デボン・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デボン・ムーア
プロフィール
リングネーム デボン・ムーア
本名 チャールズ・レナー
ニックネーム ノートリアス・スキャンバッグ
身長 180cm
体重 84kg
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルバニア州フィラデルフィア
所属 CZW
トレーナー ジョン・クロヌス
O-Dog
デビュー 2001年
テンプレートを表示

デボン・ムーアDevon Moore)のリングネームで知られるチャールズ・レナーCharles Renner)は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルバニア州フィラデルフィア出身[1]

来歴[編集]

2006年6月、IWAミッドサウスの『デスマッチの祭典』―キング・オブ・ザ・デスマッチ選手権(KOTDM)に初出場。そこではディスファンクションを相手に1回戦での敗退という結果に終わるも[2]、それからおおよそ2年後のこの大会において、イアン・ロッテンと組んだうえで1回戦目を制し、続けて2回戦でそのロッテンを下し、蛍光灯の山を用いた3回戦目のバトルロイヤルダイ・ハードを下し、ついには決勝戦に進出。ダニー・ハボックを相手に、有刺鉄線ロープのリングに200本の蛍光灯と蛍光灯やぐらとを用いたデスマッチを敢行し、これを制してこの大会の優勝者の座に君臨すると同時に[3]IWAミッドサウスデスマッチ王座を獲得するに至った。[4]

そんなこの年―2008年にあっては、ジョシュ・アバクロンビーミッキー・ナックルズと組んでIWAミッドサウスのタッグ王座を獲得[5]したうえ、『レスラー』というハリウッド映画に端役の一人として出演。[6] 更にはドリュー・ブラッドと組んだうえでコンバット・ゾーン・レスリング(CZW)へと殴り込みを掛け、この年のトーナメント・オブ・デス選手権(TOD)に出場。迎え撃ちに来たニック・ゲージドレイク・ヤンガー組と戦い、そのまま1回戦での敗退という結果に終わった。[7]

2009年には自身3度目となったKOTDMへの出場を行い、xOMGxとの1回戦で、有刺鉄線テーブル/有刺鉄線梯子/有刺鉄線を用いたデスマッチを敢行。そのまま敗退という結果に終わるも、続けて戦うことになったバトルロイヤル戦において、ニック・ゲージと組んだうえでこれを制し、同時にIWAミッドサウスタッグ王座を獲得。[8] そのおおよそ3ヵ月後に再びTODへと赴き、その非正規戦でグレッグ・エクセレントを相手に敗退。[9] それからほどなくののちにCZWのベスト・オブ・ザ・ベスト選手権へと初出場。ピンキー・サンチェスを下して1回戦目を勝ち進むも、3対3のバトルロイヤルであった第2回戦でエゴティスティコ・ファンタスティコに破れ退いた。[9]

この年にはIWAイーストコーストのデスマッチ選手権―マスターズ・オブ・ペインへの初参戦を行いもしたものの、宮本裕向を相手に一回戦目で敗退した。[10]

得意技[編集]

フィニッシャー。
ローリングエルボー

獲得タイトル[編集]

CZW
w / ダニー・ハボック
wXw
  • wXw世界タッグ王座 : 1回
w / ドリュー・ブラッド
  • wXwエリートタッグ王座 : 1回
w / サビアン
  • wXw世界クルーザー級王座 : 1回

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

出典[編集]

外部リンク[編集]