チカーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チカーノ(Chicano)は、狭義にはメキシコ系アメリカ人の2世以降を指すとすることもあるが、1世も含めることが多い。また、実際にはメキシコを出自としながら、メキシコにそのアイデンティティーを求めず、ヒスパニックアメリカンと自称するメキシコ系アメリカ人も存在する。西海岸のカリフォルニアや、南部テキサスなど、メキシコとの国境に位置する州の居住者が多い。

概要[編集]

起源としてはナワトル語のMexitriのスペイン語派生語が、言語学者の間で信じられている。メシカという単語の語源Mexihcatlは単数形である。メキシカーノ(スペイン語ではメヒカーノ)の最初の音節が失われて、チカーノとなったという説が有力となっている[1]。チカーノは20世紀初頭にメキシコ系労働者たちを指して、その雇い主が使った差別用語として始まり、その後メキシコ本土にも低所得者層を指す言葉として広まった。チカーノの起源については諸説あるが、コミュニティではチカーノのアイデンティティを主張する傾向が依然として強いとされている[2]

1960から70年代に、メキシコ系アメリカ人が起こした文学的及びチカーノ運動と呼ばれる一連の政治的運動において、チカーノは民族の誇りを示す言葉となった。彼らはこの時代に、民族としてのアイデンティティを持ち始めたとも言える。

チカーノの文化と音楽[編集]

音楽を中心とした、イーストロサンゼルスやテキサス州のチカーノ文化は特に有名である。低所得層の若者は黒人達と交流を持ち、近接した文化圏を持つ。カリフォルニア州南部のロサンゼルスサンディエゴなどではギャングスタとなる者が多くいる。チカーノ・ギャングスタ(チョロ)の特徴としては、髪を剃り、口髭を伸ばし、サングラスをかけ、さらにギャングチームの名前やカルチャーなどのタトゥーを入れてるものが多い。南カリフォルニアでは自動車産業に従事する者もおり、ローライダーと呼ばれる車高を低くしたモーターカーを好んでいる。ラッパーではキッド・フロスト(現:フロスト)が90年の「ラ・ラーサ」で知られている。また、ロス・ロボス[3]などのロックは、「チカーノ・ロック」、ティエラやロッキー・パディーヤなどのチカーノ・ソウル/R&Bは「ブラウン・アイド・ソウル」と呼ばれることもある。アメリカ南部のテキサス州を中心としたメキシコ人の音楽全般は、「テハーノ・ミュージック」(テックス・メックス)と呼ばれる。

チカーノの語義を再定義した人々[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mestiz@ Scripts, Digital Migrations, and the Territories of Writing|url=https://archive.org/details/mestizscriptsdig00baca%7Curl-access=limited%7Clast=Baca%7Cfirst=D.%7Cpublisher=Palgrave Macmillan|year=2008|isbn=9780230605152|pages=54
  2. ^ Zaragoza, Cosme. Aztlán: Essays on the Chicano Homeland. Revised and Expanded Edition. University of New Mexico Press. pp. 137. ISBN 9780826356758 
  3. ^ 87年に「ラ・バンバ」がヒットした
  4. ^ ベトナム反戦運動の時代に警察に殺害された

関連項目[編集]