ホームレス・ジミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホームレス・ジミー(Homeless Jimmy)は、アメリカ合衆国南西部中西部深南部に掛けての地域でインディ団体を転戦しているプロレスラーである。[1]

エクストリーム・プロレスリング(XPW)やシン・シティー・チャンピオンシップ・レスリング(SCCW)コンバット・ゾーン・レスリング(CZW)などのいわゆるインディ団体をその主な活動の場としてきた。[1][2]

2000年には日本の地を踏み、10月12日―FMWのマットを舞台に、スプリームタッグを組んだうえで、福岡の地にてWEWハードコアタッグ王座を獲得。[3]

2002年にあっては、この年に始まったCZWの『デスマッチの祭典』―トーナメント・オブ・デス選手権へと出場し、1回戦目でニック・モンドを相手に敗退。[4] 12月にはインディペンデント・レスリング・レボリューションという団体のマットに現われ、デス・ディーラーという選手と組んでミスター・インサニティーディレンジド組を破っている。[5]

2005年にはSCCWのマットを舞台にトビー・クラインとデスマッチを行い、2008年にあっては、5月にXPWのマットを舞台にカーン・クッションというレスラーとタッグを組んだうえで、テリー・ファンクレフェリーとしてレイヴェンジョニー・ウェッブ組と一戦を交え、そして敗れ去った。[1]

出典[編集]