石川修司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 修司
石川 修司の画像
プロフィール
リングネーム 石川 修司
Koo
本名 石川 修司
ニックネーム 21世紀の世界の巨砲[1]
進撃の大巨人
身長 195cm
体重 130kg
誕生日 (1975-09-25) 1975年9月25日(42歳)
出身地 岩手県奥州市(旧:胆沢郡前沢町[1]
所属 フリー
スポーツ歴 柔道
野球[1]
デビュー 2003年6月15日
テンプレートを表示

石川 修司(いしかわ しゅうじ、1975年9月25日 - )は、日本プロレスラーDDTプロレスリングでデビュー後、ユニオンプロレス再旗揚げに伴って同団体へ移籍し、解散とともにフリーランス。ユニオンでの異種格闘技戦やデスマッチ、バチバチへの参戦で闘いの幅を広げ、インディー界屈指の巨体とパワーを武器にしたファイトスタイルを身上としている。

経歴[編集]

2002年
入団テストは準備不足が祟って不合格であったが、当時のDDT社長であった三和亮は社会人経験のある石川を信用して仮練習生のようなポジションで石川をDDTに置き、会計などの受付業務を1年ほど任せた[2]
2003年
石川は受付係をやっていたため練習は個人でしかできなかったが、若手のレベルアップということである時JWPの道場を借りて週2回の合同練習が始まる。先輩たちの怪我や退団が相次ぎ、レスラーの数が足りなくなったことで高木から「お前は馬場さんに似てるから馬場さんのマネをしろ」と言われて6月5日に渋谷Club ATOMで開催された橋本友彦とのダークマッチでプレデビュー[2]
6月15日、DDT横浜赤レンガ倉庫大会において対スーパー宇宙パワー戦でデビュー[1]。この時については「怖かったことしか覚えてません。自分には馬場さんのマネ以外何にもなかったので」と195cmの長身という武器を持ちながらも自分のプロレスがどんなものであるのかが見えずしばらくもがき続けた[2]
2004年
ネオ・レディース 篠社長率いるS-DDTに加担し、本隊と対立する。S-DDT崩壊後はポイズン澤田JULIEに改造されて蛇光教団に入信し、戦闘員蛇イアントとなる。
2005年
血清を飲んでポイズン澤田とともに真人間へと戻り、再旗揚げすることとなったユニオンプロレスに移籍。あとからデビューした柿本大地やマサ高梨にタイトル奪取において先を越されるなどした石川は、これをきっかけにより深くプロレスについて考える時間を多く持つようになった[2]
2006年
ポイズン澤田とともに空手軍や旧ユニオン軍と抗争を展開。バチバチへも参戦を始めたことで、着実に地力を上げる。ただ強いだけでなく、見ているファンに痛みが伝わるようなプロレスが自分の目指すプロレスとして形になっていった[2]
2007年
ポイズン澤田がユニオンを離脱。ユニオンの新エースとして、佐々木恭介を中心とするSTYLE-E軍や、ZERO1-MAX 佐々木義人と抗争を繰り広げる。またDDTにもハワイ軍(aWo)の一員で"ハワイの戦いの神"というギミックのマスクマンKooとして参戦。第24代KO-D無差別級王者となるなど、躍進の年となった。
12月31日、プロレスサミットに出場し、房総ボーイ雷斗とのタッグで高山善廣野橋真実組と対戦。
2008年
3月16日、DDTの新たなサブブランドであるハードヒット旗揚げ戦で飯伏幸太に勝利。
5月24日、ハードヒット第2戦、パンクラスMISSION所属となった佐藤光留のプロレスデビュー戦の相手を務めるが、敗戦を喫した。
6月18日、ユニオン新木場大会、東京愚連隊TAKEMURAとシングルマッチを行うが敗北。
8月9日、ユニオン新木場大会、木高イサミ小笠原和彦と組んで東京愚連隊と6人タッグで対戦。32文ドロップキックでTAKEMURAからフォールを奪い、リベンジを果たした。
11月16日、ユニオン北千住大会でKO-D無差別級選手権に挑むが、高木三四郎に敗北。
11月30日、DDT 後楽園ホール大会でKO-Dタッグ王座に挑戦(パートナーは高木三四郎)。HARASHIMAの蒼魔刀でフォールを奪われ、敗北。
12月31日、プロレスサミットでメインの6人タッグ戦に出場。
2009年
1月2日大日本プロレス 後楽園ホール大会で宮本裕向佐々木貴組を対戦相手に初の蛍光灯デスマッチに挑む(パートナーは伊東竜二)。タッグ戦ながらデスマッチ初挑戦で勝利を挙げた。
2月 - 5月、大日本最侠タッグリーグ戦にエントリー(パートナーは伊東竜二)。決勝戦まで駒を進めたが、伊東の負傷欠場により失格に終わる。
11月29日、DDT 後楽園ホール大会で飯伏幸太を下し、KO-D無差別級選手権を奪取。第30代王者となる。
12月16日、新木場大会にて木高イサミの挑戦を受け、初防衛を果たした。
12月27日、DDT 後楽園ホール大会にてHARASHIMAの挑戦を受け、2度目の防衛に成功。
2010年
1月24日、新木場大会にて佐々木義人の挑戦を退け、3度目の防衛に成功。
2月11日、DDT 後楽園ホール大会にて男色ディーノの挑戦を退け、4度目の防衛に成功。
2月28日、新木場大会にて関本大介の挑戦を受け敗退、防衛に失敗する。
6月13日大家健からKO-Dいつでもどこでも挑戦権の譲渡を受け、再び関本大介に挑戦するも敗退。自動的に両国大会のメインイベント出場がなくなる。
8月9日、大日本プロレス・名古屋大会、南野タケシと組んでの対伊東竜二・星野勘九郎戦(蛍光灯&凶器持ち込みデスマッチ)で勝利。試合後、関本に敗れDDT両国大会のメイン出場を逃した事に対する大日本への報復として、伊東竜二の持つBJW認定デスマッチヘビー級王座への挑戦を要求。
8月29日、大日本・後楽園大会、9日名古屋でのデスマッチヘビー挑戦要求に対し、アブドーラ小林から「大日本は1回指名しただけでやらせてくれる様な安い店じゃない」と糾弾。これに対し、次期挑戦者決定戦の開催を要求、受理される。
9月19日、大日本・後楽園大会デスマッチヘビー級次期挑戦者決定戦・蛍光灯261本デスマッチで、アブドーラ小林に勝利、伊東への次期挑戦権を獲得する。
10月17日、大日本・後楽園大会デスマッチヘビー級選手権試合・「デスマッチ3大アイテム 蛍光灯ガラスボード&画鋲4万9205個デスマッチ」で伊東竜二に挑戦するも敗退。
10月24日JWP北千住大会、倉垣翼とのシングル戦で勝利。
2011年
5月4日、DDT 後楽園ホール大会でディック東郷を下し、KO-D無差別級王座を奪取。第36代王者となる。
2012年
3月26日、大日本・後楽園大会で6人タッグでの蛍光灯デスマッチでデスマッチヘビー級王者・アブドーラ小林に勝利。試合後、小林から次期挑戦者に指名される。
5月4日、ユニオン後楽園大会で入江茂弘と組んで佐々木義人・を下し、BJW認定タッグ王座を奪取。
5月5日、大日本・横浜文化体育館大会デスマッチヘビー級選手権試合「自作凶器持ち込み蛍光灯306本デスマッチ」でアブドーラ小林に挑戦。激闘を展開するも敗退。
6月17日、ユニオン北沢タウンホール大会でアブドーラ小林&伊東竜二を退けBJWタッグ王座初防衛。
7月15日、札幌テイセンホール大会で岡林裕二&忍に敗れタッグ王座を失う。
2013年
1月2日、大日本・後楽園大会でのBJW認定デスマッチヘビー級王座戦でアブドーラ小林に勝利し第27代王者となる[1]。4度の防衛を果たしたが、11月4日に木高イサミとの王座戦で陥落。この後ストロングBJへ転向し現行の主要ベルト3冠を狙うことを表明。
2014年
5月31日、大日本後楽園大会で佐藤耕平と組んでヤンキー二丁拳銃(木高イサミ・宮本裕向)を下し、2度目のBJW認定タッグ王座を奪取。
7月26日、大日本後楽園大会で一騎当千strong climbの決勝戦に進出し関本大介を下して優勝。これにより当時BJW認定世界ストロングヘビー級王座だった石川晋也と「最強の石川対決」を決定させる。
8月13日、王座の前哨戦として行われた試合で、自身の投げ技により石川晋也が負傷しタイトルマッチが延期となり、そのまま石川晋也が引退したことから「最強の石川対決」は幻となった。
12月21日、第5代BJW認定ストロングヘビー級王座決定戦が行われることになり、河上隆一を破って第5代王座を獲得。大日本で初となる主要ベルト3冠の獲得を達成した。
2015年
1月3日全日本プロレスに参戦。大森隆男など、自身と近い大きさのヘビー級レスラーとぶつかりあった。
10月のユニオンプロレス解散を機にフリーランスに。主にDDTや大日本に参戦。全日本プロレスにも参戦。
2016年
3月21日、DDT両国大会で佐々木大輔と組んで竹下幸之介遠藤哲哉組を下し、自身初となるKO-Dタッグ王座を奪取。のちに佐々木率いるユニット「ダムネーション」に加入。
4月10日、大日本札幌大会で一騎当千strong climbの決勝戦に進出し、神谷英慶を下して優勝。strong climbを連覇。
5月30日、大日本後楽園大会で佐藤耕平と組んで浜亮太・神谷英慶組を下し、3度目のBJW認定タッグ王座を奪取。
6月26日、DDT後楽園大会でKING OF DDTトーナメントの決勝戦に進出し、遠藤哲哉を下して優勝。初出場で初優勝を果たした。
8月28日、DDT両国大会で竹下幸之介を下し、KO-D無差別級王座を奪取、第59代王者となる。
2017年
4月30日、初出場のチャンピオン・カーニバル優勝決定戦(全日本・博多スターレーン大会)でジョー・ドーリングを下し初優勝。
5月21日全日本プロレス、超力!2017スーパーパワーシリーズ最終戦において三冠ヘビー級選手権試合が行われ、チャンピオン・カーニバルに優勝して挑戦権を得た石川が、王者・宮原健斗に勝利し第56代王者となる。

エピソード[編集]

  • カラテバラモンと関わることが多く、シングルマッチをやったり東洋の魔女デラックスに入信している。
  • 佐々木貴DDTを退団すると石川に打ち明けた際、「辞めないで下さいよ!」と号泣しながら引き止めた。
  • ダムネーション加入後に正当なマイクアピールを行うとリーダーである佐々木から蹴られることが非常に多い。
  • 好きな飲み物はカルピス
  • 2008年12月7日に一関市総合体育館で行われた興業で初めて両親に自分がレスラーになったことを伝えた。それ以前まで両親は自身を普通の会社員だと思っていた[2]
  • 飯伏の存在は石川にとって高い壁のようにあったため、石川は「自分は飯伏に比べたら劣等生。飯伏がすごいからこそ、自分も頑張れたし、後楽園(2009年11月29日)でベルトを懸けて飯伏と戦えたことがうれしかった。素質とか華とかかなわない部分はたくさんあるんですけど、それでも負けたくない。飯伏からベルトを取ったということは、自分のなかでものすごく価値があった」と話したことがある[2]
  • 立場的には全日本プロレスの外敵であったが、参戦選手として全日本らしさを出していることから全日本ファンからも高い支持を得ていた[3]

得意技[編集]

スプラッシュマウンテン
主なフィニッシャー。ビッグマッチでは飯伏の考案したクロスアーム式も繰り出す。また一騎当千で全勝優勝した際には最後まで抱え上げずにすぐさま落とす垂直落下式も見せた。
ジャイアントスラム
リストクラッチオリンピックスラム。ここ一番で使われる最上級のフィニッシュホールド。
ファイアーサンダー
相手の頭を前にしたうつぶせ状態にして肩に担ぎあげたあと、胴体を抱え込みそのまま脳天から落とす変形のパイルドライバー。フィニッシュホールドにもなる。
エルボー(左利き)
ヘッドバット
放つと会場中に鈍い音が響き渡り、一撃で試合の流れが変わるほどの威力をもつ。相手の両腕を抱えて極めてから連発する「カンヌキ式」、背後から相手の片腕を逆側に取って突き飛ばし、戻ってきた相手に放つ「レインメーカー式」も使用する。
ニーリフト
試合を通して高頻度で使用。走り込んでから放つランニング・ニーリフトはフィニッシュホールドにもなる。
オレが修司
オレが田上と同型。
ランニングネックブリーカードロップ
チョークスラム
かんぬきスープレックス
雁之助クラッチ
ジャイアントスプラッシュ
32文人間ロケット
ブレーンクロー
地獄固め
相手を監獄固めで捕獲し、更に腕をカンヌキに極めて頭突きを連打する。過去にこの技でを失神KOしたこともある。
ボスしけてるぜ
チョークスラムの形から後方に投げ捨てる。

タイトル歴[編集]

入場曲[編集]

  • バッテリー(「large and」 MIX) - MetallicaBattery』のオリジナルリミックス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「2014プロレスラー カラー写真名鑑」p.10、週刊プロレスNo.1714、2013年12月5日増刊、ベースボール・マガジン社
  2. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『レスラーヒューマンストーリーII プロレスラー男の履歴書』p64-71
  3. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.48-49.

外部リンク[編集]