ギャングスタ・ラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャングスタ・ラップ
様式的起源 ヒップホップ
文化的起源 1980年代中盤、アメリカ合衆国にて。
使用楽器 ドラムマシン, ビートボックス, ヴォーカル
流行時期 1990年代中盤~2000年代初期だが、ピークは1990年代終盤。
地域的なスタイル
ウエストコースト・ヒップホップ, イーストコースト・ヒップホップ, サザン・ヒップホップ, ミッドウエスト・ヒップホップ, チカーノ・ラップ
テンプレートを表示

ギャングスタ・ラップ(Gangsta rap)とは、ラップジャンルの1つである。

ラップの中でも、特に「過激で攻撃的な歌詞を用いるアーティスト」を指すときに使われる言葉である。代表的なアーティストには、ドクター・ドレースヌープ・ドッグNWA2パックなどがいる。 なお「ギャングスタ」とは、本来はストリートギャングやヤクザ者の事を表すスラングだが、ヒップホップにおいては、「男気・男らしさ・いきがっている奴」という意味で用いられる事が多い。

ヒストリー[編集]

ギャングスタ・ラップの誕生[編集]

ハーレム等の黒人街を中心に、1980年代中盤に誕生。Ice-TN.W.A.等がその元祖とされている。

1980年代、1990年代、ドレー、スヌープ、2パックの活躍[編集]

1988年にアイスTのアルバム「パワー」から「アイム・ユア・プッシャー」がヒットしたのが、ギャングスタ・ラップの快進撃のきっかけとなった出来事だった。また、オークランドのトゥー・ショートのアルバムも話題となった。東海岸では、スクーリーDが数少ない初期のギャングスタ・ラッパーといえる。その後、88年から89年にかけてNWAのアルバム「ストレイト・アウタ・コンプトン」が空前の大ヒットとなり、全米にギャングスタ・ラップの存在が認識されることとなる。しかし、当初のNWAに対する評価は非難ごうごうであり、肯定的な評価は少なかった。しかし90年代にはいると、1992年にN.W.A.のメンバーの一人だったドクター・ドレーが発表したアルバム「The Chronic」の大成功により、ラップミュージックの中で最も影響力を持つ存在となった。この頃からようやくギャンスタ・ラップがR&Bチャートやポップ・チャートでのヒットを出せる音楽へと、発展し始めた。彼らの楽曲には、バックトラックにPファンクやジェームス・ブラウンを使用するなどの共通点が見られる。これと同時期に、ドレーシュグ・ナイトが創設したレーベル「Death Row Records」から、2パックスヌープ・ドッグ等のアーティストが商業的な面でも大成功を収めるようになる。さらにイージーEアイス・キューブ、DOC、DJクィック、アバーブ・ザ・ロウ、MCエイト、コンプトンズ・モスト・ウォンテッド、トゥー・ショート、アント・バンクス、スパイス1らのギャングスタ・ラッパーも斬新な内容のアルバムを発表し、シーンを活気づかせた。その後2パックとイージーEは、惜しくも若くして亡くなってしまった。90年代前半はウエストコースト・ラップの全盛期だったが、90年代の後半以降は次第に南部ラップやチカーノ・ラップへと、シーンの中心が移っていった。南部ラップでは、ゲットー・ボーイズが90年代初頭には早くもヒットを出していた。しかし本格的に南部の人気が出てきたのは、マスターPのノー・リミットや、キャッシュ・マネーのラッパーたちがヒットを出し初めてからである。チカーノ・ラップでは、キッド・フロストやメローマン・エースが活躍した。

2000年代、衰退期[編集]

2000年代になっても南部ラップやチカーノ・ラップは、一定の人気を保ってきた。だが、2000年代で最も活躍が「目まぐるしい」ギャングスタラッパーと言えば、やはり世界中で大成功を収めた50セントだ。しかし2004年以降になると、リル・ジョン等の登場により、電子音楽を多用した次世代ヒップホップミュージック、いわゆる「クランク」と呼ばれた新たなラップムーヴメントが発生し、1990年代当時の勢いを失い始める。それに加えて、オプラ・ウィンフリービル・コスビースパイク・リー等のアメリカを代表する黒人エンターテイナー達による「ギャングスタ・ラップの攻撃性」に対する大々的な批判も、その衰退傾向に拍車を掛けている。

ギャンスタ・ラップの第一人者とされている、Ice-T。

社会的見解[編集]

上記した様に、過激な歌詞を並べるのがギャングスタ・ラップの1つの特徴である。その内容と言えば、ドラッグ、酒、犯罪、ギャングの抗争など、反モラル的なものが多い。そのため常に、社会の安心・安全や社会規範・倫理を重視する市民団体、メディア、親から批判を受け続けている。

しかし、ハーレム等の黒人街に住む子供達にとって、その様な光景は日常茶飯事である。親からの虐待や、売春、麻薬取引、そして人種差別。そこに登場したのが、後に世界中の有識者から「史上最悪、犯罪を助長するアーティスト」とまで言われるようになる50セントだった。彼は「金・高級車・ドラッグ・拳銃・ナイフ・女性」の事ばかりをラップする典型的なギャングスタ・ラッパーだが、それだけでは無かった。父親を知らずに育ち、ドラッグディーラーだった母親は彼が8歳の時に殺され、その後成長しても少年院への出入りを繰り返すようになる。そして、母と同じくドラッグディーラーとなった挙げ句、これまでに一度刺され、9度の銃撃に遭った経験を持つなど、壮絶な人生背景を持っているのである。

そのような彼の生き様は、劣悪な環境で生活している子供達にとって正に等身大。自分たちの苦しさや、欲望をそのまま体現してくれる数少ない存在なのである。彼が、尋常ではない量の批判を世間から受け続けたにも関わらず、世界中のキッズから圧倒的な支持を得たのも、そこにあるのである。

だが、やはり社会的に見て、いくらエンターテイメントとはいえども、歌詞を一見すると法を犯すものばかりで、許されざる内容のものが多いのが現状である。特に、近年は以前よりも、更に過激な歌詞をラップするアーティストが多くなってきており、聴く側にもきちんとした良識が求められる様になってきている。その点、自分で思慮分別のつけにくい子供達に聴かせる場合、大人達のきちんとした管理が必要となる。その為、これらのCDには「ペアレンタル・アドバイザリー」の烙印が必須であり、アメリカを代表とする英語圏や先進諸国の国々では、未成年への販売を拒否する店舗も多い。

脚注[編集]

外部リンク[編集]