チカーノラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チカーノラップメキシコ系アメリカ人たちが制作したラップ・ミュージックである。

概要[編集]

チカーノ(メキシコ系アメリカ人)ラップの音楽性は、ギャングスタ・ラップ、特にドクター・ドレー[1]イージーE等のGファンク[2]に影響を受けていた。

黒人のギャングスタ・ラップとの相違点は、旧譜のサンプリング多用が挙げられる。サンプ・レコード[3]などのローライダー文化の中で連綿と受け継がれてきたオールディーズ愛好の伝統は1980年代からのチカーノラップにも受け継がれ、オールディーズをサンプリングした曲を使うチカーノ・ラッパーも見られた。

ラップをする際には、スペイン語、スペイン語訛りの英語を用いることが多い。2メックスはアンダーグラウンド・シーンで活動しており、メキシコ系アメリカ人であってもチカーノラップの文脈で語られることはまずない。

歴史[編集]

チカーノラッパーのオリジネイターであり、最も有名なチカーノラッパーの一人とされているのが、キッド・フロスト(現フロスト)である[4]。彼が1990年に発表したデビューアルバム「Hispanic Causing Panic」の先行シングルとしてリリースされた「La Raza」(ラ・ラーサ)は、スペイン語と英語のバイリンガルスタイル、いわゆるスパングリッシュを使用し話題になった[5]。フロストのラップ曲は、同じスタイルで一足先にリリースされていたメロウ・マン・エース(彼はキューバ生まれ)の「Mentirosa」(メンティローサ)とともに、リスナーはチカーノにとどまらず、ラップを好む他の人種の人々にもファンを拡大した。。

その後、1990年代前半には、ライター・シェイド・オヴ・ブラウンの「On A Sunday Afternoon(1992年)」と「Hey D.J.(1994年)」、N2ディープの「Back To The Hotel(1993年)」などのヒット曲が生まれた。また、サイプレス・ヒルやスロウ・ペイン、ALTなどもチカーノである。女性のチカーノ・ラッパーとしては、JVなどがいる。1990年代後半~2000年代初頭には、チカーノラップのレーベルの多くがこの時期に生まれた。

地元ヴァレーホ[6]からのヒューストンに移住したベイビー・ビーシュ改めベイビー・バッシュ2004年に「シュガ・シュガ」をヒットさせるのと平行して、先述のレーベルに所属するラッパーたちがにわかに注目され始めた。ロウ・プロファイルを代表するアーティストのミスター・サンチョ、自らのレーベル、ハイパワーを立ち上げ、オールディーズのアーティストとのコラボレーションもこなした多作家のミスター・カポーン・E、もはやローカリティを感じさせない楽曲を制作するプロデューサーフィンガズがほとんどの楽曲を手がけるリル・ロブなどが脚光を浴びた。ラップ以外のチカーノ系ミュージシャンとしては、R&Bのティアラやロッキー・パディーヤがいる。サンタナやウォーのメンバーの一部もチカーノである。

他地域のチカーノラップ[編集]

下記の州やカリフォルニアのようなメキシコとの国境周辺だけでなく、コロラド州デンバーなどにもチカーノラップのシーンは存在する。

  • テキサス州

テキサス州ヒューストンでまず見るべきチカーノラップの潮流としては、SPMと彼のレーベル、ドープ・ハウスがある。SPM(サウス・パーク・メキシカン)は、94年にドープハウスを設立すると、地道にミックステープを売るなどしてファンの基盤を作り、この地域に覇権を築いた。彼自身やドープハウスに所属する他のアーティスト、ラシード、ベイビー・ビーシュ[7]グリムラッキー・ルチアーノ[8]フアン・ゴッティ達は、同じ地元のスクリュード・アップ・クリックとの交流を持ち、彼等の音楽性を取り入れつつも自らのチカーノであるというルーツも強調した音楽を作り上げた。この地域の他のチカーノラッパーとしては、チンゴ・ブリングなどがいる。

  • アリゾナ州

この地域のチカーノラッパーはそれほど多くは知られていないが、NBライダーズ(元ナスティ・ボーイ・クリック)はカリフォルニアのチカーノたちに匹敵する人気グループである。トークボクサーをメンバーに含み、メロウさとファンクの双方を前面に押し出し、2004年にはアルバム「NB Raidaz.com」を発表した。

脚注[編集]

  1. ^ 「ナッシン・バット・アGサング」が93年にヒットした
  2. ^ NWA、アイスT、スクーリーD、アバーブ・ザ・ロウ、トゥー・ショートら多数のラッパーが活躍した
  3. ^ ティアラたロッキー・パディーヤら、チカーノ系の甘茶ソウル、ラップの音楽家が在籍した
  4. ^ Bad Subjects Magazine – "Hyper-Masculine and Misogynist Violence in Chicano Rap"”. 2021年4月3日閲覧。
  5. ^ BrownPride.com – "History of Latin Rap"
  6. ^ ファンクバンドのコンファンクシャンや、Gラッパーらを輩出した。
  7. ^ Jeffries, David (2007年). “Baby Bash – Biography”. AllMusic. 2007年9月16日閲覧。
  8. ^ 歴史上のマフィアのボスと同じ名前をつけたラッパーである

関連項目[編集]