AAA (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

AAAトリプレアAsistencia Asesoría y Administración)は、メキシコプロレス団体

概要[編集]

1992年EMLL(現:CMLL)のブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャが独立して、メキシコシティを本拠地に設立した。CMLLから引き連れたルチャドール達に加えレイ・ミステリオシコシスといった新世代のレスラー達が活躍、アメリカン・プロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進め、ライバル団体のLLIを壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米やアメリカへの人気を獲得していく。

WWEレッスルマニアに相当するトリプレマニアという興行が、年間を通して最大の興行とされる。ストーリーには団体代表のペーニャ自身も深く関わっている(ビンス・マクマホンと違ってあくまでもリンピオ扱い)。なお、ヘキサゴンと呼ばれる六角形のリングを初めて考案しており、提携しているアメリカのTNAにも輸出された、選手も多くが参戦している。

2014年9月より北米進出としてルチャ・アンダーグラウンドなるブランドを創設。AAAに所属しているレスラーのみにならず、元WWE所属のレスラーや飛び技を得意とするインディー団体で活動しているレスラーを出場させて人気を獲得しようとした動きを見せている。またカナダのIWS(International Wrestling Syndicate)と業務提携を結んでいる。

タイトル[編集]

レイ・デ・レイエス
レイナ・デ・レイナス
トリプレマニア
アラス・デ・オロ
コパ・アントニオ・ペーニャ
ルチャ・リブレ・プレミア

所属選手[編集]

男性レスラー[編集]

女性レスラー[編集]

ミニ[編集]

過去の日本人所属選手[編集]

AAA殿堂[編集]

日本との関係[編集]

2000年、年間最大イベント「トリプレマニア8」を後楽園ホールで開催して横浜名古屋神戸大阪のJAPANツアーを開催。その後、2003年2004年には単独来日興行を開催。

2007年9月3日プロレスリング・ノアとの共催で「トリプレセム」をディファ有明で開催。

2008年5月25日、「レイナ・デ・レイナス」にOZアカデミー女子プロレスの選手が参戦。

2010年3月19日メキシコでノアの森嶋猛&石森太二組がAAA世界タッグ王座を獲得。

2011年10月23日全日本プロレス両国国技館大会でダーク・オズ&ダーク・クエルボ組が世界タッグ王座を獲得。

2012年11月27日プロレスリングWAVEとのコラボレーション興行を後楽園ホールで開催して10回目となる「レイナ・デ・レイナス」も興行内に盛り込まれた。

2015年5月24日メキシコシティのパラシオ・デ・ロス・デポルテスで開催した第1回「ルチャリブレ・ワールドカップ」に日本から石森(ノア)&小峠篤司(ノア)&高山善廣高山堂)組とKENSO(全日本)&3代目タイガーマスク(フリー)&政宗(フリー)組が出場。

2016年5月24日、第2回「ルチャリブレ・ワールドカップ」に丸藤正道(ノア)&マイバッハ谷口(ノア)&石森(ノア)組と王道)&田中将斗プロレスリングZERO1)&日高郁人(ZERO1)組が出場。新設された女子の部にもアジャ・コング(OZアカデミー)&宮崎有妃(フリー)&夏すみれ(WAVE)組が出場。10月26日には後楽園ホールで「Star Battle Japan 2016」を単独来日興行を開催予定。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]