入江茂弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
入江 茂弘
Shigehiro Irie
入江 茂弘Shigehiro Irieの画像
プロフィール
リングネーム 入江茂弘
身長 175cm
体重 115kg
誕生日 (1988-03-28) 1988年3月28日(29歳)
出身地 大阪府
所属 DDTプロレスリング
トレーナー 高井憲吾
デビュー 2008年4月30日
テンプレートを表示

入江 茂弘(いりえ しげひろ、1988年3月28日 - )は、DDTプロレスリング所属のプロレスラー大阪府出身。身長175cm、体重115kg。

来歴[編集]

2002年、中学2年生で大阪プロレスのプロレス学校に入門。同期には大阪プロレスの三原一晃小峠篤司プロレスリング・ノアに移籍)がおり、高井憲吾や、ビリーケンキッドスペル・デメキンらがコーチを務めていた。高校生になると並行して石倉正徳のもとで総合格闘技の練習も積み、アマチュア・パンクラス大会にも出場している。ちなみに出身高校は、名門・大阪府立北野高等学校

2007年でら名古屋プロレスに入門、翌2008年4月30日、新木場1stRINGで開催された「若武者」でデビュー(vs高西翔太)。6月7日のでら名古屋プロレス旗揚げ戦ではメインで高木三四郎と組んで真霜拳號滝澤大志と対戦。

2009年4月、でら名古屋プロレスが代表者の不祥事により活動休止となった後は、「チームでら」所属として活動している。

2010年3月よりDDTプロレスリングへ留学という形で参加しておりDDTを主戦場としているが、名古屋での興行へも定期的に参戦している。また、12月からはユニオンプロレスに移籍した高木三四郎のプロデュースしたTKG48のメンバーとしてユニオンにもレギュラー参戦するようになった。

2011年5月8日の「愛プロレス博2011」において、タッグマッチではあるが高井に勝利(パートナーは三原)し、師匠越えを果たした。同5月、DDTのKO-D無差別級挑戦権トーナメントに参戦し、飯伏幸太を破る大金星を挙げた。その活躍を認められて翌月の6月にTKG48メンバーである澤宗紀をパートナーに迎えてKO-Dタッグ王座に挑戦、王者GENTAROヤス・ウラノ組を破り初のタイトルを手にした。

2012年4月1日後楽園大会、ケニー・オメガが保持する世界ジュニアヘビー級王座に初挑戦し、ファイヤーバードスプラッシュを披露するなど肉薄したが最後はケニーの片翼の天使で入江が敗れた。5月4日には石川修司とのチーム「BIG"G"BANG」で佐々木義人BJW認定タッグ王座に挑戦、奪取に成功した。

2012年秋、石井慧介高尾蒼馬ら3人でチーム・ドリーム・フューチャーズを結成。2013年よりDDTの正式所属選手となり、チームドリフの3人でKO-D6人タッグ王座も戴冠した。

3月20日、ケニーが持つKO-D無差別級王座に初挑戦して王座奪取に成功[1]。その後8度防衛し、KO-D無差別級の最多防衛記録を樹立した。8月の両国国技館大会「両国ピーターパン2013」でHARASHIMAとの防衛戦を行ったが、敗れて王座から陥落した。

8月17日、両国国技館大会「両国ピーターパン2014」で大槻ケンヂメイクを施し登場。

2015年、11月23日より開幕する全日本プロレスの「世界最強タッグ決定リーグ戦」に吉江豊とのタッグで出場決定。

2016年5月25日、全日本プロレス社長秋山準の要請により、「AJレンジャー」のグリーンになる。

7月17日より無期限アメリカ遠征。中西部のWCWO, IWA Mid-South, AAW, Pro Wresting Blitz, Galli Lucha Libre, Freelance Wrestling, Resistance Pro Wrestling, MIAW, UPW, AIW, Grobal Force Wrestling、LA地区のAWS, Champion Wrestling from Hollywood, 等に出場。9月6日のMIAWミルウォーキー大会ではSilas Youngをピンフォールし同団体のヘビー級ベルトを獲得(海外初戴冠)。10月5日のWCWOインディアナポリス大会では12名参加のワンデートーナメント(決勝は3WAY)で優勝を果たす。

11月6日のDDTフェスにて一時帰国。2017年1月8日をもって再度アメリカに遠征。1月10日から21日までカナダCWEの冬季ツアー12大会にフル参戦。1月28日アメリカ・ウイスコンシン州でのMIAWサウスミルウォーキー大会では25人参加の時間差バトルロイヤルを制し空位のヘビー級ベルトを獲得し、インイベントではラフ・クロシングを相手に初防衛に成功。

8月23日、DDT事務所にて自身の海外遠征が発表された。9月19日の名古屋大会が終わったら海外遠征を始める模様で、遅くとも年末には帰国する予定[2]。25日、新宿FACEで行われた興業で樋口和貞と対戦し、11分58秒でフォール勝ち。記録は片エビ固め。入江が放ったコーナー最上段からのキャノンドロップなど、大肉弾戦と呼ぶべき試合であった。この試合は自分に何の相談もなく遠征を発表したことや「日本にいても上は目指せる」と納得できない点があったことなどから、男色ディーノに「闘いてわかり合いましょう」と言われて決定したものであった。[3]

人物[編集]

得意技[編集]

ビーストボンバー
通常の主なフィニッシャー。
ビーストスプラッシュ
元は「フライングソーセージ」の名称で使用していたが2015年頃より現在の名称に。フィニッシュホールドとして使用される事も多い。
パッケージパイルドライバー
ここ一番での奥の手。
ブラックホールスラム
旋回式スクラップバスター
ファイヤーサンダー
テディベア
飯伏殺し
グラウンドでのゼロ距離エルボー。名称は飯伏をKOしたことから。
自分が垂直落下式バックフリップ
自身が垂直に突き刺さるようにかける。以前は入江の代名詞としてフィニッシャーとして使用されていたが、現在は使用自体が減っている。
リバース・カミカゼ・アッサムボム
大一番でのみ使用
ヘッドバット
エルボースマッシュ
ゴア
変形ゴリラクラッチ
ばってんボンバー
アイダホ!ミネソタ!ミシシッピ!エルボー
上記2つは親交の深いばってん多摩川の技。

タイトル歴[編集]

DDTプロレスリング[編集]

大日本プロレス[編集]

全日本プロレス[編集]

入場曲[編集]

デビュー当時より使用。当初は正式な許可を得ずに使用していたが、2013年8月18日に両国国技館で行われた「DDT万博」に筋肉少女帯も来場し生演奏で入場。

脚注[編集]

  1. ^ “入江がケニーを下し、KO-D無差別級初挑戦にして戴冠!次期挑戦者に坂口、いつでもどこでも挑戦権獲得者は4人!”. バトル・ニュース. (2013年3月20日). http://battle-news.com/battle/2013/03/001752.php 
  2. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.82.
  3. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.93.

外部リンク[編集]