アベルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルイス第二姓(母方の)はコルテスです。
アベルノ
AvernoUnmasked.jpg
プロフィール
リングネーム アベルノ
レンコール・ラティーノ
本名 レナト・ルイス・コルテス
ニックネーム 地獄仮面
身長 174cm
体重 79kg
誕生日 (1977-03-09) 1977年3月9日(42歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
所属 AAA
トレーナー ルドルフォ・ルイス
シャディト・クルズ
フェリペ・ハム・リー
デビュー 1995年10月18日
テンプレートを表示

アベルノAverno)のリングネームで知られるレナト・ルイスRenato Ruíz Cortes1977年3月9日 - )は、メキシコプロレスラーメキシコシティ出身。

父はルドルフォ・ルイス

来歴[編集]

1995年10月18日、メキシコのメジャー団体であるCMLLにてレンコール・ラティーノRencor Latino)のリングネームでプロレスラーデビューを果たす。キャリア開始から21世紀に突入するまでの6年間、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテドクトル・オボルマン・ジュニアといったレスラーと組んで前座での出場が中心であった。

2001年6月、リングネームをアベルノAverno)へと変更してルードに転身。同年よりロス・インフェルナレスなるユニットをエル・サタニコ & メフィストと結成。エル・サタニコとのタッグでCMLL世界タッグ王座を保持するロス・ゲレロス・デル・インフェルノウルティモ・ゲレーロ & レイ・ブカネロ)と抗争を繰り広げた。

2002年6月23日、メキシカンナショナルトリオ王座を保持するサファリ & オリンピコ & ミステル・ニエブラに勝利してベルトを奪取。

2003年、7月より行われたCMLL世界トリオ王座挑戦権争奪トーナメントに出場して優勝し、権利を得る。8月1日、王座を保持するドクトル・ワグナー・ジュニア & ウニベルソ・ドスミル & ブラック・タイガーに挑戦するも敗戦した。

2004年9月3日、空位となっていたNWA世界ミドル級王座を巡りズンビードと対戦して勝利し、王座を獲得。以降、ベルトを巡ってミスティコと抗争を繰り広げる。

2005年4月、メフィストと組んでCMLL世界タッグ王座を保持するアトランティス & ブルー・パンテルから勝利してベルトを奪取。

9月16日、年間最大のイベントであるAniversarioにてロス・ゲレロス・デル・インフェルノ(ウルティモ・ゲレーロ & レイ・ブカネロ)と組んでOKUMURA新日本プロレスから参戦した中邑真輔 & 棚橋弘至と6人制タッグマッチを行い勝利。

2006年12月、オンブレ・シン・ノンブレからギミックを変更したエフェストを仲間に迎え、ラ・トリアダ・デル・テラーなるトリオユニットを結成。

11月30日、NWA世界ミドル級王座を保持するミスティコと対戦して勝利し、ベルトを奪取。

2008年7月13日、TNAのPPVであるVictory Road 2008に出場。ワールドXカップトーナメントにウルティモ・ゲレーロ、レイ・ブカネロ、ボラドール・ジュニアとチームメキシコを結成してエントリーし、優勝を飾る。

10月、ユニット名をラ・トリアダ・デル・テラーからロス・イホス・デル・アベルノへと変更。12月7日にはCMLL世界タッグ王座を保持するミスティコ & エクトール・ガルサに勝利してベルトを奪取。

2009年1月4日、新日本プロレスのPPVであるレッスルキングダムIIIに参戦し、初来日を果たす。邪道 & 外道と組んでミスティコ & プリンス・デヴィット & 田口隆祐と対戦するがミスティコからラ・ミスティカを決められ敗戦した。

3月よりCMLL世界トリオ王座を保持するエル・イホ・デル・ファンタズマ & エクトール・ガルサ & ラ・マスカラとベルトを巡り抗争を展開。

2010年1月4日、レッスルキングダムIVにて再び来日。ウルティモ・ゲレーロと組んでApollo 55田口隆祐 & プリンス・デヴィット)が保持するIWGPジュニアタッグ王座に挑戦するも敗戦した。

2011年1月22日、新日本プロレス & CMLL共催のイベントであるFantastica Mania 2011に参戦。中邑 & 内藤哲也と組んで棚橋 & ミスティコ & デヴィットと対戦して勝利。23日にはミスティコと対戦するが敗戦した。

3月、CMLL世界トリオ王座を保持するラ・ジェネレーション・ドラダ(ラ・マスカラ & ラ・ソンブラ & マスカラ・ドラダ)と抗争を展開。

6月17日、ラ・マスカラとマスカラ・コントラ・マスカラを行い敗戦し、マスクを取られる。以降、素顔で試合に出場。

2012年9月、新日本プロレスの40th anniversary Tourに参戦し、ロウ・キーとのタッグやヒールユニットであるCHAOSと共闘した。

2013年4月26日、Aniversarioにてメキシカンナショナルウェルター級王座を保持するミスティコと対戦して勝利し、ベルトを奪取。

2014年4月27日、CMLLから退団[1]。5月にCMLLのライバル団体であるAAAに移籍。5月17日、AAAのテレビ番組であるAAA Sin Limiteのメインイベントにてチェスマンペンタゴン・ジュニアと組んでフェニックス & シベルネティコ & サイコ・クラウンと6人制タッグマッチを行い、AAAでのデビュー戦を勝利で飾った[2]。以降、ルードユニットであるラ・ヌエヴァ・ソシエダードに加入。

6月7日、PPVであるVerano de Escándaloにてチェスマンペロ・アグアヨ・ジュニアと組んでシベルネティコ & ラ・パルカ、そしてCMLL時代のライバルであるミスティコことミステシスと6人制タッグマッチを行うが、ミステシスがチェスマンにラ・ミスティカを決めて敗戦。

10月、シベルネティコ & チェスマンとロス・ヘルブラザーズなるユニットを結成。AAA世界トリオ王座を保持するサイコ・サーカスとベルトを巡り抗争を展開。

得意技[編集]

ダブルアームフェイスバスター
シットアウト・パンプハンドル・スラム
後方足4の字固め

獲得タイトル[編集]

CMLL
TNA
  • ワールドXカップトーナメント : 2008年度優勝
w / ボラドール・ジュニア & ウルティモ・ゲレーロ & レイ・ブカネロ

脚注[編集]

  1. ^ Averno, fuera del CMLL MedioTiempo、2014年4月28日閲覧。
  2. ^ Averno, nuevo integrante de La Sociedad. Vuelve a aparecer un misterioso luchador The Gladiatores、2014年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]