登坂栄児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
登坂 栄児
Eiji Tosaka
登坂 栄児Eiji Tosakaの画像
プロフィール
リングネーム 登坂 栄児
本名 同じ
ニックネーム インディーの知恵者
身長 170cm
体重 73kg
誕生日 (1971-03-25) 1971年3月25日(46歳)
出身地 東京都足立区
所属 大日本プロレス
(代表取締役社長)
テンプレートを表示

登坂 栄児(とさか えいじ、1971年3月25日 - )は、日本の実業家。大日本プロレスリング興業株式会社代表取締役社長東京都足立区出身[1]。血液型AB型。身長170cm 体重73kg。

経歴[編集]

都立京橋高校卒業後の1991年、SWSの新入社員募集で採用され、分裂後はネットワーク・オブ・レスリングに移籍。第2次NOWでは社長を務め、当時のプロレス団体で最年少の社長就任であった。

その後、1995年の大日本プロレス旗揚げ時に、統括部長に就任。当初はレフェリーとして、大日本初期のデスマッチを数多く裁いてきた(レフェリーデビューは1995年5月26日静岡県・浜松市体育館大会、山川征二vs矢口一郎)。さらにサムライTVでの大日本の中継番組「大日大戦」などで実況アナウンサーとしてスポーツライターの須山浩継とのチームで活躍するようになる。番組内で場外乱闘時で会場内のパイプ椅子(特に一脚5,250円(税込)で弁償となる後楽園ホールの椅子)を使われた時等は、思わず現場監督としての愚痴がこぼれる事もある。

また大日本のグッズ関係を取扱う子会社の「四ツ葉工芸」を設立し、後にこちらの社長を務めるようになり、李日韓によると、レフェリー時代、試合の日は自分で試合を裁いて、試合が終わると売店へ直行。試合のない日は事務作業をこなすという日々を送っていたという。現在でも試合のない日は事務・営業といった日々を送っている。

2008年、金村キンタローの引き起こした女性スタッフ猥褻事件で、2月19日付けで現場責任者兼統括部長を引責辞任(同職は一時期、志賀悟(シャドウWX)が代行の後、9月1日付けで再任)。同時に大日大戦の実況も一時降板したが、9月16日放送分(9月14日・後楽園大会)より復帰し、後楽園のパイプ椅子弁償ネタを早速披露した。

その後、バーブ佐々木・李日韓等、後継のレフェリーが育ち、次第に裁く試合数も減った為、不定期ながら地方大会を中心にレフェリーとして試合を裁く事もあったが、現在はレフェリーとしては一線を退き、兼務は実況アナウンサーに専念している。

統括部長だった頃、ちゃんこ屋・自転車販売・歌手などといった小鹿社長の副業を快く思っておらず、妨害工作を企てる事もしばしばあった。2011年7月1日、グレート小鹿の会長就任に伴い登坂が後任の大日本プロレス興業社長に就任する。

インディーの知恵者[編集]

  • 登坂は、「弱小インディー団体」と自称する大日本を成長させた、立役者の一人であり、DDT高木三四郎K-DOJOTAKAみちのくと共に、「インディーの知恵者」と呼ばれる。
  • 一方で、大日本だけでなく、インディー団体の活性化の為、団体の枠を越えて奔走している。
  • 2005年には、インディー団体だけのイベント「インディーサミット」を開催、大会の成功に貢献した。
  • 2008年10月には、「興行を開催してみたい」という人を対象にした個別セミナーを開講。開催の仕方からリスク・リターンに至るまでの幅広い知識を提供した。

メディア出演[編集]

大日大戦アナウンサーチーム
(右は須山浩継

外部リンク[編集]

出展[編集]

  1. ^ 大日本プロレスの社長に聞く、プロレス人気をどうみる - ITmedia ビジネスオンライン 2015年2月25日