ホルヘ・アリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フニコから転送)
移動先: 案内検索
シン・カラ
WWE Live 2015-04-17 21-45-53 ILCE-6000 0256 DxO (19688875801).jpg
プロフィール
リングネーム シン・カラ
フニコ
シン・カラ・ネグロ
インコグニート
ミスティコ
ホルヘ・アリアス
ミスティコ・デ・フアレス
本名 ホルヘ・アリアス
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 (1977-08-05) 1977年8月5日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州エル・パソ
所属 WWE
トレーナー レイ・ゲレーロ
エル・ミゲーラ
テンプレートを表示

ホルヘ・アリアスJorge Arias1977年8月5日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州エル・パソ出身のメキシコ系アメリカ人[1]

インコグニートIncognito)のリングネームでTNAROHといった団体で活動していることで知られている。現在はWWEシン・カラSin Cara)のリングネームで所属している。

来歴[編集]

インディー団体[編集]

1996年テキサス州エル・パソのバージ高校を卒業。高校卒業と同時にプロレスラーとしてのキャリアを開始するが、家族の都合により家を転々とし、家業を手伝うこともあってトレーニングや試合をまともにすることができなかった。

家業が落ち着き、2000年ミスティコMistico)というリングネームを与えられる。CMLLなどで活躍したミスティコ(イグナシオ・アルマンサ、シン・カラのリングネームで2011年から2013年までWWEにも所属していた)の原型であり、ギミック上でも現在のミスティコと遜色ない設定であった。

2004年WWAにて行われたWWAミドル級王座に挑戦。シコシスから王座を奪取した。

同年、CMLLのアストロ・ボーイがリングネームをミスティコに変更したため、2005年からミスティコ・デ・フアレスMistico de Juarez)またはM[ i ]sticoの[ i ]を[ y ]に変えたミスティコMystico、スペイン語圏ではメイスティコの発音)へと区別するようになった。

インコグニート時代

それまではメキシコのインディ団体を回っていたが、前述の活躍を認められてAAAに入団。2005年まで活動。その後、アメリカとメキシコの境界に住んでいたこと、英語を話せるという利点からアメリカで活動することを決める。

2006年TNAに参戦。リングネームをインコグニートIncognito)に変更。ワールドX-CUPトーナメントでチームメキシコに参加したり、シコデリコ・ジュニアとタッグを組んでNWA世界タッグチーム王座決定戦で決勝進出の活躍を見せた。

2007年チカラ参戦。各団体のレスラー三人組、32チームが王座を争うトーナメント、キング・オブ・トリオエル・パンテーラリンス・ドラドと組んで優勝を飾った。その他NWAメキシコROHなどにも参戦。

WWE[編集]

2009年12月14日にWWEのトライアウトに参加。素顔のホルヘ・アリアスJorge Arias)で挑み、翌12月15日に最終テストとして、ECWのテレビマッチでフリオ・クルーズとタッグを組み、ケイレン・クロフト & トレント・バレッタと試合をした。ジョバーとしての役目だったが合格、契約を勝ち取った。

2010年からFCWにて活動。インコグニートからフニコHunico)へと現在のリングネームに変更。エピコとタッグチーム、ロス・アヴィアドアースLos Aviadores)を結成し、FCWフロリダタッグチーム王座を獲得。

フニコ時代

2011年、FCWでトレーニングを継続していたが、7月にシン・カラが禁止薬物を摂取していたことが明らかになりウェルネス・ポリシーに違反したとして30日の謹慎処分となった。そのため8月よりシン・カラの代行としてSmackDown!に登場。シン・カラの代役を務め上げ、上層部からの信頼を深めた。その後ヒールとなり、シン・カラ・ネグロSin Cara Negro)として活動。謹慎処分が明けて復帰したシン・カラがベビーのシン・カラ・アズールとなり、10月から抗争を展開。メキシコでマスカラ・コントラ・マスカラ戦を行って敗れ、マスクを取られた。素顔になってからはリングネームをフニコに戻し、11月よりWWEに昇格したエピコと結託してシン・カラとの抗争が続くかと思われたがPPVであるSurvivor Seriesでシン・カラが重傷を負い、長期欠場となったため頓挫。エピコはプリモとタッグを組むことになり、フニコは12月よりカマーチョを相棒として活動している。テッド・デビアスと抗争したり、タッグ戦などに出場していたが、徐々にSuperstarsNXTレスリングでの出場が主になった。6月、負傷により欠場するがNXTにてカマーチョが試合に参加した際に実況にて「リング外での不祥事が原因」とコメントされている。また、カマーチョ自身もその後にマイクパフォーマンスで「メキシコで足止めを喰らっているフニコを救うのに金が要る」と語っている。

2013年4月、WrestleMania Axxessにて復帰し、相棒のカマーチョと組んでエゼキエル・ジャクソン & ヨシ・タツと対戦するが敗戦した。以降、WWE Liveを中心に出場し、11月5日のSuperstarsにてテレビショーに復帰。カマーチョとのタッグでウーソズと対戦するが敗戦した。11月よりNXTにてジ・アセンションと抗争を開始。12月2日、RAWにて再びシン・カラとなって登場。アルベルト・デル・リオと対戦して勝利した。以降、イグナシオ・アルマンサに入れ替わって本格的にシン・カラとして活動するようになり、カーティス・アクセルドリュー・マッキンタイアから連勝した。

2014年1月7日、SmackDownにてレイ・ミステリオ & ロス・マタドールズと組んでライバクセル & リアルアメリカンズと8人制タッグマッチで対戦して勝利した。翌8日にはNXTにてフニコとしてカマーチョとのタッグでジ・アセンションとトルネードタッグマッチによる決着戦が行われたが敗戦し、抗争は終了となった。同月、NXTでもシン・カラとして出場するようになり、2月5日のNXTではアレクサンダー・ルセフと対戦するも圧倒されてしまい敗戦した。

NXTではカリストとのタッグで活動。8月より開始されたNXTタッグ王座挑戦権争奪トーナメントに出場し、決勝まで進出。9月4日、決勝戦にてボードビラインズと対戦して勝利して優勝を飾った。9月11日、Takeover Fatal 4 WayにてNXTタッグ王座を保持するジ・アセンションに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した。試合後にタッグネームをルチャドラゴンズThe Lucha Dragons)にする事を発表した。12月11日、Takeover R Evolutionにてボードビラインズとタッグ王座戦を行い勝利し、ベルトを防衛した。

2015年3月30日、カリストと共にWWEへ再昇格を果たす。

得意技[編集]

現在使われているフィニッシャー。ハイアングル・セントーンボム
足4の字固め
ミステシスや丸藤正道が使う物と同型だが、フニコの場合はエプロンに退避して走り込んで来た相手にコーナー越しに放つ。

獲得タイトル[編集]

NXT
w / カリスト
FCW
w / エピコ
CHIKARA
w / エル・パンテーラ & リンス・ドラド
WWA
  • WWAミドル級王座 : 2回
NCW
  • NCW世界ヘビー級王座 : 1回
  • NCWライトヘビー級王座 : 4回
  • NCWミドル級王座 : 2回

脚注[編集]

  1. ^ Hunico”. Online World of Wrestling. 2015年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]