーウェンスと対戦し、ランニングニーなどを繰り出し応戦するが力の前に屈した[13]

11月24日、WWEに自主退団する意思を伝え解雇となった[14]

インディー団体[編集]

WWE退団後、2015年11月28日、イリノイ州を拠点とするAAW(AAW: Professional Wrestling Redefined)のWindy City Classic XIにてAAWヘビー級王者となったエディ・キングストンを襲撃しにサプライズ登場を果たし、インディーレスリングへ電撃復帰を果たす[15]。同月29日、2CW(Squared Circle Wrestling)のDead On Arrivalにて2CWヘビー王座を保持するショーン・カーに挑戦。勝利してベルトを奪取した[16]。12月11日、PWG(Pro Wrestling Guerrilla)のAll Star Weekend 11にてドリュー・グラックと対戦。最後にストレッチマフラーを決めて勝利[17]。同月12日、CZW Cage of Death XVIIにてデビッド・スターと対戦。最後にストレッチマフラーを決めて勝利した[18]。同月18日、2CW Christmas Chaos 2にてマット・ハーディーを相手に王座戦を行い勝利。ベルトを防衛した[19]

得意技[編集]

ブロック・レスナーのブロック・ロックと同型の関節技。マフラーホールドとシングル・ボストンクラブの複合技。
NXT時代はクロウ・バーという技名で使用。
  • ヘッドロック・ドライバー
変型スナップメア・ドライバー
ランニング・ラリアット
  • アサルト・ドライバー
エレクトリックチェア・ドライバー

獲得タイトル[編集]

CZW
w / ジョン・モクスリー
2CW
  • 2CWヘビー級王座 : 1回
wXw
  • wXw世界タッグ王座 : 1回
w / ジョン・モクスリー
JAPW(Jersey All Pro Wrestling)
  • JAPWタッグ王座 : 1回
w / クリス・ディッキンソン
PWS(Pro Wrestling Syndicate)
  • PWSヘビー級王座 : 1回

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ Solomon Crowe”. Online World of Wrestling. 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ CZW Indie Summit and Cage of Death 13 12/03/11 LIVE Results”. PWPonderings.com. 2011年12月3日閲覧。
  3. ^ Ikkitousen Strong Climb 2012”. PWTorch.com. 2012年2月26日閲覧。
  4. ^ British Optimism: CZW Best of the Best XI”. 411mania.com. 2012年4月16日閲覧。
  5. ^ NEWS: Callihan official for WWE, another DGUSA/Evolve star close behind, new match for EVOLVE 22, updated E20-22 line-ups”. PWTorch.com. 2013年5月27日閲覧。
  6. ^ NXT Tampa Show”. Internet Wrestling Database. 2013年8月29日閲覧。
  7. ^ Sami Callihan Posts Photo of His New NXT Hacker Gimmick, Renee Young Reveals New Undertaker Statue (Video)”. WrestleZone.com. 2013年12月5日閲覧。
  8. ^ NXT News: Talent suffers a broken leg at house show”. Prowrestling.Net. 2014年9月1日閲覧。
  9. ^ WWE NXT results - Jan. 28, 2015: Kevin Owens makes a huge demand for TakeOver, Blake & Murphy win NXT Tag Team titles”. WWE.com. 2015年1月28日閲覧。
  10. ^ WWE NXT TakeOver: Rival results”. WWE.com. 2015年2月12日閲覧。
  11. ^ WWE NXT results - Feb. 18, 2015: New NXT Champion Owens battles Neville, Rhyno returns and Solomon Crowe debuts”. WWE.com. 2015年2月18日閲覧。
  12. ^ WWE NXT results - April 15, 2015: Sami Zayn battles Rhyno in return to ring”. WWE.com. 2015年4月15日閲覧。
  13. ^ WWE NXT results - May 27, 2015: Solomon Crowe challenges Kevin Owens, Samoa Joe makes his presence felt”. WWE.com. 2015年5月27日閲覧。
  14. ^ WWE NXT Departure Confirmed, Rusev Posts New Photo With Lana, WWE RAW Twitter TV Ratings”. Wrestlinginc.com. 2015年11月24日閲覧。
  15. ^ AAW 11/28/15 Windy City Classic XI Results”. PWPonderings.com. 2015年11月29日閲覧。
  16. ^ Update – Sami Callihan Returns To The Indies, Wins 2CW Title”. Prowrestling.com. 2015年11月30日閲覧。
  17. ^ PWG 12/11/15 All Star Weekend XI Night 1 Results”. PWPonderings.com. 2015年12月12日閲覧。
  18. ^ CZW 12/12/15 Cage of Death XVII iPPV Results”. PWPonderings.com. 2015年12月13日閲覧。
  19. ^ 2CW 12/18/15 Christmas Chaos 2 Results”. PWPonderings.com. 2015年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]