ウエスト・コースト・ヒップホップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウエスト・コースト・ヒップホップ
様式的起源 ブルース
R&B
ディスコ
ソウル
ファンク
文化的起源 1980年代中盤、アメリカ合衆国西部。
使用楽器 ドラムマシン, ビートボックス, ヴォーカル, シンセサイザー、ラップ

ウエスト・コースト・ヒップホップ(West Coast hip hop)とは、ラップジャンルの1つである。

概要[編集]

西海岸のラップは、ファンクを基調としたバウンス系のサウンドが多く、代表的なアーティストとしてはドクター・ドレスヌープ・ドッグ2PAC[1]らがあげられる。

歴史[編集]

ラップ発祥の地としては東海岸がルーツと見られているが、西海岸でもアイスTらがデビューするはるか以前から、各種の音楽イベントが開かれていた[2]。1980年代の誕生当時は、黒人の人権をラップしたハードコアなスタイルが多かったが、その後はドラッグ、セックス、女性、バイオレンス、警察への反発等をテーマにしたライムが増え、ギャングスタ・ラップが中心のスタイルへと移行した。西海岸シーンの先駆者は、Dr. DreIce Cube等が在籍したヒップホップ・グループN.W.A.[3]と見られている。その後、N.W.A.を脱退したDr. Dreのアルバム『Chronic』やSnoop Dogg[4]の『Doggystyle』、が全米で大ヒットし、いわゆる「Gファンク」と呼ばれるムーブメントが1990年代に起きる。90年代前半に、ウエスト・コースト・ヒップホップは全盛期を迎えた。25才の若さで銃殺された2PACは、同シーンのレジェンド的存在となった。

2000年以降では、Tyga等が人気を獲得し、シーンの代表格となった。

脚注[編集]

  1. ^ 「ディア・ママ」など、ソウル・ヒットを多く放ったが、射殺されてしまった
  2. ^ http://geniusrap.com/rap-articles/westside-story-the-history-of-west-coast-hip-hop.html
  3. ^ アルバム「ストレイタ・アウト・コンプトン」がベストセラーとなった
  4. ^ 「ワッツ・マイ・ネーム」がヒットした

関連項目[編集]

出典[編集]