コンバット・ゾーン・レスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンバット・ゾーン・レスリングCombat Zone Wrestling)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアを拠点とするプロレス団体。略称はCZW

特徴[編集]

デスマッチを柱に据えたいわゆるハードコアを特色としてウルトラバイオレントUltraviolent)をスローガンとしている。そのため凶器にはガラス、蛍光灯、画鋲はもちろん工業用ホチキス、ウィードワッカー(芝刈り機)という今までない凶器を使用している。

歴史[編集]

元々はプロレスラー養成学校「コンバット・レスリング・スクール」としてジョン・ザンディグによって運営されていたが麻薬撲滅キャンペーンの関係者からチャリティーという形でプロレス興行を要請されて1999年に初めてプロレス興行を実施。その後も興行の開催を持ちかけられてプロレスラー養成学校からプロレス団体へと変貌してニック・ゲージジャスティス・ペインロボリック・ブレードが初期の看板候補選手であった。[1]

やがて大日本プロレスと業務提携を結んでユニット「CZW軍」として数多の所属手が大日本に参戦。2001年に業務提携は終了したが、マッドマン・ポンドのみが個別に参戦している。

近年ではアメリカまたは州の条例によって過激な試合形式をとることが難しくなったこともあり、UVU(ウルトラ・バイオレント・アンダーグラウンド)と称して無観客試合を行ったり、クルーザー級にも力を入れている。特にクルーザー級はかなりレベルが高く、世界最高峰とも称されるTNAのXディビジョンにも劣らないほどの独創性が発揮された試合も多数あり、CZWを足がかりにROH等の他のインディ団体で活躍するようになったレスラーも多い。

アメリカのCHIKARAIWSDRAGON GATE USAなどと業務提携を結んでいて興行は月1回を原則としている。

設立からずっとザンディグが所有者を務めていたものの2009年に至って引継ぎの形でDJハイドが新たな所有者となった。[2]

主な興行[編集]

毎年夏にCZWで行われるシングルデスマッチトーナメント戦。全ての試合が1対1とは限らず、3WAYで対戦して先にピンフォール及びギブアップを奪われた人のみが敗北すると言う形式を交えたこともある。
CZWで行われるクルーザー級の選手らによるシングルトーナメント戦。デスマッチは一切採用されず、純粋に技量を競い合う趣向となっている。
毎年冬にCZWで行われるメインイベント。リングを金網で囲い、リングの内外にはテーブル、ハシゴ、イス、ガラス板、ガビョウ、足場などの単純な物から複数の物を絡めることで趣向を凝らした様々な物までバラエティに飛んだ凶器が置かれている。シチュエーション、凶器の設定は金網がリングに置かれること以外は毎年異なり、決着方法も1本勝負、敗者から脱落する生き残り形式、リングアウト(リングの外に出た地点で敗退)の有無、ロイヤルランブル形式、ダブルリング形式(片方のリングは金網で囲わない)など、その年によって異なる。

タイトル[編集]

過去に存在した王座

栄誉[編集]

所属選手[編集]

男性レスラー[編集]

  • ARフォックス(AR Fox)
  • DJハイド(DJ Hyde)
  • MASADA
  • TJマルコーニ(TJ Marconi)
  • アズリエル(Azrieal)(フェデリコ・パラシオス)
  • アダム・コール(Adam Cole)
  • アレクサンダー・ジェームス(Alexander James)
  • アレックス・コロン(Alex Colon)
  • アレックス・レイノルズ(Alex Reynolds)
  • エリック・コルヴィス(Eric Corvis)
  • キット・オズボーン(Kit Osbourne)
  • クリス・ディッキンソン(Chris Dickinson)
  • グレッグ・エクセレント(Greg Excellent)
  • シェーン・ストリックランド(Shane Strickland)
  • ジェイク・クリスト(Jake Crist)
  • シューティーン(tHURTeen)
  • ジョー・ゲイシー(Joe Gacy)
  • ジョーカー(Joker)
  • ジョナサン・グリシャム(Jonathan Gresham)
  • ジョン・シルバー(John Silver)
  • ストッケード(Stockade)
  • ソツィオ(Sozio)
  • ダスティン・レイズ(Dustin Rayz)
  • ダニー・ハボック(Danny Havoc)
  • ダン・バリー(Dan Barry)
  • デーブ・クリスト(Dave Crist)
  • デビッド・スター(David Starr)
  • デボン・ムーア(Devon Moore)
  • ドリュー・グラック(Drew Gulak)
  • パパドン(Papadon)
  • バックス・ベルマー(Buxx Belmar)
  • バンディード・ジュニア(Bandido Jr.)
  • ブラック・ジーズ(BLK Jeez)(サビアン)
  • ペクトラル・ポセイドン(Pectoral Poseidon)
  • ペッパー・パークス(Pepper Parks)
  • マット・トレモント(Matt Tremont)
  • ミスター・トフィガ(Mister Tofiga)
  • ライアン・スレイター(Ryan Slater)
  • ラッカス(Ruckus)
  • ラテン・ドラゴン(Latin Dragon)
  • ランディ・サマーズ(Randy Summers)
  • リッチ・スワン(Rich Swann)
  • ローリー・モンド(Rory Mondo)
  • ロバート・アンソニー(Robert Anthony)(エゴティスティコ・ファンタスティコ)

ボムシェル[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]