木村浩一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 浩一郎
プロフィール
リングネーム 木村 浩一郎
スーパー宇宙パワー
本名 木村 浩一郎
身長 185cm
体重 90kg
誕生日 1969年11月18日
死亡日 (2014-10-28) 2014年10月28日(44歳没)
出身地 群馬県館林市
スポーツ歴 レスリング
総合格闘技
柔道
デビュー 1990年7月18日
テンプレートを表示

木村 浩一郎 (きむら こういちろう、1969年11月18日 - 2014年10月28日) は、日本プロレスラー総合格闘家

来歴[編集]

大東文化大学在学中の1989年、サブミッション・アーツ・レスリング (SAW) に入門して格闘家としての活動をスタートした。1990年、FMWに参戦。同年7月18日の岡崎市体育館興行における三宅綾戦でプロレスデビュー。その後W★INGに参加し、柔道の徳田光輝、空手・誠心会館の齋藤彰俊らと共に格闘三兄弟の一人として活躍した。1991年にはリングスに参戦。5月11日の旗揚げ戦でSAWルールの試合を行い、同年12月7日からはリングスルールでの試合を行った。

1992年に大学を卒業、1994年には新格闘プロレス所属となり、1995年に西日本プロレスに所属後フリーランスとなった。同年4月20日にVALE TUDO JAPAN OPEN 1995の準決勝でヒクソン・グレイシーと対戦。1R2分7秒、スリーパーホールドで一本負け。

1997年からDDTプロレスリングに登場。DDTでは覆面レスラースーパー宇宙パワーになり新人レスラーのデビュー戦の相手を務めた。2000年より現場監督に就任。

2003年にWJプロレスに参戦して佐々木健介とシングルで対戦。2006年にはキングスロード、2008年にはバトラーツに参戦。他に不定期ながら池田大輔が率いるフーテンプロモーションにも参戦。2010年にハッスルに参戦。ハッスル崩壊後はハッスルMAN'Sワールドに参戦。2013年には、TAJIRI率いるWNCに参戦。

2014年10月28日、肺炎により死去[1]。2014年12月9日、新木場1stRINGで木村浩一郎追悼興行が開催された[2]

女子総合格闘技への関わり[編集]

女子の総合格闘技に積極的に携わり、女子総合格闘技大会スマックガールにはレフェリーで参加しルールも作成。2001年10月に当時のスマックガールのエースだった星野育蒔を看板に新たに女子の大会「AX」を旗揚げ。AXが2002年に活動休止してからは、2004年11月に修斗による女子大会「G-SHOOTO」の統括プロデューサーに就任。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 0 1 0 0 0 0
2 0 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヒクソン・グレイシー 1R 2:07 スリーパーホールド VALE TUDO JAPAN OPEN 1995
【準決勝】
1995年4月20日
ウェイン・エモンズ 1R 6:41 フロントフェイスロック VALE TUDO JAPAN OPEN 1995
【敗者復活戦】
1995年4月20日
× トッド・ヘイズ 1R 2:55 フロントスリーパーホールド VALE TUDO JAPAN OPEN 1995
【1回戦】
1995年4月20日

映画出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]