奥村茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奥村 茂雄
Shigeo Okumura.jpg
プロフィール
リングネーム OKUMURA
奥村 茂雄
本名 奥村 茂雄
ニックネーム 戦慄の逆輸入ルード
身長 182cm
体重 90kg
誕生日 (1972-05-25) 1972年5月25日(45歳)
出身地 大阪府池田市
所属 CMLL
トレーナー 栗栖正伸
ザ・グレート・カブキ
エル・サタニコ
デビュー 1994年12月31日
テンプレートを表示

奥村 茂雄(おくむら しげお、1972年5月25日 - )は、日本プロレスラーリングネームOKUMURA(オクムラ)。

現在はメキシコのメジャー団体CMLLで活動している。

経歴[編集]

栗栖ジムで修行に励み、IWA格闘志塾に入団。

1994年12月31日、神奈川県横浜市無国籍屋台15番地ヨンドンにて菊澤光信(現:菊タロー)を相手にデビュー。

1995年に石川敬士率いる東京プロレスに移籍し石川の付け人を務める。エース・石川のパートナーとして活躍していたが、1996年、折原昌夫、田村忍と共に東プロマットの改革を訴え、ヤングデストロイヤーズを結成する。同年、奥村自身もメインに出場した両国国技館大会をもって東京プロレスは崩壊。その後、東プロは新体制FFFに移行するが、奥村は土壇場で参加せず石川と合流。川畑輝鎮らも含めた東京プロレス軍団を名乗り、東プロ軍団総出で石川の古巣WAR事務所に乗り込み参戦の意思表示をする。1997年に入り、東京プロレス軍団は石川一家と名前を変え、石川一家は複数の団体へ対抗戦を仕掛ける。WAR、IWA・JAPAN大日本プロレスとの対抗戦を継続しながら石川一家としての自主興行も開催。そして石川が新日本プロレス木村健悟との合体を果たしたのを機に奥村も新日本プロレスへ参戦した。その後、カナダ・カルガリーに遠征。現地で奪取したベルトを手土産に石川が興した新東京プロレスバッドニュース・アレンジェリー・モローらと共にヒールサイドとして参戦。1998年1月、石川孝志が引退を賭けたシングルマッチを制し、念願の石川越えを果たした。この試合をもって石川は引退。師・石川から形見としてガウンを贈呈された。その後、新東京プロレスは活動停止になり、フリーとして各団体に参戦。

全日本プロレス[編集]

1998年2月に全日本プロレス初参戦を果たした。その後もスポット参戦を続け、同団体初の単独開催の東京ドーム大会にも出場した。

同時進行でインディマットではインディ世代闘争をアピールし、IWAの山田圭介松田慶三らと共にザ・グレート・カブキターザン後藤剛竜馬らとの抗争を展開。

1999年に入り本格的にWARマットに参戦する。荒谷信孝(現:荒谷望誉)との本格合体を果たした。荒谷の地元神奈川県茅ヶ崎市で合同合宿を張り打倒天龍源一郎を掲げる。同年、荒谷と共にカナダにも遠征し、エドモントンでCAWFカンナムタッグ選手権を奪取した。

2000年に入り、全日本分裂騒動の中、10月に全日本プロレスへ正式入団。

秋山準になったり、ターメリック・ストームと抗争するなど中堅として活躍していたが、2004年3月をもって全日本プロレスを退団。

CMLL[編集]

2004年5月からメキシコに渡りCMLLにルードとして参戦。

アレナコリセオ大会のセミファイナルでデビュー。アレナメヒコではメインイベントでデビュー。メキシコ入り後はドクトル・ワグナー・ジュニア、ブラック・タイガー(現:シルバー・キング)らと組む。同年12月5日、アレナコリセオ大会での金網髪切り戦でネグロ・カサスに敗れ丸坊主になる。

2005年2月、日本武道館で行われたジャイアント馬場7回忌追善興行に出場するため再び全日本プロレスに参戦。と組んで荒谷望誉、石狩太一と対戦。7分49秒、嵐が石狩をパワーボムで下し勝利した。

その後、新日本プロレスからメキシコ入りした田口隆祐とのタッグ、ツナミ・デ・オリエンテとして活躍。同年9月、新日本プロレスの棚橋弘至中邑真輔とのトリオでCMLLの年間最大のビッグイベントであるアニベルサリオ大会に出場を果たした。

その後、闘龍門大原はじめ、新日本プロレスからメキシコに遠征していた後藤洋央紀も加えたトリオでお揃いの袴スタイルのコスチュームで活躍。

2008年6月、アレナメヒコでの試合中に右鎖骨骨折の大怪我を負い欠場するも11月に復帰。

2009年に入り、新日本プロレスにミスティコらと共に参戦。同時にCMLLマットでは新日本プロレスの裕次郎内藤哲也と共に日本人チーム、ラ・オーラ・アマリジャ(La Ola Amarilla)を結成、ラ・オーラ・アマリジャのリーダー格として活躍する。同年9月、獣神サンダー・ライガーも含めた4人でCMLL76周年アニベルサリオ大会のセミファイナルで勝利を収めた。アニベルサリオ大会後、CMLLが毎年開催する勝利者がエストレージャに昇格するトルネオ・ラ・グラン・アルテルナティーバ2009にて勝利を収めエストレージャ入りを果たした。その後11月15日のアレナメヒコ大会においてマキシモとのカベジェラ戦を制し、念願のカベジェラ戦初勝利を収めた。

2010年2月、かつての全日本プロレス時代の後輩にあたる新日本プロレスのタイチがメキシコ遠征に出発。CMLLマットでタッグ結成を果たした。そして5月にはタイチ、同じく新日本の棚橋も加えたトリオで日本人初のCMLL世界6人タッグ王座を奪取した。9月、アレナメヒコにてメキシコ独立200周年を記念して行われたラ・コパ・ビセンテナリオ(200周年記念トーナメント)に獣神サンダー・ライガーと組んで出場するも、ミステル・ニエブラ&ボラドール・ジュニア組に敗れた。

2011年1月、2日間に渡り後楽園ホールで行われた新日本プロレス&CMLLのコラボ大会にCMLLの9選手&リングアナウンサーが来日。自身もその中の1選手として参戦。初日の大会ではアトランティスと組んでジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンのバッド・インテンションズが持つIWGPタッグ選手権に挑戦し、敗れはしたものの白熱の好勝負を展開した。翌2日目は高橋裕二郎&内藤哲也のNO LIMITと久々にチームを結成し、ラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ&ラ・マスカラの持つCMLL世界6人タッグ王座に挑戦した。7月12日、ハリスコ州グアダラハラ大会でガジョを破り、日本人初のCMLLオクシデンテ・ライトヘビー級王座を奪取。9月18日に前王者ガジョの挑戦を退け初防衛に成功した。

2012年1月、新日本プロレスが開催したNJPW Presents CMLL FANTASTICAMANIA2012で1年振りに日本マット凱旋を果たした。2月、新たなパートナーとして謎のマスクマン、ナマハゲ(Namajague)がCMLLマットに登場し、ラ・フィエブレ・アマリージャ(La Fiebre Amarilla)を結成した。5月1日、CMLLのアレナコリセオ・デ・グアダラハラ大会にてバリエンテを相手にCMLLオクシデンテ・ライトヘビ―級王座の防衛戦を行い2度目の防衛を果たす。しかし同年7月10日、サグラドに敗れオクシデンテ王座3度目の防衛に失敗し、ほぼ1年守り続けたベルトを失った。9月7日、アレナメヒコで行われたメキシコ対日本の4対4イリミネーションマッチに棚橋、タイチ、ナマハゲと組んで出場し、日本軍が勝利した。その2日後の9月9日、アレナメヒコにてナマハゲとのタッグでCMLLアレナコリセオ・タッグ王座に挑戦するが敗れた。9月14日、アレナメヒコで行われたCMLL79周年アニベルサリオ大会にタイチ、ナマハゲとのトリオで出場を果たした。

2013年1月、新日本プロレスのNJPW Presents CMLL FANTASTICAMANIA2013に参戦し、安定した実力を発揮した。3月3日、アレナコリセオで行われたCMLLアレナコリセオタッグ選手権にナマハゲと組んで再挑戦し、ストゥーカ・ジュニア&フエゴ組を破り、新王者組となった。3月15日、アレナメヒコで開催されたCMLL創立80周年最初のビッグマッチ、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのメインイベントで行われたマスカラ&カベジェラ対マスカラ&カベジェラ戦にナマハゲと組んで出場するが、対戦相手のストゥーカ・ジュニア&レイ・コメタ組に敗れ、Okumuraは7年ぶりに丸坊主になった(ナマハゲはマスクを取られた)。6月30日、アレナメヒコにてCMLLアレナコリセオタッグ選手権の初防衛戦が行われ、ゲレーロ・マヤ・ジュニア&デルタを破り初防衛に成功した。8月30日、アレナメヒコで行われたチャンピオンのみが参加するトーナメント、カンペオナート・ウニベルサル2013のBブロックに出場し、棚橋との日本人対決が組まれるがダルマ式ジャーマンで敗れた。9月13日、アレナメヒコで行われたCMLL創立80周年記念アニベルサリオ大会に石井智宏、ナマハゲとのトリオで出場を果たした。11月3日、アレナコリセオにてCMLLアレナコリセオタッグ選手権が行われ、ゲレーロ・マヤ・ジュニア&デルタの再挑戦を受けるが敗れ2度目の防衛に失敗。Okumuraとナマハゲはベルトを明け渡した。

2014年1月、NJPW Presents CMLL FANTASTICAMANIA2014に参戦した。1月31日に行われたアレナメヒコ金曜定期戦にてOkumuraの新パートナーとしてカマイタチが初登場した。6月、CMLLデビューから10周年を向えた。CMLLの長い歴史の中で10年間所属選手として活躍した唯一の日本人選手として現地で取り上げられた。7月13日、アレナメヒコにてカマイタチと組んでゲレーロ・マヤ・ジュニア&デルタの持つCMLLアレナコリセオタッグ選手権に挑戦するが敗れベルト奪還に失敗した。

2015年1月、新日本プロレスのCMLLファンタスティカマニア2015に参戦し、1月13日地元大阪で行われた開幕戦にてデビュー20周年&CMLL10周年アニバーサリーマッチが行われ、アンヘル・デ・オロとのマッチ・レランパゴ10分1本勝負を行い時間切れ引き分けとなった。1月17日の新木場大会にてアンヘル・デ・オロが保持するCMLL世界ライトヘビー級王座に挑戦するが惜敗した。6月、日本テレビのネプ&イモトの世界番付でメキシコで活躍する日本人プロレスラーとしてカマイタチとともに照英の取材を受ける。照英はカマイタチのマスクをかぶって試合を観戦した。

2016年1月、新日本プロレスのCMLLファンタスティカマニア2016に参戦し、1月23日に行われた後楽園ホール大会にてボビー・スイーとのタッグでゲレーロ・マヤ・ジュニア&テ・パンテルの持つアレナコリセオ・タッグ王座に挑戦するが、ボビー・スイーがゲレーロ・マヤ・ジュニアに敗れ、王座奪取はならなかった。3月18日、アレナメヒコで行われたビッグマッチ、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでメヒコ対ハポンの8人タッグマッチが行われ、この試合にOkumuraも出場した。試合はメヒコ組が勝利した。7月1日、アレナメヒコでビッグマッチ´´グランプリ2016メキシコ対多国籍軍´´が行われ、Okumuraも出場を果たした。10月29日、ROHのボルチモア大会で行われたROH世界6人タッグ王者決定トーナメントにウルティモ・ゲレーロ&エチセロとのトリオ、Team CMLLで出場し、Team CMLLは1回戦でザ・アディクション&カマイタチ組を破るも、準決勝でザ・キングダム組に敗れた。

2017年1月、新日本プロレスのCMLLファンタスティカマニア2017に参戦し、1月21日の後楽園ホール大会ではストゥーカ・ジュニアとシングルマッチを行った。1月、テレビ東京の未来世紀ジパング番外編「メキシコで人気沸騰の日本人」として取り上げられた。2月、頚椎負傷で出場予定だった2月24日のアレナメヒコ大会を欠場した。4月、頚椎負傷により欠場を続けていたが、日本で頚椎脱臼骨折の手術を行った。5月、手術が成功し再びメキシコへ。11月24日のアレナメヒコ大会で9ヶ月振りに電撃復帰を果たした。12月、CMLLの記者会見でアメリカ人レスラ-のサム・アドニス、ニュージ-ランド人レスラ-のジョニ-・アイドルとの外人トリオ結成を発表した。

得意技[編集]

腕極め式DDT
エクスプロイダー
ムーンサルトプレス

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]