ミスティコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シン・カラ
Sin Cara in June 2011.jpg
プロフィール
リングネーム シン・カラ
シン・カラ・アズール
ミスティコ
ドクトル・カロンテ・ジュニア
アストロ・ボーイ
こまち
ハッスル仮面レンジャー
オレンジ
本名 ルイス・イグナシオ・ウリベ・アルヴィルデ
ニックネーム 神の子
身長 170cm
体重 75kg
誕生日 1982年12月22日(31歳)
出身地 メキシコの旗メキシコシティ
所属 WWE SmackDown!
トレーナー トニー・サラサール
ドクトル・カロンテ
フライ・トルメンタ
デビュー 1998年4月30日
テンプレートを表示

シン・カラSin Cara)は、アメリカプロレス団体WWEに所属するメキシコ出身の男性覆面レスラー。本名イグナシオ・アルヴィルデLuis Ignascio Urive Alvirde、1982年12月22日 - )。

CMLL在籍時はミスティコMistico)として活動。通称「神の子」。

ドクトル・カロンテの息子で、家族の多くがレスラーであり、兄弟にアストロ・ボーイ、アルゴス(元アストロ・ボーイ2号)、アルヘニス、ドクトル・カロンテ・ジュニア2号、ミニ・マーダー・クラウン、叔父にトニー・サラサール、いとこにアレクシス・サラサール(カメラマン)、マグヌス、ウリセス・ジュニアがいる。

来歴[編集]

マットと銀幕の両方で活躍した大悪役ドクトル・カロンテの次男として生まれ、レスリングの基礎を教わる。1998年のデビュー当初は実父の名を継いで「ドクトル・カロンテ・ジュニア」を名乗っていたが、2000年に亡兄のリングネーム「アストロ・ボーイ」を襲名。実弟のアストロ・ボーイ2とタッグを組んで活躍した。2003年からは日本にも招聘され、みちのくプロレスにてはやて&こまちの「こまち」(三代目、初代は現在のボラドール・ジュニア)として活動。

ミスティコ時代[編集]

2004年に「ミスティコ」として再デビューし、6年余活躍した。

ミスティコ以降の脚本上では孤児とされており、孤児院を運営する神父レスラーフライ・トルメンタに育てられたという設定(以下はその設定に準拠)。長じるに従って国民的英雄エル・サントに憧れるようになり、レスラー(ルチャドール)を志望。フライに師事を申し出、まず学業に努めるよう叱咤されるも、懇願の末に勉強と両立するという条件で稽古を開始。1998年、孤児院の運営資金を稼ぐための興行でマットデビュー。

軽快な空中殺法で観衆を魅了し、メキシコのルチャブーム再燃に一役買う[1]。各種王座を取得してからは国民的英雄となっており、ジュースや菓子の広告に頻繁に起用されるほか、北京オリンピックの現地レポーターを務めるなど、活躍の場を多方面に広げていた。

シン・カラ時代[編集]

  • 2011年2月、WWEとの契約を地元プロレス誌などが報じる。CMLL側は否定していたが[2]、2月23日に本人とWWE副社長が記者発表を行い、新たなリングネーム「シン・カラ」(意味は顔無し)としての契約が確認された[3]。彼の試合では特別に照明ライトが濃い黄色になり、客席を照らす照明が消える。
  • 2011年4月4日、WrestleMania27翌日のRAWに出現。シェイマスに追い打ちを受けるダニエル・ブライアンを助けるような形で登場し、トップロープから場外への華麗なダイブを決め、颯爽と去っていった。
  • 2011年4月8日のスマックダウンにも登場、ジャック・スワガーをリング外に落としてそこへコークスクリュー・ダイブを決める。そして、4月11日のRAWにて、RAW所属としてプリモにコーナートップからのC4を決めて、見事デビュー戦を勝利で飾った。
  • 2011年4月25日のドラフトにて、SmackDown!所属となる。4月29日のSmackDown!でジャック・スワガー相手にSDデビュー、マイケル・コールがスワガーに凶器を渡している隙をついて、ヴィクトリー・ロールを決めてカウントを奪う。
  • スーパースマックダウンにて、ダニエル・ブライアンに勝利した後突如ヒールターン。しかしこれは偽物であり、後に色違いのコスチュームを着たシン・カラ・ネグロ(2号の意)と名付けられる。それに対し本物はシン・カラ・アズール(青いコスチュームであることから、青の意)と呼ばれ、抗争を繰り広げた。
  • 2011年11月20日のPPV、サバイバー・シリーズ2011の生き残り戦に出場するも場外へのトペを行う際に膝蓋腱を断裂し、半年以上の欠場となった。2012年5月、久々に登場した時は赤と白を基調としたコスチュームを使用。多少戦い方やパフォーマンスに変化が見られる。
  • 年末ごろ、ザ・シールドに襲われ負傷欠場した。
  • 2013年1月、ロイヤルランブルにて復帰、しかしすぐにマーク・ヘンリーに襲われるなどして、再欠場。5月頃にMainEventにてIC王者ウェイド・バレットを破る。
  • 2014年1月、契約満了により退団。

得意技[編集]

2006年

ルチャドールらしい軽快な動きで重力を感じさせない空中殺法を得意とし、身体の小ささをカバーするため身体全体を使って攻撃を行うのが特徴。

  • ラ・ミスティカ
人工衛星ヘッドシザーズの要領で飛び付いた後、身体を旋回させて相手の左腕を空中で脇固めに捕らえながら足のロックを外し、さらに旋回してマットに叩きつけ脇固めに移行するフィニッシュ・ホールド。
和名:竜巻式脇固め、別名:パランカ・トルナード
  • 619
元祖であるMIKAMIのミッキー・ブーメランのように、場外で立っている相手に仕掛けることもある。
また、場外で立っている相手にこの技を仕掛けると見せ掛け首を挟み込み、コルバタの要領で投げ捨てる変形技も使用する。
  • コーナーからのハイキック
自身がコーナー際のエプロンに立っている際、片腕でサード・ロープを掴んだまま軽くジャンプして延髄斬りのように放つハイキック。コーナーからの攻撃を狙っている状態で、相手が近付いてきた際迎撃で使用することが多い。プリンス・デヴィット丸藤正道も同じような蹴りを放つ。
  • スワンダイブ式ミサイルキック
  • スワンダイブ式コルバタ
サブゥーのアラビアン・ヴィクトリーロードのように場外場外に立っている相手に向かって放つこともある。
コーナートップからやスワンダイブ式など多彩なバリエーションを見せる。
  • アラビアン・プレス
場外に立っている相手に向かって放つこともある。
  • トルニージョ
旋回式ボディアタック。回転数は仕掛けるその都度で変わる。
  • ロッキー・フェイスボトム
相手の膝を使用した逆立ち状態から首を挟み込んで跳ね上がり前方回転エビ固めに移行する技。和名:二回転式エビ固め
イホ・デル・サント式アームドラッグやコルバタ式ランセなど様々な形で使用。
  • C4
雪崩式で放つ後方回転式リバースDDT。メキシコでは「スパニッシュ・フライ」という名称で広く知られる(使い手の多い)技。コーナートップで相手と向かい合った状態で首をロックし、その体勢のまま自分が月面宙返りを行うことで相手が強烈に背中からたたきつけられる技。かつて、ポール・バーチルが使用していた技でオリジナル技ではなく、フランキー・カザリアンのフラックス・キャパシターが元祖。
  • ダイビング・ボディプレス
WWEではフィニッシャーにも使われる。シン・カラの場合かなり高いジャンプから繰り出す

タイトル履歴[編集]

WWA
  • WWA世界ミドル級王座 : 1回
CMLL
IWRG
  • IWRGインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座 : 1回
IWGP
みちのくプロレス
その他
  • FMLL世界ヘビー級王座
  • UWE トロフェオ ビセンテナリオ 2010優勝

入場曲[編集]

  • Ancient Spirit - WWE所属後から使用している入場曲。花道で助走をつけ、持ち前の跳躍力でリング下からノータッチでダイブしてリングインするパフォーマンスが特徴。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト 選手名鑑
  2. ^ CMLLがミスティコ移籍話を否定
  3. ^ スポーツナビ 格闘技|ニュース|“神の子”ミスティコがWWEと契約、新リングネームは「シン・カラ」